職場のブラックな人間関係が辛い最悪という悩みで取るべき転職行動 

悩む女性

職場がいやになる理由のナンバーワンはいつの時代も人間関係の悪化です。

仕事がきつくても上司や同僚が良い人だったら、普通に乗り切れることがきます。そうなんですよ人間てメンタルの生き物なんですよね。

仮に自分の嫌いな仕事だったりしても割と人間関係が良ければやっていくことができます。それだけ人間関係は職場の環境に影響を大きく与えます。

これが逆だったらどうでしょうか?自分のやりたい仕事で割と仕事がやりやすくても、上司や同僚からいつもイヤミを言われたりイジメられたりすれば、数か月で精神的にアウトになります。

悪い人間関係は人を数か月で精神的に廃人にするくらいの強力なマイナスの要素を持っています。

同僚が嫌み裳を言ってくる。陰で悪口を広げている。

上司がパワハラをしてくる。もう耐えられない。

派閥に入らないと会社でハブられる。

こう書いてみると幼稚なことですが、人間こんなもんなんですよね。あなたも経験あるでしょうし、見たこともあるでしょう。

ここでは職場での人間関係が最悪という悩みがある場合の会社の行く末と行動方法をご紹介します。

まず上司や同僚のモラルが下がり人間関係が悪くなると会社は経営がヤバくなってきます

会社の人間関係は、パワハラ、モラハラ、恋愛のもつれ、不倫など多岐にわたります。

会社は賃金をもらって労働量を提供する場所で、そういう意味不明なことをわざわざ持ち込む必要もないんですよね。

ただ、会社での人生で割く時間が長いため、そういう会社は賃金をもらうためのところということを忘れてしまいます。

だから、社内で人間関係を悪くしても自分も相手も1ミリもいいことはないのに、自分の我を貫き通す行動を取ってしまうんですね。

こうなってくると会社の雰囲気も悪くなってきます。そういう人間関係を乱す人間を「放置」しているわけですからね。

人間関係を悪くする人を放置していくと結局モラルのない職場になってきます。

「悪いこと」が「悪い」と思えなくなってきてしまうんですよね。

なので人をイジメたり悪口を言ったりするのが日常になってきます。昔の不良ばかりいるような中学校みたいな状態になってきます。

会社は所詮人材のあつまりです。そういう会社は仕事ができる人から辞めていきます。そうなってくると一瞬なんですよね。

会社が崩れ去っていくのって・・・

みるみる経営が悪化して大きな会社でも崩れていきます。そうです「悪いこと」を修正してくれる人がいない会社ですから一度崩れてくると勢いは止まりません。

東芝、シャープ、三菱自動車など悪いことを修正してくれる人がいないわけですよね。そうなると泥船に乗った経営のまま会社はつぶれていきます。

こういう雰囲気を感じたら転職を検討しないと共倒れになります。

人間関係はまずよくなりません 割り切って異動願いを出すか転職の二択です

人間関係は良くなりません。いままで職場や学校での経験から言うと、悪くなった人間関係が良くなったというこをと見たことがありません。

よくドラマとか映画では和解して協力していくみたいなストーリーもありますが、現実社会での会社組織でそういうのって見たたことあります?

自分のイジメていた人が反省してある日誤ってきて態度を改める。みたいなことは残念ながらあり得ません。

自分でそういう場所から遠ざかっていくしかないのです。

そのためには会社であったら異動願いを出すか、転職するしかないんですね。わかりやすい選択です。

よく「逃げる」という言葉を使いますけど、もともと野生動物の世界では危険察知能力が高く「逃げる」ことができる動物は生き延びることができます。

「逃げるのはよくない・・・」と言われますよね。その教育のおかげで我慢強い人間になるかもしれませんが、その悪影響は「死ぬまで我慢する」という結果を招きます。

会社ごときの人間関係を我慢する必要など全くありません。さっさと場所を移動して気もちよく仕事をしてくのが人間が動物としての「危険察知」をしてく行動なので当たり前の行動です。

「逃げるのはよくない」は体よく会社側が吹聴している、まじめな人が簡単にやめたにための洗脳です。そのあたりを

知っておかないと、人間関係が最悪のままただ我慢して仕事をしていく・・・これじゃあ体がいくつあっても持たないですよ。

人間、逃げるべき時は逃げないと・・・そこは思考停止しないで自分で判断するべきです。

「逃げるのは恥ずかしい」「我慢して仕事しろ」とか言われますけど、これは奴隷として社員を働かせるための子供のころからの洗脳です。だいたい体調崩すまで仕事をする自体が全くのナンセンス。だって体壊して死んだら「終わり」ですからね。そこまでしなくても自分で労働環境を変える行動をするために「逃げる」ことをするのがとても大事な行動ですよ。気づいてください。

人間関係が悪いうえに会社の将来性も危うい・・・となると転職を視野に入れるのが妥当です

人間関係が悪いうえに会社の将来もいまいち不安・・・・となればその職場にいてもいいことは一つもありません。

ガマンしてその職場にいる場合は、さらに人間関係が悪くなっていきます。先ほど言いましたが、人間関係は良くなっていくことは無いですし、そいういうのを現実に一度も見たことがありません。

そういう職場は割と人間的にいい人や仕事ができる人は先にいなくなります。いわゆるザコが残っていくわけですよね。

そりゃあそういう雰囲気の会社でやっていくのはどうせ働くなら、もう少しいい場所で働きたいものです。

そんな職場を捨てて、より待遇のいい会社、人間関係のい会社へいって年収アップを狙ったりする方が全然、正統派な行動です。

取り返しのつかないほどの人間関係の悪化の悩みはプラス思考で行けば、キャリアアップのチャンスでもあります。

日本では一つの会社にずっとい続けるのが美徳という洗脳が刷り込まれていますが、実際転職をすると全ての環境が一新されて気もし良く働けて、給料も上がるというケースが多いです。

実際私も34歳の時に人間関係の悪化で転職しましたが、程よい人間関係で仕事もハードでなく給料は一緒くらいの会社に転職できました。本当に感謝しています。

その時のお世話になっていたのが転職エージェントです。エージェントからアドバイスをもらって手探りの状態から転職活動を始めました。

転職エージェントをりようして人間関係の悩みのない環境にいこう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人をピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!