20代の転職で失敗した後ブラック企業に入らないための失敗しないための秘訣

笑顔のリクルートスーツ女性

20代の転職はたいていの人が初めての転職になりますよね。

「キャリアアップしたい」「仕事の幅広げたい」という理由もあるし「今の会社がブラックだから転職したい」系のマイナスの理由もあるでしょう。

どちらにしても転職活動は新卒での就活をは全くやり方は違います。新卒の就活はほぼ「マニュアル通り」に勧めればたいてい内定はもらえますが、すでに社会人経験を積んだ状態での転職活動は面接官もそういう目であなたを判断します。

20代での転職は「新卒カードを使って入った会社を辞めて転職する」というある意味一番失敗したくない行動です。

しかも最初の転職でブラック企業にでもつかまってしまったら、転職する意味が全くなくなってしまいます。そのあたりに細心の注意を払っていないと悲惨なことになって試合ますからね。ああ怖いですブラック企業って。

欧米のように転職をガンガンしてステップアップしていくとう空気は日本ではまだ全くといっていいほど無いですからね。結局日本で転職するってネガティブな感じで思われていますけど、転職しないとずっと納得いかない人生を送っていくことにないります。だから転職は必要なんですよね。

そのため失敗しないためにもしっかりと準備をして転職に臨むようにしましょう。ここでは20代で初めての転職を失敗しないようにするためのポイントを見ていきましょう。絶対にブラック企業に捕まらずにうまく転職していくことが大事です。

関連記事:転職に失敗したらすぐに辞めて転職すべき理由

転職先がブラック企業だった、仕事が合わない・・これって転職失敗ですよね。どうしよう?と思いますよね。ほんと納得いかないですからね。ただ、失敗したと判断したらすぐに会社を退職して転職活動をするなりに行動をしていかないと時間だけがたってしまって、年齢も重ねて転職はドンドン不利になっていきます。すぐに辞めて転職するのがベターなんですよね

転職に失敗したらもう一度転職する・・・これは当然ですが、今度はブラック企業に捕まらないように失敗を糧にする

転職に失敗したならもう一度転職活動するしか選択肢はありません。

ただ、転職で失敗したならその「失敗した原因」があるはずなんですね。

①ブラック企業の典型的な求人を見抜けなかった・・・たとえば「アットホームな職場です」「先輩がやさしく指導します」「あなたのやりがいを求めています」的な解りやすいブラック企業ワードが書いてあるのに引っかかってしまった。

②会社を規模とかネームバリューで決めてしまった・・・たとえば、聞いたことがある名前の会社。規模の大きいいわゆる大企業だったので、仕事内容とかをあまり深くチェックしないで入ってしまった。大企業とか普通にブラック企業が多いですしね。

関連記事:転職先は「成長性」で選ぶべきです

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

③面接での違和感を見抜けなかった・・・・たとえば、ブラック企業とかって、面接がまったく簡単でもう内定前提の面接だったりします。奴隷が欲しいだけですからね。逆に、面接でなんかプライベートなことを聞いたり、面接官の人間性が「こいつおかしくないか?」っていう人が面接やってる場合もヤバいです。面接官は会社でも有能な人がやるはずなので、その面接官の人間性に疑問があるようだったら、高確率で会社もヤバいはずですからね。

関連記事:圧迫面接もブラック企業臭がプンプンしますよ

就活してると圧迫面接はありますよね。ただ、圧迫面接する会社はパワハラ上司が多かったり人間関係がブラックな会社っていうことが簡単にイメージできます。だからその会社はさっさと切り上げていいですよ。その場を面接中でも立ち去ってもいいです。時間がもったいないですしね。その時間を優良な求人をさがす時間にあててまともな会社に入りましょう

④そもそもブラックな業界を選んでしまっている・・・・例えば、金融、広告、飲食、介護なんかのもともとブラック企業が主流の業界を選んでしまうのは、ぶっちゃけ論外です。私だったら絶対に選びません。だって、どうせ限界になって退職することになるんですからね( ;´Д`)

というブラック企業を避けるのは転職では大前提ですね。

あとは一般的な面接での対応などを見ていきましょう。

同業種と異業種によって自分アピールの仕方が違うので、それぞれ対応していこう

転職の希望をする場合、まず最初に決めるのが「どんな業種に転職したいか」です。今と同じ業種を狙うのかそれとも異業種を狙うのかで大きく転職のやり方が変わってきます。

同業種を狙うなら、今までの経験を生かすことができて転職も有利に進めることができます。なので自分をアピールするのも割と簡単です。自分が今までやってきたことを素直にアピールすればいいので、自己分析をするよりは、より待遇のいい求人を探す野に時間を使うことができます。まあ一言で言うと同業種のへの転職は簡単です。それほど迷う必要はないんですよね。

だから同業種への転職は強気にいけばいいです。躊躇する必要は全くありません。
同じ業種の転職か一番いいですね。できればこれをおススメします。そうやって転職でステップアップしてより良い待遇を得ていくのが最短の給料アップ道ですからね。

逆に異業種を狙うなら、今までの自分の仕事が生かせるのかどうか、これから学んでいかなければいけない部分をしっかり把握して足りない部分を「これから努力して吸収していきます」というのを面接でアピールできるかがカギになってきます。

そうはいってもやみくもにアピールしてもしょうがないので、とにかく受けようとしている異業種の業界の内容と会社内容は徹底的に草の根一本生えないくらいに調べていくのが大事です。

異業種への転職はそれこど「どれだけ面接前に前もって調べたか」がカギになってきます。

そのためには、その業種に関して徹底的にしらべて今働いている会社でのスキルが行かせる部分とこれから補う部分をはっきり箇条書きにしておくべきです。それにより面接で自分が足りない部分をしっかり学んでいくということをアピールできるようになります。

異業種を受ける場合はまだ20代ならそれほど企業も抜群のスキルを求めているわけではないので、「これから努力する」系のアピールも十分通用します。

ただそのアピールすることがまとはずれだと「こいつほんとにこの業界わかってるのか?」という面接官の不信感につながるので、異業種への転職は自分に足りないスキルの部分を徹底的に洗い出して出しておきましょう。

そうはいっても、20代なら同業種だろうが異業種だろうが、普通に履歴書を作って面接対策をすれば内定は取れる年代です。私は以前面接官をやってましたが、20代くらいでの転職の面接でスキルを求める会社ってほとんどないですよ。

ありきたりな感じですけど、20代のうちは「若さからくる元気な受け答え」「明るい雰囲気」とこれが最も重視されますからね。

関連記事:面接対策の基本をマスターしよう

転職の面接で落ちまくるのは私も転職の時に経験しました。面接で受からない理由がわからなかったのですが、そこを自分なりに考えてみて、それについて対策していきました。理由と対策を私なりに転職経験から具体的に書いてみました。自分を客観的にみてみて対策をしていけば面接はクリアーできるので大丈夫ですよ。

空白の離職期間はなるべくつくらない 空白期間があってもとにかくポジティブな内容に変換していくの大事

指さす男

20代の転職で気を付けるのは、離職期間の空白をなるべくつくらないことです。といっても会社を辞めてから転職活動をするケースも多いので、できれば雇用保険をもらっている半年以内に転職活動にケリをつけたいところです。

20代くらいなら多少の離職の空白期間は「資格の勉強をしていた」「見分を広げるために海外に行っていた」といったベタな理由でもなんとかなります。

その理由を上げるときになるべく具体性を持たせるのがポイントです。「資格の勉強をしていた」といっても「社労士の試験の勉強をしていたが落ちた。これ以上引き延ばせないので、就職活動を始めた」とか「海外に行って就職しようとしたが、親の体調がわるくなったので、日本にもどってきて就職活動を始めた」っていうくらい具体的なほうが良いです。

これがある程度はったりでも細かく調べられることは無いので、堂々と理由を作っておいて発言したほうが良いです。

余談ですけど面接でははったりでも何でも「自信をもって言い切る」のが大事です。企業は一つではないので「ここを落ちても次行けばいいや」くらいのマインドで堂々と思い切り発言したほうが結果はついてきます。

だれでもそうですけど、自身のある人のほうがどんなことでも結果が良いです。それが根拠のない自信でも意外と結果がついてきたりするので不思議です。それだけ「マインドの強さ」は行動に直結します。

ということで、もし離職してからの空白期間は「なるべくつくらない」→「もしあるなら具体的な理由を考えておく」というようにしておきましょう。

現実的には空白期間が無い人なんてほとんどいないので、なるべくポジティブな理由付けをしておきます。これってはったりでも何でもいいんですよね。キレイごととか言ってられません。結局転職って、自分の希望の会社に入ったものが「勝つ」ゲームみたいなもんです。

関連記事:第二新卒の空白期間対策

第二新卒での転職でのマインドはそれほど難しく考えなくてもイイです。新卒の就活で失敗した部分を繰り返さないというくらいで充分です。空白期間の対策とブラック企業に捕まらないようにすれば第二新卒での就活はうまくいきます。うまく転職エージェントを利用して就活をするのがベターな選択になります。

今と違う業種に転職するなら徹底的にその業種を調べようそれがブラック企業に引っかかるのも防いでくれる

先ほども言いましたが、異業種に転職するケースでは職種が「経理から経理」といった場合でもその異業種の業界のことを徹底的に調べておく必要があります。

そうするいことで、異業種からの転職なのに「こいつこの業界について勉強してるな」的なアピールになるからです。面接官もそういうところを見ています。

特にその異業種へどうして転職したくなったのか?などという質問は鉄板で聞かれることが多いので、その業界を調べておけば答えに困ることはありません。

異業種に転職したい理由 

これから身に着けていきたいスキル

どういったことでその業界と会社に貢献していきたいかをアピールする

業種が違ってもうまくやっていけるという部分を事前に業界を研究しておくことでアピールできる

こういった系のアピールができると面接は高確率でうまくいきます。あとはその業界でどうしても仕事をしたい熱意をアピールすることも大事です。

もう一度言いますけど、異業種に転職する場合、事前にその業界を徹底的に調べましょう。そうすることで、面接での受け答えが別モノになってきます。面接官はその業界のプロなので、キチンとその業界を調べてあるかどうかは簡単に見抜かれてしまいます。

しっかりと調べ上げてきちんと受け答えができるような状態で面接に臨むのが大切です。

また、受けたい会社を徹底的に調べていけば、まあだいたいその会社がブラックかホワイトかわかってきます。

いくら電通に入りたいといって、過労死しては意味がありません。個人的にはいくらいい会社でもブラック企業は避けたいです。というか避けます。

どうしてブラック企業とわかっていて入るんですかね?その会社のブランドとかだけで会社を選ぶほど馬鹿な選択はありません。

会社って、仕事内容が良くて、仕事がブラックじゃないのが「会社」というものです。仕事がブラックな会社ってただ、「効率が悪いだけ」「労働量でごまかいいるだけ」というのに気づいてくださいね。

関連記事:面接対策と企業分析を徹底すべき理由

中途採用などの転職での面接はマナーと企業分析と自己分析が最重要ポイントです。マナーは一般的なことだけできれば十分ですが、企業分析は徹底的にやるのがベターです。自己分析は客観的に第三者に自分のことを見てもらうのが楽ですし確実です。その方法をご紹介しています。

転職したり理由を明確化しよう ポジティブネガティブでもいいのでとにかくはっきりさせよう

あなたはどうして転職したいんですか?「どうしてもキャラいアアップしたい」「あの業界で働いてみたい」というポジティブな理由から、「このブラック企業から抜け出したい」「もうこの会社では限界だ転職しよう」といったネガティブな理由もあります。

どちらにしても、「なんとなく転職したい」というなら転職自体をおススメはできません。

いまの日本ではまだ、なんだかんだ言って一つの企業に正社員でい続けたほうが給料も上がっていきますし、安全性も高いからです。

転職するにはかなりの労力がかかります。そういう行動をするわけですから、「絶対転職したい」という理由がないと途中で挫折する可能性もあります。

そういう場合は具体的に転職理由を書き出しておきましょう。これは転職しようと思った時に最初にやっておくべきです。

・この業界ではもうやってられない

・給料が安すぎる ステップアップしたい

・上司がクソすぎる もう限界だ

・この会社で10年後とか想像できない 無理ゲーすぎる

・もっとキャリアを上げていい生活をしたい

なんでもいいです。最初に書き出して「絶対に転職するんだ」という気持ちを確認してみましょう。そのマインドが転職を成功させる最も大きな要因になりますよ。

関連記事:転職理由は具体的に書き出してみる必要がある

転職するか迷っている場合には、まず転職したい理由を書き出して理由をネガティブなものかポジティブなものに判断する必要があります。その判断によってなるべく早く行動を決定することが必要です。転職は年齢が若い方が有利と言うのが鉄板なので、だらだら時間が過ぎてしまうと後で必ず後悔することになります。

転職エージェントを利用して公立のイイ転職活動をしよう

考える男性
いざ転職活動をするとしても、一人で求人情報を集めたり履歴書や職務経歴書を作成しつつ面接対応をするのはかなり苦労します。

そういう場合は、転職エージェントを利用するのがおススメです。転職のプロのエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適性に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!