2017年06月一覧

ブラックな宅急便ドライバーの仕事がきついときは製造業に転職するのがベターな理由

宅急便のドライバーというと佐川急便・クロネコヤマト・西濃運輸・郵便局などがイメージされますけど、イメージ通りきつい仕事ですね。はっきり言うとブラックです。競争激化で輸送料金も足元を見られて以前のように給料も高くないです。見通しの位宅急便のドライバーをやるより製造業に転職したほうがベターな理由をご紹介します。

中卒で人生詰んだと思った時の対処法 中卒でもブラック企業を避けてホワイト企業に入る方法

中卒でもホワイト工場などの現場から入ればヘタな大卒よりも給料はイイですし「入る会社」によって人生が変わってきいます。学歴全く関係ないって会社って結構ありますよ。だから淡々と就活をすればけっこうホワイト企業に入ることができます。人生詰んだ、もう就職できない、学歴が無いとダメだと嘆く前に就活をしてみましょう。

公務員でブラックな残業が多い職場もある そこは公務員でも職場移ったほうがイイでしょ

公務員と言っても職場が倒産しないというメリットもありますけど、まあブラックな職場とかもありますよ。公務員も仕事次第ですね。市役所員とか楽なイメージでも部署によっては超ブラックな職場もあります。そういう場合は普通に民間のホワイト企業に行ったほうが全然いいんですよね。そのお話です。

新卒で入った会社がブラックだったら今すぐにでも辞めるべき理由 当たり前じゃんそんなの

新卒で入った会社がブラックだったらすぐにでも辞めるのは当然です。といか「3年は我慢しろ」とかの3年ルールはブラック企業が作った奴隷を縛りつける道具なので、気にしないほうがイイですね。それよりなるべく早くホワイト企業を若いうちに見つけていくのが最善の行動です。その理由をご紹介しています。

手取り20万円以下の30代の仕事って貯金もできないし結婚できんし一人暮らしもキツイ 低賃金ブラック企業の魔の手から脱出しよう

手取りが30代で20万円いかだと、きついすよね。貯金もできにくいし一人暮らししてればなおさらきついし、結婚もむつかしいです。低賃金ブラックというやつですね。そういう会社を「選ぶ」というのがまず間違いです。そう選んだ会社で決まってしまうのがサラリーマン人生。もう一度選びなおすのがとても大事ですね。

ブラック企業での社会人生活が楽しくない慣れないのはあたりまえ さっさとブラック企業を脱出しましょう

ブラック企業に入れば「社会人生活が楽しくない慣れない」のは当たり前ですね。というかその前にあまりに苦しくて、体を壊すのが目に見えています。それがブラック企業。だから早くその環境から脱出するってのがとても大事です。グズグズしていると普通に過労死してしまいますよ。

就職できない苦しい情けない・・・という思考になるのかの理由 ブラック企業につかまりやすいタイプですね

就活で苦しくて「苦しい情けない」「人生オワタ」みたいに思うのってナンセンスですよね。就職してもブラック企業に捕まればもっと悲惨ですし選択肢があるだけましですしね。だいたい就活なんて70%くらい運もあるんですから、ひたすらブラック企業にひっかからいよう淡々とホワイトな求人を下が医師ていけばいいわけです。その行動とマインドをご紹介しています。

ブラックな営業職の成績が悪くて残業が嫌で転職したいなら製造業の営業がおススメ 客再訪問と生産計画の調整が主な仕事です

営業の仕事は言うまでもなくかなりブラックです。成績が悪いと怒鳴られ残業もあって悲惨です。そのなかでも製造業の営業というのがあります。製造業の営業は取引先と生産調整を打診したり、御用聞きがお主な仕事。営業成績も関係なく普通の営業職とは違います。

error: Content is protected !!