仕事を辞めたい女性は働く雇用形態は派遣でも期間社員でも働きやすさを求めるべき理由

メモを取るスーツの女性

女性にとって正社員といのはたしかに一度辞めるとなかなか正社員に復帰するのはむつかしいのが現状ですよね。

男性と違って、結婚出産があるとどうしても一旦正社員を辞めたりするケースもアリがちです。

もちろん産休をとってそのあと復帰すればいいんですけど、きちんと産休や育休を取らせれない会社も多いというのが現状です。マタハラなんかあがって、妊娠にしている女性への嫌がらせとかも普通にありますしね。なんだか世知辛い世の中です。

関連記事

女性は出産育児のため仕事をその間、休まなければいけません。出産育児休業法があるとはいえ、それきっちり守っている会社ばかりではありません。マタハラや育休後会社に復帰しにくい雰囲気の会社も多いんですよね現実は。そういうことが無いように女性は育休が摂りやすい職病を選ぶべきなんですよね。その理由と方法をご紹介しています。
妊娠している女性や産休を取る女性に嫌がらせをする「マタハラ」があります。これが原因でうつ病になる女性もおおいんですよね。日本の会社は「子供出来たら辞めてくれ」みたいな空気がまだまだります。そういう空気のある会社は見切りをつけて、人間関係のいい職場に労働環境を変えていくことも検討すべきです。

「もう正社員も限界だ辞めたい」

そういうときもあります。正社員って女性にとってキツイデスよね。男性並みに働かされてそれでいて社内での地位は男性より低いケースがほとんどです。

そんな時は、「正社員を辞める」ということのリスクを自分の場合どれくらいのリスクがあるのか?を考えてみるといいです。

たとえば、結婚が近い人で、旦那になる人の収入が多い人は無理して働く必要もないわけですしね。

逆に、独身でキャリアを積んでいきたい人ならできれば正社員で働いていて、その会社を辞めるとしても次の職場も正社員として転職していったほうが良いです。

さらには、結婚する場合はもちろん正社員で産休後も正社員に復帰してそれを続けられるのがいいのですが、今いる会社がブラック企業だったりする場合は、なにも正社員でなくても派遣や契約社員で自分のペースでできる仕事を選択したほうが良い場合もあります。

女性は男性よりも結婚出産などの影響で大きく環境が変わるので、そこまで「正社員」であるということにこだわることも無いと思います。

それ以上に、自分がどうやって仕事にかかわっていくか、働きやすい仕事を求めていくかというスタンスによりますよね。

女性が30代くらいで正社員を辞めると実質「1億円」の収入が減ります

苦悩するOL

ただ、知っておいてもらいたいことは、女性が30代くらいで産休や育休をとってそのまま退職するパターンもあると思います。

30代で正社員を辞めてしまうと、産休明けに会社に復帰して定年まで正社員で勤めることができる生涯年収が

「約一億円減る」

ということは憶えておいてください。

女性でも定年まで働くことができれば生涯年収が1億円は違ってくるんですね。

これが派遣はパートなどで働いてもどうしても追いつけない現実の壁です。もしあながた、生涯年収を重視するなら今いる会社での正社員での地位は捨てないほうが良いです。

もしくはどうしても今の会社がブラック企業でキツイというなら結婚などのイベントの前に転職しておくほうが良いです。その時はなるべく産休育休が取りやすい会社というのを転職するときの希望条件に必ず入れておいたほうが良いでしょう。

女性にとっての産休・育児休暇の取りやすさはものすごく重要です。独身でバリバリキャリアを積んでいきたいという女性なら別ですが、結婚が人生計画に入っている女性は産休・育休がとりやすい会社への転職はとても重要な意味を持ちます。

定年まで勤めることができれば生涯年収は1億円アップするので、いかに正社員を継続することがお金の面では大事か言うのがわかると思います。

ただ結局女性は結婚して状況もかわるので、雇用形態よりも「働きやすさ」を重視すべきですよ

正社員でいられるなら、正社員でいたほうが良いです。生涯一億円年収がアップしますからね。

ただ、結局男性は仕事が第一というのが今時でも定番ですけど、女性の幸せって仕事ばかりじゃないんですよね。

個人的には、女性はそこまで正社員にこだわる必要が無いと思います。家庭を持てば男性が正社員で働いていると思いますし、そもそも派遣社員の男と結婚する女性は少ないです(;^ω^)

そのため、裕福な生活はできないかもしれませんが、女性がは叩くて言っても派遣や契約社員の雇用形態でも充分だと思います。

派遣なら自分のやりたい仕事がそれほど苦労なく選ぶことができます。

経理の仕事を派遣でやっていて実務経験を付けてから、実務経験が必要な経理の仕事に応募するということも可能ですしね。派遣から入る仕事のやり方もあります。

参照・派遣に登録するならテンプスタッフ

↓ ↓

また働きたい派遣会社No.1!テンプスタッフ

「いや正社員としてどうしても働きたい」という女性なら今いる会社は辞めたいほうが良いすよ。それか結婚前に転職してブラック企業でない会社をゲットしてください。

結婚後とかは子育てが一段落したら、「自分が働いやすい」職場で働くのがベターですね。

結局正社員で頑張って働いている女性もいますけど、かなり無理をしている感じがあります。生活自体が楽しそうじゃないんですね。

正社員で働きながら、子育てするって相当キツイですよ。毎日定時で帰れる仕事ならいいですけど、そんな仕事は少ないですしね。

もしそうでなければそこまで正社員という肩書にコだがる必要はないかと思います。仕事は自分のペースで長く続けられるというのがキモです。

派遣でも働きやすやすい仕事を選んで、仕事をしていく・・・これが女性にとって仕事を長続きしいくためのコツです。

あまりにストレスがたまる仕事をいくら正社員だからといって続けているのは人生でこれほときついことはありません。

そのためには自分で労働環境を変えていくことがポイントです。

とにかく働き続けることを重視していくのが無理のないライフスタイルですね 自分にとっての無理のない働き方が働くのが一番ベストです

書類を見る女性

女性にとって仕事はとにかく「働きやすい」ということを一番に重視していくべきです。バリキャリを目指す女性なら

そうはいきませんが、普通に結婚して家庭を持つ人生計画があるならば、「働きやすい」職場を選んでおけば

そのあと無理なく仕事を続けていくことができます。

ただ、正社員を辞めたいと思っている女性は今の職場がとても働きやすい職場とはいいがたいでしょう。その場合はすぐにでも転職活動をしていったほうがいいです。

でもなかなか転職活動といってもどうやっていいかわからないケースもありますし、なにより一人で求人を探したり履歴書を書いたり面接対策をするのは思っている以上にむつかしいです。

そういったケースでは転職エージェントに登録して自分の希望の求人を探してもらって、エージェントに履歴書の書き方や面接対策をアドバイスしてもらうのがおすすめです。

なにより、産休や育児休暇の制度がしっかりしている会社の求人をリクエストしておけばそれに見合った求人を探してくれます。

これは女性にとって大きなメリットです。

転職エージェントを利用して効率のイイ転職活動をしよう

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!