キャリアプランを描けない時の対応方法 転職は自分のキャリアを高める理由

可愛い娘

20代くらいだと、とにかく仕事をするうえでキャリアの土台を作るのには大事な時期なんですね。

こんなこと言われなくても意識が高いあなたならわかっているでんしょうけど、20代ではとにかく「経験」をどのように積んでいくかで30代40代のキャリアが決まってしまうという大事な時期です。

そう30代40代は20代で得た経験をベースに、自分の立場や収入を上げていく時期なんですよね。そのためには、20代はいかに良質な「経験」を積んでいくことが重要かというのが分かります。20代では収入より「経験」が最優先ですよね。

そのいった仕事での良質なキャリア経験を積むためには、もちろん「仕事をするいい環境」が必要です。

キャリアプランとか言っても、20代の前半とかだと全くイメージできないことの方が普通です。特にブラック企業とかにいたら、キャリアプランもクソもないでしょ?そんな労働環境にいて自分の明るい未来があるとは全く持って想像すらできないですし、計画なんてできっこないですからね。

キャリアプランを作っていくためには、自分の労働環境が「まとも」であることがまず大前提です。そのために

「ブラック企業にいるならまともな会社に転職してからキャリアプランを考える」

ってのが大前提です。

あなたが、まともな会社にいるなら、フツーに自分の将来像って描いていけるはずなんですけどね。

とにかく20代のうちに経験しておいたほうがイイことがあります

20代という時期は転職がいくらでもできる時期でもあります。しかも未経験での転職ができるという、人生での唯一の時期であるといってもいいわけです。そう、20代での価値はそういう転職市場での価値の高さなんですね。

そう、何が言いたいのかというと「自分の仕事の環境をいくらでも変えられる」というわけです。

もちろん短期間でホイホイ会社を変えるのはキャリアに傷がつきますが、3~4年くらいごとの転職なら問題ありませんし、自分の今いる環境が自分のキャリア形成に不向きだと破断すれば環境を変えることができるのが20代なんですね。

そう、20代で経験しておくべきことは、仕事やプライベートでも自分の意志でガンガン行動をして、環境も自分で選択して変えていくということです。 これはなぜかというと「自分自身でキャリアを形成していく」ということを20代のうちから経験していくことなんですね。

結局、キャリアプランと言っても、あくまで「プラン」ですからうまくいかないことのほうが現実社会では多いです。

それを自分で修正していく力が30代40代でも必要になってきます。その自分の思い描いたキャリアプランを修正していく力を20代のうちから養っておかなと、よくある、一生同じ会社で言われたことをやって、定年まで過ごしてしますという、自分の意志をはかけ離れた仕事人生をおくることになります。

とまあ、なんかわかりにくくなったので平たく言うと

「20代のうちは簡単に転職できるんだから、自分のキャリアを作れるような環境のある会社にガンガン転職したほうがイイ」

ということですよ。

そもそもキャリアプランを描けないってのは、「不満のある会社」に居たら自分のキャリアプランなんて描けないもんなんですよね。そもそも労働環境がわるいってことをわかっていても、そこから動けない行動していないってことの表れなんですね。

キャリアプランを描けないなら、まず自分のいる労働環境を見直したほうがイイってことのサインです。

関連記事:会社選びは規模とかイメージじゃなくて「成長性」で選んでくださいね

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

まず、キャリアプランが描けない場合は自分の今いる環境を見つめなおすことから始めてみよう

そう、結局「自分のいる環境を変えていく」というのが自分のキャリアプランを作っていくうえでとても大事です。そうやって、自分の環境を軌道修正していかないと、結局ズルズルと惰性の人生を送っていくことになります。

最近では年功序列や終身雇用があるような会社も少なくなってきていますしね。それでもって新卒で入った会社ってのはたいがい自分の思い描いたキャリアを作っていくのとは違った会社になるケースも多いです。

そう新卒で入った会社ってだいたい、選択ミスするんですよね。最初に入った会社が

「この会社はすばらしい、私のキャリアを作っていくのには最高の会社だ」

っていうことはめったにありません。しかも、会社の状況も時代とともに変わっていきますしね。 20代のうちは自分のいる環境が自分のキャリア形成に最高の場所なのかを常に考えて、それが最高の場所でないならスグに転職してキャリア形成のための環境を最高のものにするという行動力が必要です。

20代のうちが一番転職しやすい時期にもかかわらず、会社にどっぷりつかって将来のキャリアについて考え無しで 仕事していると、あっという間に20代は終わってしまいます。

そうなると30代40代では環境を変える(転職しにくくなる)ということもあり、キャリアアップの環境を軌道修正仕様としてもなかなかできないからです。20代は常に自分の環境がキャリアアップに最も適して言うかどうかを考え、行動していくことが必要です。

これができているとできていないとでは、圧倒的に30代40代でのキリアアップできるかどうかに差が出てきます。

収入より経験とメインいおくのが20代のキャリアプランのキモです その経験が30代40代で一気に収入アップにつながりますよ

20代では自分のキャリア形成においてベストな環境を作っていくというのがいいということをお話ししました。 ただ、そもそもキャリアアップしてほしいのは「収入アップ」と「充実した仕事」というものです。

特に収入アップは仕事をするうえで外れないものですが、20代のうちから収入アップだけを見ていると破綻します。 そう、20代では収入アップよりも、「経験値」を上げていくことがとても大事です。

まあ、こういう情報はいろんなところで入るでしょうから、意識の高いあなたはわかっているでしょうけど、20代はあまり収入にはこだわらず、自分のできること、自分がやっていくことを最重視していくことです。

あまりに現実離れしたことじゃあだめですけどね、自分のできることとやりたいことがあまりに現実離れしていない限りは

「できること、やっていくこと」

を最重視して経験値をあげていくのがベストです。

夢を追ったり、資格試験の勉強をどっぷりできるのは20代くらいですからね。そういうことに時価のを費やすべきです。 20代なら、ある程度収入の面では融通が利きますし、転職も簡単なので、いざとなったらそれなりの修正ができます。

これが30代になると結婚して家庭を持ったり、未経験での転職も厳しくなることもあり、簡単にキャリア形成での軌道修正ができなくなりますしね。 20代のうちにどれだけ経験値をあげられるかにキャリア形成がどれだけうまくいくかの勝負がかかっています。

そうなんです。20代は最も人生で動きやすい時期なんですね。この貴重な時間を意識して、できるだけ自分の経験値を挙げることを意識してください。

あまり収入だけにとらわれていると、その後の30代40代で大きな後悔をすることになります。経験したこをと生かしていくことで、30代40代でのキャリアアップが花開くわけです。 とにかく、自分のやりたい仕事があったら20代のうちはその仕事に飛び込んでいくくらいのスタンスが必要になってくるんですよね。

自分の環境と経験を積むのに納得いかない環境ならば転職は必須です 環境と経験はガチで大事ですからね。

日本人はかなり、ずっと同じ会社でずっと勤めていって定年するというのが幸せ・・・ みたいに思っている人がまだまだいます。でもねえ、終身雇用とかは完全に終わっていますし、普通に某大手電機メーカーとかも海外資本に買収されたりしてますからね。

会社が長期間にわたって、ずっと経営状態が安定しているということはもはや幻想です。自分の会社がずっと安定していると思っている人がいますが、それはそれで怖いことです。本気じゃないでしょうね?と思いすよ。

そういう意味でも自分のキャリアプランを作っていくのは大事です。

20代ではとにかく自分のキャリアの方向性もまだわかっていないことが多いです。それならばといかく自分のいる環境を考えてみて、それが自分のキャリア形成と方向性が違うなら、ガンガン転職していって、環境を買いえていくのが

大事です。そうすることで、自分に必要なスキルや人脈、経験値を得ていくことができるでですね。 そして30代40代になってくると、自分のやりたいことも多少ですけど変わってきます。そういう時にしっかりとキャリアを生かして行動できるような経験をしていくのが20代という時期です。

20代はとにかく自分のやりたい仕事をやることで、経験値をガンガンアップしてくのがとても大事です。 転職では、無料で使うことができる転職エージェントの利用が必須です。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア (公式)

 

JAC Recruitment(公式)

 

ある程度、自分が納得している会社にいれば、その会社で出世するとか、今の会社でキャリアを得て転職したり、独立開業したりっていうキャリアプランを簡単に描けるわけですよ。

それができないってのは単純に今いる会社がショボイってだけです。平たく言うとブラック企業かもしくはそれに近い会社ってことなだけです。

だから、まずキャリアプランを描けないってのは、ただその労働環境がショボすぎるからなんですよね。

その環境を変えてからじゃないとまともなキャリアプランななんて描ける湧かないですからね。その優先順位を間違うとけっこう悲惨なことになりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!