トリマーの仕事が向いていないから辞めたい リスクが高く給料も低い仕事から労働環境を変える方法

トリマーの仕事

トリマーっていう仕事は、動物を相手にする数少ない仕事です。トリマーの仕事に就く人は「動物が好き、犬が好き」といった人がほとんどなんじゃないかと思います。動物が嫌いって人がトリマーなんて仕事毎日できないですからね。

私も動物は好きですし、今は買ってないですけど犬を飼っていたこともあります。かわいかったですからね。

ただ、動物は好きですけど、トリマーの仕事をやってみたいかというと答えはノーです。トリマーの仕事って「仕事」と考えると労働とリスクの割には給料も安いですしあまりに割に合わないな…と思うからです。

知人でトリマーをやっている人もいますが、たいてい3~4年で辞めてしまって、転職したり結婚して別の職についたり主婦になったりするパターンが多いです。

これってどうしてなんでしょかね?一見、動物が好きなら天国のように見えるトリマーの仕事も現実はかなりきついケースが多いようです。

動物が好きなだけではやっていけない 辞めたくなる要素は意外と多いトリマーの仕事

トリマーの仕事はきついうえにリスクが高いんですね。具体的に挙げていくとこういったことがあります。

動物が好きだからできると思ったらハードで体力が続かない

トリマーって結局「動物を介護する仕事」みたいなものです。介護職はかなりハードな仕事ですよね。動物も小さい犬ばかりならいいですけど、大型犬になると普通に人間と同じくらいの犬もいます。

それを押さえながら、カットしたりするのって並大抵じゃないですよ。人間じゃなくて動物ですからね。言うこと聞かない犬もいます位

暴れたりしたらそれこそ押さえつけるころだけでもむつかしいです。飼い主ならともかく、動物でも「お客さん」なので、しばいたりはできませんしね( ;´Д`)

また、これも介護と一緒ですけど、動物の糞尿まみれになりますからね。私は動物は好きでけど、これが一番トリマーの仕事で嫌なところですね。

一言で言うと不衛生です。こんなことを気にする人はトリマーなんかやってられませんけど、ちょっと私には無理な仕事です。

介護職、美容室と一緒で肌のトラブルや体の不調悩まされるところがキツイ

トリマーは介護職と美容室のキツさを両方兼ねそろえています。美容室と一緒ですけど、刺激の強いシャンプーリンスを使ってそれを毎日使うわけですから、手が荒れます。また、介護職と一緒で力を入れて犬を抱き起したりするので、腰とかを痛めがちです。

腰と一度痛めるとなかなか回復しないので、かなりきついですよ。これが原因でトリマーを退職する人も後を絶ちません。

美容師業界ってブラック企業も顔負けの労働環境というのはよく知られています。長時間労働、体育会系な人間関係、給料がとにかく安い。休みが取れない。こういったことで限界にきている人は一度自分の環境を見ま押してみましょう。美容師として絶対にやっっていくんだという強い意志が無いなら自分の身の振り方を考えたほうがイイですよ。

結局は人間関係もかなり重い仕事になってくるのがトリマー

一件動物が相手なので、人間関係でのトラブルが少ないようなイメージがありますけど、トリマーは美容室と一緒で、職人的な上下関係の人間関係がありがちです。先輩からのプレッシャーなども大きい場合があります。

それだけならいいのですが、トリマーは動物の飼い主からのクレームがとても多い仕事です。これは経験した人ならわかるのですが、動物を飼っている人がやさしい人間だっていうのは全くのウソですね。

ここの刈り方が気にくわない、イメージと違うといったイチャモンに近いクレームをつけてくる飼い主もいます。そういったクレームにでも丁寧に対応していくわけですから精神的なストレスは溜まっていく一方です。

とにかく給料が安い 男性では家庭を持つことはほぼ不可能なレベルの給料です

トリマーってっ給料が15マンくらいですよね。これって手取りだと12万とかになるじゃないですか・・・

普通い生活できないですよね。そう動物がいくら好きでもトリマーを仕事として選べないのはこの「給料の安さ」なんですよね。

仕事の内容は普通の仕事よりも格段にハードな割に給料が安いわけです。

これって何度も出てきますけど介護職や雇われている美容師と一緒なんですね。しかもテキトーな会社だと社会保険や厚生年金とかも整備されていないこともあって、最悪です。福利厚生などあったものではありません。

それでも「動物が好きだから」というりゆう「だけで」トリマーになる人がいるわけですね。こういった現実を理解したうえでトリマーになりならいいのですが、こういった現実を知らずにトリマーになるとかなり悲惨なってしまいます。

精神的にきついのを無理してトリマーの仕事を続けているとうつ病なる危険もあります

こういったトリマーの過酷な状況をまのあたりにしながら、仕事を続けていくと、かなりの確率で「うつ病」になる人がいます。

激務なうえに人間関係もきつい、しかも給料も安い。それこそブラック企業顔負け状況を絶えていかなければなりません。

ブラック企業にいれば「うつ病」になるのはいたって普通です。というかいずれそうなるので、なるべく早く脱出すべきですが、うつ病になってしまったらすぐに「心療内科」に行ってくださいね。行かないとさらに悪化して取り返しのつかないことになります。心療内科はそんなに怖いところではありませんよ。

これだけ過酷な仕事でも「動物が好きでトリマーの仕事が楽しい」というなら続ける価値もあるかもしれません。

ただ、トリマーの仕事がきつすぎて、しかも給料が安いので生活もままならない。このままでは将来設計もできないといった悩みがあるなら

労働環境を変えていく行動も必要になってきます。労働環境を変えるという意味は具体的には転職です。

ただ、転職をするといってもトリマーしかやったことがないのに転職とかできるの?という不安も正直あると思います。

そういう場合は実際にどういった求人があるのかを紹介してもらうと自分が転職できるかどうか、自分がやりたい仕事があるかどうかをイメージすることができますよ。

転職をするのが不安だという人 トリマーの職歴は役に立たないんじゃないかと思う人は一度求人を紹介してもらうと視野が広がりますよ

転職をするというとどうしても不安になります。職業を変えるのはあまりいいことではないと教育されてきているからですね。

ただ、それは間違いで、自分の人生を良くしていくためには労働環境を良くしていくために行動するのは当たり前なんでね。

そのために転職が必要になってくるですが、どうしても不安だという場合には自分の希望を言ってみて求人を紹介してもらうと

視野が広がって転職がそれほど難しくないものだとことがわかってくると思います。

優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら 履歴書対策・面接対策をしていけば内定をもらうのはそれほど難しい事ではありません。転職の大事なポイントはこういった「準備」です。

こういう準備は一人でやるのは大変なので、転職のプロのアドバイスをもらったほうが楽ですし効率的です。

転職エージェントでは、こういう優良な求人を希望に応じて紹介してくれるので、転職に不安のある人は一度、定時で帰れる仕事休みがきちんと摂れる仕事、給料がある程度ある仕事などと希望を提示してみてそれに合った求人を紹介してもらうのをおススメします。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!