ブラック企業を入社3年以内でも辞めて転職すべき理由 1年で会社の内容は把握できる

残業をするサラリーマン

「3年くらいは我慢して勤め続けたほうがイイよ」

という魔法の呪文をご存知ですか?これを使われるとズルズルといる必要の無い会社にい続けることになります。

「石の上にも三年」とかいうとこから取ったんですかね。これってまあものすごく「その人の置かれた状況」を考えていない言葉ですよね。

もちろん、ただ「ダルイ」「働くこと自体がイヤだ」「本当にテキトーな理由で辞める」とかは論外ですよ。

ただ、会社を辞めるのにキチンと理由があって辞めるなら、さっさと辞めたほうがいいです。行動は早いほうがイイです。

だって、超ブラック企業に騙されて入ってしまったら3年も務めるの意味ないでしょ?そこに勤めていても体壊すし、賃金やすいし年齢を重ねてしまうし、いいこと一つもありません。

私だったら3か月くらいで辞めますね。そのくらいあればその会社がどういう会社かはわかりますからね。

そう、言いたいことは「辞める時期をあれこれ議論するのはナンセンス」ということです。

人にはそれぞれ事情がありますし、入った会社がとてつもなく変な会社、ブラックだったりしたらそりゃあすぐに辞めたほうがイイです。

もしあたなに息子とかできて、会社に入ってストレスでうつ病とかになっていても

「3年はガンバれよ、負けるな根性だ」

とか言えますか?私は言えませんね。無理です。そこまで鬼にはなれません。

というか3年も待っていたら、その間にできる「行動」ができなくなるリスクのほうが高いです。

だって、仕事って「人生を豊かにするため」にするためのものでしょう。できれば労働環境が良い会社で働きたいですし、

自分にやりたい方面の仕事をやりたいものです。人生を豊かにするためです。

そりゃあ「我慢」も必要ですけど、「思考停止」するほどの我慢をして会社に勤めていると、どのみちストレスで体をやられて後で後悔します。

あと「逃げること」も大事ですよ。武道での最高の技は「トラブルに巻き込まれない」という「そのひどい環境にいない」ということが最大の防御になります。

クソみたいな労働環境の会社だったら、自分から逃げないとそのまま悲惨な状況になるのは目に見えていますよね。

とにかく、普通に辞めるべき理由があるなら入社3年以内だろうと辞めるべきなんですよね。

1年あれば会社の年サイクルもわかるし、なにより将来性とか自分に合ってる合ってないがわかりますよね

まず、会社に入って1年あればその会社に

「ずっと働いていけるか」

「辞めるべきか」

ってのは判断できます。

一年あれば、季節ごとイベントも一回りしますし、その会社がどんな仕事を一年通じてやるかどうかもわかります。

一年のどの時期が忙しい時期とか、わかりますしね。また、その会社の雰囲気。上司のレベル。会社の経営方針なんかも一年勤めればイヤというほどにわかります。

ホント私の実感では1年勤めればその会社の内容ってわかりますよ。逆に1年いてわからないようじゃ、その間何してるの?ていう印象です。

そして、その一年で「この会社ダメだわ・・・」と思ったらそのままずっとその印象で良くなることは無いということですね。

ダメと思った会社が、数年後に労働環境が良くなったり、会社の経営方針が変わって言ったりするということはほぼ

無いです。それどころが、状況はどんどん悪くなっていきます。

会社の印象がそのままになるのは会社のタイプには二種類あるからですね

会社って二種類あるんですよ。

「従業員を大事にして会社と社員が一緒に成長して一緒になって仕事をしていく会社」

「従業員を奴隷としてこき使って、その搾取した労働力で会社だけを大きくしていく会社」

このふたつです。

前者はどんどんいい方向に会社も向かって行きますし、利益も上がっていくでしょう。

後者はある一定段階までは会社は成長しますが、一定の地点まで来ると経営が悪化していきます。そりゃそうですよね。

社員は奴隷ですから、そんな状態で仕事してる社員の仕事の質は落ちていきます。そうなると会社自体の質も下がっていきますからね。。

こういった理由で「この会社ダメだな」という会社は一生社員を奴隷として使い続けます。

そうすると、結局自分の首を絞めることになるんですよね。これが分かっていない経営者の会社はいずれ破たんします。

「3年は会社を辞めないほうが居縛り」は辞めたほうがイイですよ ホントガチで会社に労働力を搾取されますからね

というわけで、「3年は会社を辞めたいほうがイイ」みたいな呪文を聞かされても自分の意志で辞めるかどうか判断したほうがいいですよ。

これ系の呪文はほかにもあって

「こんなに早く辞めるなんて責任感ないんじゃないの?」

「会社を辞めたらまわりに迷惑がかかるんだよ」

とかいう呪文もあります。こういう呪文は会社が労働力を搾取するための呪文なので、気を付けたほうがイイです。

これって、「会社側の都合」しか言ってないですよね。会社に迷惑がかかるって・・・じゃあ俺にかかる迷惑はどうするの?とか考えたほうがイイですよ?あんまりマジメすぎると、とんでもなく後悔するときがきますよ。

ハロワとか転職サイトよりも転職エージェント使って「第二新卒」の枠を使ってサクッと転職しましょう

考えるサラリーマン
入社3年以内に辞めるなら「第二新卒」枠での転職ができます。第二新卒は学校を卒業した25~26歳くらいまでの人材のことです。

間違ってもハローワークとか転職サイトで転職活動するとブラックにひっかかりますよ。ハロワとかはブラック企業の漁場と化しているので、悲惨極まりないです。

じゃあどうすればいいのか?というと「転職エージェント」を利用します。その中でも「第二新卒専門の転職エージェント」というのがあるので、転職には必須のツールになります。

転職のプロであるエージェントが求人の企業を審査しているので、ブラック企業はありません。

これはものすごく大きなメリットですね。審査の入らないハロワとかだと悲惨です。ブラック企業がオンパレードです。

一度ハロワ行って求人見てみると楽しいですよ。この世の地獄を見ることができますからね(^O^)/

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!