地方から東京に出て転職は正社員じゃないと生活が難しい理由 ブラックバイトより正社員を目指していこう

一度は東京に出て仕事をしてみたいと思いますよね。とにかく東京には多くの企業が集中しているのでそれだけ仕事の数も圧倒的に多いです。

フリーターでもバイトの数も多く時給も高いので、地方でバイト生活をするよりかなり給料をもらうことができます。

派遣でやっていても、同じく時給が高いです。仕事の種類もあるため仕事がないということままずありえません。

東京で暮らしていると、バイトでも派遣でも割と生活ができてしまいます。ただ、東京ってそのままずるずる非正規社員で働いていると、年齢がいくと「人生詰んで」くるんですよね。

それに最近ではよくある「ブラックバイト」もあります。バイトでブラックなんでそんなのに捕まったら、東京での生活も暗くなってしまいますしね。

東京に出て一人暮らしをするならまず「正社員」になって働くべきです。東京でなくても正社員で働く方がいいに決まってますけど、大都市になればなるほど、生活を安定させるには正社員でないとかなり不都合なことがおこってくるのが現実です。

ここでは東京の一人暮らしで正社員にならないと、どういうことが起こってしまうかについてご紹介します。

東京は家賃も高くて生活するだけでお金がかかりますなかなか厳しい 派遣ではなかか厳しいのが現実

東京ってメチャクチャ家賃が高いんですよ。私は大阪に住んでいましたけど、大阪なら都心でも普通に3~4万円くらいのマンションがあります。ちょっと外れれば梅田や難波といった大阪の都心まで電車で20分以内で3万円台のマンションとか普通にあります。

でも東京で新宿とか渋谷、池袋といった都心まで20分圏内だと、まず5~8万位は見ておかないといけません。ワンルームとか1DKの話です

高いですよね・・・・これだけで東京で暮らすのってかなりハードル高いのが分かります。家賃だけど2~5万位の差があります。

毎月こういった固定費もかかるうえに、一人暮らしではどうしても外食などが増えて食費などもかかりがちです。

そうなるとバイトや派遣では時給が高いとはいえ貯金もできないですし、けっこうカツカツの生活になってしまいます。

そう正社員ならボーナスや福利厚生が違うんですよね。普段の生活がカツカツでもボーナス分は貯金できたり、福利厚生があるので、通勤手当や食事補助が出たりします。

これって何気に大きいです。正社員のほうが100~200万位は実質の年収で非正規社員を上回るでしょう。

東京で一人暮らし、非正規社員で貯金もないとなるとどうなると思います?もし体を壊して仕事ができないと、非正規社員は有給休暇も無いですし、給料が入りません。しかも貯金も無いとなれば、家賃も払えなくなってきます。

そうなると、東京から退散して田舎にもどる・・・・みたいなことになりかねません。

せっかく東京での充実した生活を夢見て状況してきたのに、早い段階で退散する・・・・ということんいなると目も当てられません。

これが正社員になっていて、多少のたくわえがあればかなり有利です。体を壊して会社を休むことになっても有休がありますし、

仮に退職することになっても、貯金があればしばらく療養してからまた転職活動をするという行動をとることができます。

このように、正社員と非正規社員では行動の選択の幅が大きく違います。そういった理由で東京での一人暮らしをする場合には正社員になっておくべきななのです。

東京に仕事はたくさんあります 東京で派遣をやる意味はないので、正社員を目指しましょう

東京には大企業から中小企業までありとあらゆる企業が集中しています。その分正社員の仕事も集中しています。

東京は暮らすのには家賃が高かったり固定費がかかるのですが、仕事での平均給料が高いんですよね。

それだけ仕事がありますし、東京での仕事の選択の幅はかなりの数になります。

東京って「東京で生きていくんだ」くらいのマインドが無いと、人は多いですし、電車はラッシュだしかなり生活するには疲れる場所なんですよね。

そのかわり、バイタリティーがある人にとっては天国です。仕事は多いですし、情報は入りますし刺激も娯楽もあります。

そういう意味でも東京に仕事を見つけてくらしていくに、非正規社員のままではちょっとなんとなくアレですよね。

なんか生きていくうえでせっかく東京にでていくんですから、それなりの仕事はしてみたいです。人生は一度きりですからね。

もちろん、東京に出て夢があってつなぎの職場で、バイトや派遣をやるなら話は違いますけど、普通に仕事を見つけに東京に出るなら正社員一択です。

そういうヤル気がないと、孤独な東京砂漠では生き抜いていけないような気がします。

東京は自分のやりたい職業を選べる街

東京は特に20代から30代前半くらいまでなら、自分のやりたい仕事を選ぶことができます。

それだけ仕事の幅は広いですし、仕事に関することを勉強しようとすればそういう専門学校などもいくらでもあります。

東京で派遣社員をやっていても、その後のキャリアアップというのはなかなか望めませんが、正社員につけば

その会社でキャリアを積んで、さらに自分の求めている仕事や待遇を得るために転職をしていくというライフプランを立てることができます。

そのためには、「正社員でのキャリアを東京で詰んでいく」というスタンスが大事になってきます。

東京は大手企業や外資系企業が集中しているので、そういうキャリアアップを目指す人には夢の都市です。

なるべく若いうちに東京でキャリアを積んでいくライフスタイルを確立していきたいところです。

「自分は東京でどういう仕事をしようか」と思っているなら転職エージェントに登録して、東京でどういう仕事をすべきかアドバイスをもらうのがおススメです。

転職エージェントを利用すれば東京ならではの東京でしかできない仕事に就くことができますよ

考えるサラリーマン

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の給仕を適正に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!