20代の女性が転職するタイミングは26~28歳くらいベターな理由

可愛い娘

20代の女性が転職を考えるというのは、男性より深刻なケースがほとんどです。

女性には結婚・出産と仕事の両立の問題がどうしても立ちはだかります。その場合、育児休暇を取ってかの職場復帰がしやすい会社が望ましいのは当然です。

さらにキャリアを積んでいくという意味で、今の会社が「誰にでもできる仕事」をしているとどうしてもキャリアを積んでいくことができません。

特に女性は一般的な事務などをやらされることが多いので、よりキャリアを積んでいくための転職という行動も検討していくことになります。こういったことがあり、男性よりも女性のほうが転職に関しては深刻なケースが多いわけです。

20代のうちにもし結婚出産後が復帰しにくい会社や、キャリア形成がむつかしい会社は「転職したい」と強く思うことが多くなります。

というかたいていの会社って結婚とか出産すると暗黙のプレッシャーがかかってきますよね。会社側としては結婚した女性はいつ辞めるかわからないってのもあるので、正直スパッと辞めてほしいってのが本音です。

だからマタハラとかが多いんですよね。男女平等とか機会均等とか言ってますけど、仕事に関しての女性の立場ってぶっちゃけ日本ではメチャクチャ低いですからね。そのあたりの現実を考えて会社を選んでいくってのがすごく大事になってきます。

関連記記事:女性は結婚して妊娠するとマタハラされますからね

妊娠している女性や産休を取る女性に嫌がらせをする「マタハラ」があります。これが原因でうつ病になる女性もおおいんですよね。日本の会社は「子供出来たら辞めてくれ」みたいな空気がまだまだります。そういう空気のある会社は見切りをつけて、人間関係のいい職場に労働環境を変えていくことも検討すべきです。

女性の転職は結婚の予定によって時期がだいたい決まります 20代での転職は早いほうが良い

もし女性で結婚の予定があり、しかもその会社が育児休暇後の復帰がやりにくい会社ならはやいうちに転職しておいた方が今後の人生はやりやすくなります。

特に女性は20代も後半くらいが一番仕事に脂がのっている時期なので、その時期に転職するケースは他の会社も女性に対する期待値が高いです。

転職がやりやすい女性の年代は26歳~28歳くらいがもっともいい時期になります。この時期は社会経験もできていて、仕事に対する細やか女性ならではの配慮ができるというのが企業にとっては魅力だからです。

また、最近では晩婚化の影響で女性も30代前半くらいでの結婚が普通になってきました。そのため「会社に入ったら寿退社ですぐに辞めてしまう」というリスクも若干減ってきたのもあります。

そういう状況があるため、女性の20代の転職のタイミングは20代後半の特に26歳から28歳位がベターなタイミングになってきます。

といいうか26~28歳くらいがぶっちゃけ男性でも女性でも一番転職安い時期です。

このくらいの年代ってある程度社会人経験とキャリアが同時についてきている時期で、しかも20代っていう特典があるので、「転職」っていう行動に限定すれば一番価値が転職市場で価値が多価時期でもあるんですよね。

このあたりから30代になるとガクッと価値が下がって35歳くらいで価値が暴落していきます。なんか婚活市場と似ているというかね。現実って怖いですね。

ベタなストーリーですけど26~28歳くらいで自分の希望の会社転職して28~32歳くらいで結婚っていうのがイイ感じの人生計画ですね。新卒で入った会社がそのまま転職の必要のない会社だったら一番いいんですけど現実はなかなかそうはいかないですからね。

まず会社に3年はいたほうが良いという固定観念を捨てましょう「3年は勤めたほうがいい」的な宗教みたいなのって最悪ですからね

苦悩するOL

新卒で会社に入ると、「3年は勤めたほうが良い」という幼少からの洗脳教育のたまものの思考が出てきてしまいます。

もちろん、ただ働きたくないからやめるというのはダメですけど

「完全なブラック企業」
「人ではなく奴隷として扱われている」
「仕事内容が完全に向いていない」
「パワハラ上司に潰されて精神的にダメになった」
「いじめがある会社だったもうだめだ」

というケースはさっさと転職したほうがいいです。なぜなら体を壊すことや精神的に深刻なダメージをうけるほうが人生全体でみると損になってしまうからです。

体や精神を病むリスクより転職するリスクのほうが圧倒的に少ないんですよね。そこがまだ伝わっていないからついつい、いてもしょうがない環境で3年とか頑張ってしまうんですね。

平たく言うと「3年がんばれ理論」はブラック企業側が奴隷をうまく使うための方便であり、たいてい辞めるというと「会社に迷惑がかかる」とか言われていつまでも奴隷として働かせようとします。

女性でもそれは一緒なので、会社に入って3年くらいは勤めたほうが良いという考えは捨てましょう。 判断するのは「自分」なんですね。そこを押さえておかないと転職をする行動がとてもとりにくくなってしまいます。

転職は自分の未来をよくするためであり、女性は男性以上に転職に躊躇してしまうものです。ただ、男性よりキャリアを求めたり結婚出産をまじめに考えている女性は転職によってよりよい人生を作っていく必要あるのです。

ホントに「3年は勤めたほうがイイ」っていうのは会社側うまく従業員を奴隷として使いたいだけの方便なんですよね。

正直会社なんて1年もいればだいたいその会社でやっていけるかどうかなんて判断付きますからね。3年もやらないと判断がつかないってのはかなり思考停止している人間だけですよ。3年もやってたら年齢も上がってしまって転職市場でかなり不利になってしまいますからね。

関連記事:とりあえず3年ってのはかなり危険な考え方ですよ

「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

キャリアが望めない仕事は3年の縛りを忘れて転職したほうがいい 3年とか我慢してたら年齢が上がって転職市場の価値が下がりますしね

テレアポの女性

特に女性にとって新卒で入った会社がキャリァが望めない仕事しかやらせてもらえないケースは要注意です。

総合職で入っても事務的なことばかりやらされるケースはよくあります。

女性の社会進出が叫ばれている最近の傾向ですが、それでも会社組織は男性中心です。特に経営者はまだまだ昭和の経営体質を引き継いでいる女性に責任のある仕事は無理だ的な会社も多く存在します

大企業でもそういうところが多いので、新卒で就職するケースではそういった会社の内容までチェックできないのが現状です。

会社に入ってみて初めて「女性は仕事をさせてもらえない」という会社だった・・・・というのがわかったとうのがよくあるパターンです。

そういったキャリアを積めない会社だと気づいた女性は「すぐにでも転職」するべきです。なぜなら、女性は男性より転職が厳しくなる年齢が早いからです。

結婚出産というイベントがあると妊思惟されている女性は30代前半では未経験の転職はかなりむつかしいです。逆に男性は30代前半くらいまでなら未経験でもある程度転職も可能です。

そのため、女性の転職は20代のうちにしておきたいのが本音です。

新卒で会社をミスったを判断出来たらいち早く転職を検討していくのが正しい選択です。

20代女性の転職は効率よくやっていくのが必須です、そのためには転職には転職エージェントを利用しよう

「でも転職っていっても一人でやるのはどうすればいいの?」と思うでしょう。

たしかに、一人で求人をチェックしたり、履歴書の書き方を研究したり、面接対策をしたりするのはかなり大変です。

そういう場合は「転職エージェント」の力を借りるのをおススメします。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望のあなたに合った求人をピックアップしてくれる優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

実際女性の転職って現実的には20代後半くらいでやってしまわないとかなりキツイってのが現実ですからね。しかも結婚したら、普通に正社員になるのって正直無理と言うか、なかなかいないですうからね家庭を持ちながら、転職活動をしてい上手くいく人ってね。

だから、女性はやっぱり転職市場でも実際は均等というか平等じゃあないってのもこれ悲しいけど現実なのよねってことあんですね。

スレッガー中尉も言っていますけど、悲しいけど戦争・・・現実なんですよね。だから、女性が転職市場で生き残れるのは正直、結婚前というか独身で20代後半蔵までです。限界で30代前半と言うことですね。

いろいろ言いたいこともあるかもしれませんけど、こういった現実を踏まえて転職、結婚を考えるのがベターです。

転職考えるあなたは意識が高い人だと思うので、高収入の男捕まえて専業主婦になりたいってタイプでもないでしょうからね。

私なら専業主婦稲荷田ですけどね((´∀`*)) でもそういう人によって価値観も違うので、仕事をバリバリやっていきたい女性もぶっちゃけ多いですからね。仕事での充実感を忘れたくないいなら、転職と結婚の時期をしっかりと人生計画に慎重に組み込んでいってくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!