女性は25歳で転職するのがベストですよ 「第二新卒」の枠も使えるし年齢的にも会社受けがいい

 

張り切る女性

25歳くらいって女性が転職を考え始める時期ですよね。新卒で入った会社で3年目。

このくらいの時期になってくると、今いる会社で

「この仕事が自分に合っているかどうか」

「この仕事って一生できるもんじゃないよねえ」

「いやこの賃金ありえない安すぎる」

「もっとスキルアップしないといけないけど、この会社じゃあ無理だな」

「こんなにブラックな会社ではもう続けていけない」

「この会社って10年後には経営やばいよなマジで」

といった会社とあなたの関係の具体像もわかってきますからね。そんな25歳という時期になれば「転職したい」と思うのも普通です。

この会社でいいか、それとも転職したいかどうかを考えて「転職したい」という意識が高いならば、すぐにでも転職すべきです。

なぜなら、女性で25歳というとかなり「転職するにはベストな年齢だよ」ということだからです。

このあたりの年齢な企業受けもかなりいいですし、しかも「第二新卒」の枠もまだ使えるというまさに女性にとって「転職での黄金の年齢」というわけなんですよね。

25歳は年齢的に転職はベストの年齢 企業受けが最もいい時期ですね

可愛い就活女子

25歳くらいだと、仕事をして3年目くらいで社会人の常識はすっかりついていますしね。

企業としてもそのあたりの教育もしなくていいので、使い勝手がいいわけです。

しかも女性は30歳くらいにになると結婚して辞めてしまう人とかいますし、そういう風になられても会社としては採用したけどすぐ辞めちゃった・・・ってなると丸損になってしまいます。

だから25歳くらいの女性ならそういふうに採用してすぐに辞めてしまうことも無いでしょうしね。

会社も「あんまり30歳くらいの女性は採用したくねえな、どうせすぐ辞めちゃうしな」とか思っています。

ということで女性の25歳という年齢は「転職の黄金の時期」なんですよ。美味しいですよ。普通に転職活動すればたいてい内定は取れます。

もちろんテキトーに転職活動すればダメですけど、きちんと活動すればたいてい内定はいけますからね。この25歳という年齢を生かすも殺すもあなた次第です。

しかも25歳はまだ「第二新卒」の枠が使えるからこれほどおいしい時期は無いです

 

そう、それでもって25歳という年齢は「第二新卒」(学校を卒業している25~26歳くらいの人材)の枠も使えます。

かなりおいしい、これって本当に「転職黄金の年齢」ですよガチで。

第二新卒では、ネームバリューは少ないですけど、そのためにあまり人が集まらない優良な企業がてんこ盛りです。

転職したいと思っているあなたは、最初の就職で会社の選択を失敗しているわけですから、もう一度、会社の選択を「第二新卒」の枠を使って転職でリベンジできるわけです。

これってやっぱり美味しいですよね。ほとんどの会社で未経験OKです。

あと数年たてば第二新卒の枠は使えなくなくなってしまいますから、まさに「いつ転職するの?今でしょ?」の世界になってきます。それだけ有利な時期は人生でそうそうありません。

ただ転職をするっていっても最初の会社の選択ミスを改善する行動をしていかないとまた同じことを繰り返します

 

25歳の女性は転職に有利な時期ですが、最初の会社選択のミスと改善しないとやっぱり転職も上手くいきません。

「仕事が忙しすぎて辞めたい」「定時で帰れる会社をさがす」

「この会社の経営ってあぶないんじゃないの?」「これから成長していく会社を選ぶ」

「いや給料安すぎて生きていけないよ」「給料が仕事に見合った会社を探す」

「この会社では自分のキャリアを上げれないよ」「キャリアアップができる仕事内容の会社を選ぶ」

「いやこの会社の仕事はもう自分には合ってないな」「自分に合った仕事を選ぶ」

「こんなブラック企業じゃそのうち体を壊す」「まともな労働環境の会社を選ぶ」

という風に、最初の会社でミスった点を改善していきます。こういう風に最初の失敗を見直してくと、そのまま次の転職で選ぶ会社の条件が出来上がってきます。

その条件を自分で把握して、次の会社を選んでいくわけですね。

転職エージェントを使って職場選択の失敗を挽回するように行動しましょう

 

そういう改善条件が自分なりに把握出来たら、それをもとに転職活動していきましょう。

25歳の女性の転職では「第二新卒専門の転職エージェント」の利用は必須です。

なぜなら、転職のプロであるエージェントあなたと面談をして、希望の条件に合った求人を紹介してくれるからです。

自分なりの条件を面談でしっかりと伝えることがとても重要です。あんまり条件がたくさんあったら、徐々に削って自分なりに現実的な条件をエージェントと相談しながら、出していくことがポイントですね。

最初のこういう作業をしておけば、ブレることなく転職活動をしてくことができます。