溶接工が肉体的にきついから辞めたい理由 体質的に向いてない場合があるケースと転職する方法

溶接工

私のもと居た製造業には、技術グループがあって溶接専門でやってる人が2人ほどいました。その人立に頼めばたいていの工具みたいなものとか、複雑でない工具とか冶具を作ってくれました。ほんとに複雑で精密なものは外注していましアけど、溶接ができる人がいると困ったときにはとても助かったものです。

私のいた工場には溶接ができる人は数人しかいませんでしたが、技術の高い溶接工がいると製造業では非常に重宝します。

ただ、溶接の仕事は正直、リスクも高いので最近では辞めていくのが多いのも現実です。リスクと言うのは「体を壊すリスクが高い割には、それほど将来性というか給料の伸びが見込めない」というのがあります。技術職なので、溶接工としての転職はしやすいのですが、溶接工を辞めるとなるとまた年齢が高くなってしまって40代以降になると溶接工以外の職業の選択肢が無くなってしまうというデメリットもあります。

溶接工は物つくりの原点でやりがいがある仕事なんですけど、その反面リスクもあります。私の工場にいた技術グループにいる溶接ができる人ももともと溶接工だったみたいです。その人は「溶接工を続けたかったけど、体がもたなかったから転職してこの会社(自動車系製造業)に入ってきた」と言っていました。

ずっと溶接をやっているというのは、体に負担がかかる意味たいですね・・・・・その仕事をずっと続けていくことに自信が無かったと言っていました。

あととにかく、夏に暑かった・・・・その人、溶接の夏の暑さに耐えられなかったと言っています。溶接って風を当てるのはダメみたいで、夏でも扇風機があてられない。もうたまらなかった。それが本当にきつかった・・・としみじみと語っていたのを覚えています。

溶接工は身体を壊すリスクが大きいので、それが我慢できるかどうかがカギです

溶接工は、仕事しては面白みのもあって給料は普通程度の仕事というイメージですけど、とにかく人体への影響が大きい仕事です。それをそどれだけ耐えられるかケアしていくかというのが溶接工を続けていくカギになります。

ただ、溶接の仕事をやってみたけど、体質的に本当に無理があったり、体力的に無理があったりするとさすがに長期に溶接工を続けてい行くのは無理があります。

体を壊してしまいますからね。体を壊してしまったら「仕事自体ができなくなって」きます。仕事ができなくなると別の仕事をやろうとしても社会復帰に時間がかかったり、無収入の状態が続くので人生にとってかなり苦しい状況が生まれてしまいます。

溶接工は目を焼いてしまうことがある 視力はどうしても悪くなる

溶接にもアーク溶接(紫外線)、ガス溶接(赤外線)の違いがありますけど、どちらにしてもこの溶接の光を直接見てはいけないんですね。とそうはいっても完全に全く見ない・・・・と言うのはなかなかむつかしいので、ちょっとづつ見てしまったりしているとだんだんと視野がせまくなっていきます。

紫外線とか太陽でも直接見ていたら目がおかしくなりますけど、溶接の紫外線やせ危害戦は強烈です。目の保護は必須で、ゴーグルやシールドで防ぐことがとにかく大事です。

ただ、そうはいっても紫外線や赤外線をめに入ってくるのを「完全に」防ぐことはできないので、溶接工をしていると視力は悪くなってきます。

紫外線や赤外線でもそれほど視力も落ちない人もいますし、ちょっとのことで視力が激減する人もいます。これも体質によってかなり違うので、もし視力が落ちているなら今後の人生にかかわるのであまり無理をしないほうが無難です。

溶接工の仕事は普通に紫外線の被害とやけどは避けられない 塵肺、やけどにも注意が必要

アーク溶接での紫外線は、視力だけでなく普通に「日焼けの被害」をもたらします。とにかく一年中太陽をまじかで直射日光を浴びていると同じなので、普通に日焼け以上の日焼けをしているのと一緒です。もちろん、肌の露出は避けて日焼け止めをたっぷり塗ったり、保護できる服とエプロンをしっかり着用するのは必須です。

それでもやっぱり皮膚強い弱いがあります。アトピーがあったりする人は日焼けとかをしてしまうと一発で悪化しますし、そもそも日焼けってシミになるので肌にはいい影響は1ミリもありません。

また、単純に日焼けをすると体から活性酸素が出てくるのでいわゆる「体の老化」が早まることになります。美容の観点からは日焼けは絶対NGですからね。皮膚をきれいに保ちたい人にとって日焼けをするのは絶対にダメと言うのは常識です。

溶接工の仕事をしてみて、自分が実は肌が弱かったということを知る人も多いです。紫外線に肌がやられてボロボロになってしまう。そこから皮膚炎になって日常生活も辛い思いをするという場合は、溶接工を続けていくのはちょっとむつかしくなります。

また、アーク溶接とかだがお、煙が塵肺の原因になります。これ吸い込んだらヤバいですしね。あとは溶接やってると、やけどはどうしても避けられません。

避けられないというか日常茶飯事です。普通は革の手袋をはめて作業するんですけど、服とかが薄い部分に触れてしまったりすると、簡単にやけどしてしまいます。

細心の注意を払っていてもやっぱりずっと溶接工をやっているとやけどを避けることはむつかしいです。

溶接工の仕事は腰痛と腱鞘炎は職業病でこれもしょうがないレベル

溶接工はその仕事を見るとわかりますけどずっと同じ姿勢で仕事をします。椅子に座って溶接したり、ふつうにしゃがんだ状態で溶接したりと体勢はありますけど、だいたい同じ格好で固定で夭折してますからね。ああいった指定だとけっこう腰をやってしまうもんなんですよ。

一回腰痛になると同じ体制で仕事をするのってかなりきつくなってきます。これって腰痛になった人ならわかると思うんですけど、仕事を続けている限り腰痛って改善していかないんですね。

職業病みたいなもんです。なるべくいい姿勢で仕事していてそれでも腰痛になってしまったらコルセットをしてたいおうしつつ、腹筋と背筋を鍛えるなどして改善していくしか方法はありません。

保育士の仕事は子供を抱いたり上げ下げしたりするのが簡単にイメージできますよね。要は「重いものを抱いたり上げ下げ」することが多い職業で...

また、イメージしやすいですけどバーナーを持ってずっと作業しているので、手が腱鞘炎になります。これも職業病ですね。私の職場の夭折ができる人も溶接工時代に腱鞘炎をやって手首を手術したみたいです。これも職業病ですね。溶接工をやっているとこういった職業病がどうしてもあるということは知っておいたほうがいいわけです。

若いうちは体も動きますし、それほど四国になることはないですけど30代後半くらいからは徐々に腰痛や腱鞘炎がきつくなってくるみたいです。疲れはだんだんと蓄積されてくるんですね。

溶接工を辞めたい場合の選択肢は、大手企業の技術職を目指すか、異業種に転職するかの2択です

溶接工を辞めたいと思うケースはこういった肉体的な辛さがほとんどです。ただ、溶接工「だけ」を続けているとやっぱりこういった職業病的な体に対する負担は避けられません。

上述した私の元いた製造業には溶接工だった人が転職してきました。こういった溶接や旋盤は電気系の技術を持っている人はかなり中途で入ってきました。

たいていは製造課に配属されて技術は機械管理の仕事をすることになります。こういった溶接は旋盤などの技術は製造業ではなんだかんだ言って重宝されます。

そう、溶接工として雇われるのではなく、製造業の会社員として転職するという方法もあります。メーカー系の企業はたいてい工場がありますのでそういった現場に技術者として転職するっていうケースが個人的にはおススメです。

もちろん、溶接工をやっていた人が、たとえば営業の仕事や、事務、経理などの仕事、商社の仕事などに行っても上手くいく位ケースもありますが、溶接の技術を生かしていくならメーカー系の工場がある企業に転職するのがベターですね。

あとは、やはり労働環境を変えるときのはブラックな会社に入らないのは鉄則です。下手にブラックな職場に入ると、溶接工と言っても底辺な職場と差別するような会社もあるので、そういった会社にハリると悲惨なことになりますからね。溶接工の仕事が肉体的に厳しいという場合は異業種への転職になると思うので、

そういう場合は、飲食業や介護職といった明らかにブラックな業界は絶対に避けたほうが無難です。なぜか、転職活動を熱心にやらず、安易に飲食業界や介護業界に入ってしまう人がけっこう多いです。こういった業界はすぐに雇ってくれるので、面接とかがフリーパスなので転職活動自体は楽ですからね。

ただ、そういって転職活動にひと手間ふた手間かけて、ちゃんとした会社を時間をかけてもいいので選んでいかないと、血行悲惨なことになるケースが多々あります。

ホントブラックな業界は避けたほうがイイですよ。

溶接工の仕事から転職するのが不安だ 転職してもブラック企業に捕まったら怖い・・・・と思う場合には

溶接工から転職するんがイマイチ不安ですよ・・・転職したとしても転職先が具ラック企業だったら目も当てられないといった不安な場合は一度優良な求人を紹介してもらって自分の眼で求人案件を見てみるのがイイと思います。そうすることで、実際に良い求人があるという確認にもなりますし、自分がどういった仕事をやっていくかという判断もできますしね。なにより転職への不安が和らいでくると思います。

ただ、ハローワークとかちまたにある普通の求人誌だとブラック企業がいっぱい掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからです。だからブラック企業が掲載し放題の無法地帯になっています。怖いですよ。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職についてアドバイスをしてくれます。

転職は、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりしながら履歴書をつくって面接対策をすればそれほど難しくはありません。

準備と採択をすれば内定は取ることができます。優良な求人を見ることで転職をするかどうかを決める判断材料になるので、一度求人を紹介してラうのが良いですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!