技術職の女性はキャリアも大事だけど結婚出産後も働ける会社に転職すべき理由

工場系女子

今では技術職の女性って増えてますよね。でもやっぱりまだまだ男が圧倒的に多い職場ですよね。あなたの職場はどうですか?

でも個人的にはプログラミングって女性のほうが向いているような気がするんでしょね。黙々と丁寧にウェブ言語と格闘する仕事って我慢強さが必要ですからね。やっぱり女性のほうが向いている気がします。

でも、今のエンジニアの職場の現状って「女性にやさしい」とはいいがたいですよね。大手のウェブ会社だったらまだしも中小でブラック企業入っている会社なんて、「福利厚生?何それ美味しいの??」とかいうレベルで劣悪あ労働条件なんでしょうね。

そんな会社だと、女性のライフプランにある「結婚・出産」をキチンと理解してくれる会社ってエンジニア業界にはまだまだ少ないんでしょうね。

でもね、やっぱり技術職って仕事は、「続けていく」ことに醍醐味があると思うんですよ。だってネットの進化を体感しながら新しい技術でエンジニアの仕事をしていくってワクワクしますしね。そういう仕事だからこそ、長く続けていきたいです。

それは技術職の女性でも同じことでしょう。やっぱり技術職の女性が仕事を続けていくためには、女性の育児休業制度がしっかりしている会社でないといけませんよね。

技術職は女性だろうと激務ですよね 育児休業制度がしっかりしている会社じゃないと続けていくのはキツイですよ

技術職・・・いわゆるエンジニアの仕事って激務ですよね。残業もめちゃめちゃおおいですし、土日とかもパソコンにつきっきりで仕事とかいう事も老いですよね。

しかも、技術の進歩はどんどん進んでいきますから、いつもいつも勉強していないとすぐに取り残されていきます。いや考えただけでもハードですし、女性でエンジニアをやっている人はホントすごいです。

ただ、やっぱり労働環境が良くないところが多いですよね。

GMOとかサイバーエージェントなんかの大手ならまだ福利厚生はしっかりしていますけど、末端の中小企業のエンジニアあたりは育児休業制度とか「そんなのあったっけ?」みたいな会社が多いですよね。実際あったとしても、結婚して妊娠したら「辞めてもらう」みたいな暗黙の空気がある会社もかなりあります。

女性エンジニアにとって、仕事自体がこれだけ激務なんですから、そりゃあそういうしっかりとして女性に対する制度が無いととても仕事自体を続けていくのは難しくなってきます。そういう場合はどうするどうするどうする?????

今いる会社での時勢に対する育児休業制度とかがイマイチショボい会社は、転職したほうがイイです。というか女性エンジニアにとって福利厚生がキチンとしているというのはとても大事なことです。

っていうか、本来こういった女性に対する福利厚生、社会制度がしっかりしているっていう会社が通常なんですけどね。

日本て言いう国はホントそういう面ではおくれています。ヨーロッパとかを本当にみんなラってほしいですよ。

といっても愚痴を言っていてても始まらないので、技術職の女性はそういう女性向けの制度がしっかりしている会社にサクッと転職したほうがいいです。

そのほうが、長期にわたって技術職として働いていくためには当然の選択となってくるんですよね。

そういう技術職って一生にわたって続けていくのが理想ですもんね 技術の進歩を体感しながら仕事をしていきたいですよね

そう、技術職の女性にとっての仕事って、「生きがい」なんですよね。女性でエンジニアやってるあなたって、その仕事が「好き」でなければとてもやってられないですよね。かなりの激務ですし、不規則になりがちだし、勉強もしていかないととても技術の進歩にはついていけない。

それでも技術職をやっているのは、その仕事が「好き」だからですよね。大好きだからこそ続けていられるわけです。

じゃあその大好きな仕事をずっとライフワークで続けていくためには、女性は男性より困難であるのは間違いないです。

結婚・出産・子育てというライフプランがある以上は、やはり福利厚生・社会制度が失火していていて結婚種産後も気持ちよく仕事ができる職場である必要があります。

残念ながらエンジニアの職場ってまだまだ女性に対する会社の対応はやさしくないです。ですので、そういうきちんとした女性が働きやすい環境を持っている会社への転職は必要不可欠です。

そういう行動を前もってできる女性がエンジニアとして生き残っていけるのではないでしょうか?

女性の福利厚生にやさしい職場を選ぶなら転職エージェントを使うのは必須ですよマジで


というわけで、女性エンジニアであるあなたの労働環境が女性にやさしくないあ場合は転職活動は必要事項です。

でも、ハローワークとか転職サイトにそういう「女性エンジニアにやさしい職場」っていうのは求人ではまったくないですからね。

どこになるかというと「転職エージェント」にあります。非公開求人というやつです。

転職のプロであるエージェントが、求人器用を審査していて、そういった制度がちゃんとしている会社を選んでいるからです。

エージェントと面談をして「女性エンジニアとして長く働ける、育児休業制度を取りやすい会社がイイ」という希望条件を伝えておけば、それに合った求人をトスしてくれます。ここが転職エージェントを使う最大のメリットです。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!