仕事を2年目で辞めたいなら転職すべき理由 つらい仕事で5年後10年後がイメージできない仕事辞めるべき

ハサミ

仕事を2年目で辞めるっていうのは、よくある「3年我慢しろ、3年んは我慢してやらないとわからないもんだ理論」に反していますよね。

だから2年目だと「もう少しやってからのほうがいいんじゃないか?もう少し仕事を見極めてから辞めてもいいんじゃないか?」とか思ってるんですね。

えっと、まずすでに1年目でも2年目でもその仕事を「辞めたい」と思ったらその気持ちは変わることは無いです。ただ、みんな我慢して辞めたいとか思いながら仕事してるだけなんですよね。ただ「我慢して」やってるだけです。これが現実です。

その我慢が限界を超えたらさすがに辞めればいいと思います。「限界」っていうのは、精神的に病んできたり過労で体調を崩したりした場合ですね。この場合は速やかに2年目でも転職して労働環境を変えたほうがイイと思います。

あと、我慢でも「給料が低いからもっと高い給料の仕事をしたい」「もっと高度な仕事をしたい」「自分の好きな仕事をしたい」といったポジディブな転職の場合はちょっと冷静に考えてから転職するのがベターですね。

どちらの場合でも、2年目で辞めても10年目で辞めてもそんなに変わらないと思います。転職は若ければ若いほど有利なのはよく知られた事実なので、2年目に辞めるのが5年目になったりすると、年齢的に不利になる可能性もあるので、もうあなたの中で「我慢」を限界を超えているなら決断と行動は早いことに越したことはありません。

2年目に辞めると転職に不利かどうか?

たいてい、会社を辞めたい、転職したいという理由はポジティブな理由、ネガティブな理由でもだいたい決まっています。

「会社で成長できない」「仕事が激務」「仕事が合ってない」「給料が安い」「人間関係が最悪(パワハラ上司、同僚とか)」

とたいてい大まかに箱のどれかですからね。こういった思いを抱いたらもう我慢していくしかないんですよ。それでも、あまりに我慢に限界を超えたり

さすがに精神的に病んだり過労で体がヤバい場合は速やかに休職したり転職したりするのが無難です。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

さて、入社2年目に会社を辞めると不利かどうかってところですけど、よく色んな記事で職歴にキズが付くっていってますけど、正直2年も3年も変わりませんよ。

それもたとえば3~4回くらい2年とかで職場を転々としてるならさすがにヤバいですけど、1~2回目の転職で2年目でやめて転職するってのは別に普通です。

新卒で入った会社がブラック企業で3年以内に辞める人なんて9割なんて会社も多いですし、転職舌先がこれまたブラック企業だったりするケースもあるわけですからね。

辞める理由は人によって違いますけど、2年が3年4年とかになってもあんまり変わらないです。ていうか、面接官はそんなところ見てないです。

面接官やった人ならわかると思うんですけど、面接とかって経歴よりも「好き嫌い」で判断してますからね。受け答えが自分好みだったら採用みたいな感じです。

ちょっと話が逸れましたけど、入社2年目だからといって会社を辞めるのを躊躇してるとかなら、その年数の部分はあんまりきにすることってないですからね。

そんなのよりも職歴の空白期間が1年以上とかそういうののほうがめんどくさいです。空白期間に何やってたとかのストーリーとかを作らなくちゃいけないですからね。

第二新卒での転職でのマインドはそれほど難しく考えなくてもイイです。新卒の就活で失敗した部分を繰り返さないというくらいで充分です。空白期間の対策とブラック企業に捕まらないようにすれば第二新卒での就活はうまくいきます。うまく転職エージェントを利用して就活をするのがベターな選択になります。

そう、2年目に会社を辞めて転職活動しても不利とかにはふつうなりません。なぜならそこまで見てる面接官とかいないですからね。そんなこと言ったらブラック企業とかに間違って入った新入社員とかは9割くらい辞める会社とかザラですけど、就職できなくなっちゃいますからね。

そんな2年目とかよりも、ダラダラと迷いながら会社に勤めてそこから3年5年とかたってから転職活動しようとすると、年齢が高くなってしまって不利になることの方が怖いです。正直28歳と30歳では転職では30歳のほうがやっぱり不利ですからね。年

齢的には2年くらいしか違わなくても20代と30代の線引きとかありますから30歳が不利になるのは現実なのでこれはしょうがないです。

だから「2年んめだからまだ辞めるのは早いかも・・・」とか悩むなら、まずは5年後10年後の自分をイメージしてみましょう。

2年目に仕事を辞めて転職するかどうかは、年数は考えなくていいです それより自分の5年先10年先のイメージをして考えましょう

2年目に仕事を辞めて天職留守かどうかは、あなたが我慢をしてでも5年後、10年後でその会社で働いていいる姿をイメージすることです。

ほとんどの人が仕事なんてイヤイヤやってますからね。そんな中でも頑張って仕事の好きな部分をみけたり、出世するのをガンバったりしてるわけです。

そういって我慢しながらでもその会社で5年後10年後やっている自分をイメージできるなら、もう少しその会社でやってみる価値はあります。

そういった5年後10年後のイメージがわかない。どう考えてもあと5年もこの会社にいるっていうのは想像できないとおもったら、もう行動早いほうがイイです。

自分の今の会社での5年後をイメージできないなら、5年後にそこにいるとものすごい後悔が待っているのは確実です。

なんか転職系の記事とか見るとあれこれ書いてありますよね。細かい辞めたい理由とかまで箇条書きにして、それに対応する方法とかまで書いてある記事とかもあります。

思うんですけど、人間ってそんなに器用な生き物じゃあないので、その仕事が我慢できないなら辞める、それも少し冷静になってクールに考えてみる。

それでもその会社の仕事が我慢できないなら別に2年目とかで辞めても全く問題ないですよ。

何度も言いますけど、そこで下手に時間を浪費して年齢を重ねてしまって、5年後とかに転職しようとおもっても、転職するにはむつかしい年齢とかになってたらシャレにならないでしょ?人の意見は参考にする程度で、結局決めるのは自分ですからね。

自分の直感とかって意外と当たっていますからそこは5年後10年後を強烈にイメージしてみて、それでもだめだったら2年目でもその会社に勤めてるのはちょっと厳しいとおもいますよ。

ブラック企業でなければはるべく在職しながら転職活動 ブラック企業だったら辞めてから転職活動が基本です

転職方法ですけど、あたながいる会社がブラック企業ではない(極端な長時間勤務や休日出勤がない)場合には、やっぱり在職しながら転職活動をすべきです。転職活動をするとほかの会社とかを見るので視野も広がりますし、今の会社のほうがまだマシだと思う可能性もゼロではないですしね。

なにより、安心感がりますしね、今の会社務めているという保険もありますし、転職活動にリラックスして臨めるからです。

しかし、あなたの会社がブラック企業だったらさっさと辞めてから転職活動したほうがいいです。ブラック企業だと長時間労働でサービス残業、手当なしの休日出勤といった、まず転職活動をする時間も物理的にありませんし何よりブラック企業にいても1ミリもイイことはありませんしね。

ブラック企業にいても、どのみち過労で体を壊すか、うつ病になって休職したりと先が分かっていますしね。ブラック企業にいて5年以上勤めている人と今のところ見たことがありません。それくらい高確率で精神や体を壊して辞めてることになります。結果が分かっているので、辞めてからの転職活動がベターですね。

ただ、転職活動をするにしてもハローワークとかちまたにある求人誌を使ってもブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。だからハロワはブラック企業の奴隷の狩り場になっています。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査いているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って、たしかに始める前は不安ですし、私もかなり不安だっが記憶があります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスなどをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

一度、優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目でみてみると視野も広がりますし、転職活動のイメージもわいてくるのでおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!