ブラック職場のプログラマーが待遇の良い職場に転職する方法 

ムカつくゴミ上司

今の仕事の手取りが20万円以下だ・・・・・と嘆いているという人は多いです。

今の世の中このままの手取りで年を取りそのまま30代40代に突入といったことも珍しくなくなりましたね。

こんなの世も末だと思いますが、現実です。このページを見ている人は漠然と転職したいとおもっていることでしょう。

そんな中でもプログラマーを志望していることでしょう。確かにプログラミングの世界はまだまだネットの成熟が進むに連れて、IT業界も成長するのも誰の目にもわかります。

これから衰退してくものつくりの業界よりはかなり有望です。特に工場でモノを作っている場合は3Dプリンタの普及でもうそこまで人がいな落なる時代が迫っています。

そこでプログラマーを目指していこうという考えになりまうけど、「30代で未経験でプログラマーになれるの?」というと応えはイエスです。

プログラマーの世界は30代で未経験でも業界で人が足りていない状況なので求人はあります。

普通に考えて30代未経験での転職は難しいですが、プログラミングの世界は新しい知識がどんどん出てくる世界なので、常に勉強する必要があることがポイントです。とにかく意識の高い人で勉強するのが好きな人は向いてい業界です。日々これ勉強ってやつですね。

つまりあなたのやる気次第で、10年分のキャリアを3年で追いつくことも可能なんですね。将来のことを考えればプログラマーを選択することは間違いではないです。なので、自分のやる気次第で一気にライバルをごぼう抜きでいる可能性がります。

ここではプログラマーへの転職の注意点とポイントをご紹介していきます。

プログラマーは仕事はピンキリで仕事がキツイだけの会社もあるので注意が必要 「ブラック企業でもうだめかもしれない」の世界は実際あります

プログラマーにも種類があって、システムエンジニアからサーバーのエンジニアという種類があります。その中でも言語によって様々な仕事の種類があります。

どの種類の仕事をするにしても、先ほど述べたようにプログラミングの知識は日々変化していきます。そのため常に勉強が必要なんですね。

逆に言うと勉強して新しいプログラミングの知識を吸収していけば会社での地位は確実に上がっていくのがプログラミング業界です。

「もう僕はだめかもしれない」の映画みたいな、デスマーチがあるイメージがある業界ですが、こういった下請けブラックの会社を避けて就職すればかなり将来的に明るい業界です。

そうなんですよ、プログラマー業界もやっぱり会社によって仕事がただのブラック企業か将来性があるかどうかもかなり違います。当然ですけど、相良頼星がある会社を選ぶことは必須になってきます。それだけ、転職活動での会社選びは重要になってくるわけですね。

知識がものをいう業界なので年収も幅があり数年で年収1000万になる場合もあります。逆に数年で年収が半分になる可能性もある競争が厳しい業界です。数年先のIT業界の動向はわかりませんからね。

たとえばガラケーが廃れてスマホが普及したのもほんの数年でしたし、業界を席巻していたミクシーも今は見る影もありませんしね。それだけ流動性が高い業界なんですね。

結論は「常に勉強がして」「仕事が好き」「軽い野心がある」という人がプログラマーに向いています。

プログラマーは会社でノウハウを学んで、さらに上のレベルの会社の転職していくというステップアップが狙えます。

GMOグループ、楽天、LINE DENAなどの大手の会社にプログラマーとして入社すれば相当な収入が得られます。

キャリアを積んでガンガン仕事をする人にとっては最高の業界と言えます。その代わり絶えず勉強が必要なので、そういった常に攻めの姿勢が必要なのがプログラマーです。とにかく攻めて攻めて攻めてという姿勢がもとめられるのがプログラマーという職種です。

未経験からプログラマーになるには今すぐ転職活動をしたほうがいい

今のIT業界は技術革新が毎日のように進んでいます。そのためプログラミング業界に転職するなら1日でも若い方が有利です。そのためプログラマーに転職するには今すぐ活動を始めたほうが良いのは言うまでもありません。

たとえばプログラムの資格を取ってから転職活動を仕様とか考えていると完全に転職の機会を遅らせてしまいます。

プログラムの知識は仕事をしながら身に着けて、資格も同じです。とにかくプログラマーとしての仕事を始めてしまうのが最も早くプログラムの知識が付きます。

ここだけの話ですが、プログラマーといっても惰性で仕事をしている人も多いです。

同じ職場でずっとルーティンワークだけを行い、新しいプログラム技術を習得する意識もなく、仕事はこなすけどあまり顧客とのコミュニケーションをとらないといった、惰性の人材が8割くらいです。

あなたは残りの2割に入ればキャリアを積みながらそういった惰性の人間を数年で追い越すことができます。とにかくどんな仕事でも上位2割にの人が会社の利益をたたき出しているんですよね。そういう2割になるつもりて仕事をするのがプログラマーという仕事です。

そうすれば収入も当然上がっていきますし、さらに転職してキャリアアップすることができます。これができる人はプログラマーとしての頭角を現していくことができます。

どうしても資格が欲しいならハローワークの職業訓練校でプログラミング講習を受ける

職業訓練校は失業するとハローワークで申し込むと、職業訓練を受けることができます。

簿記や大工の技術などいろんな職業訓練がありますが、近年ではプログラミングの講習もあります。なにしろタダでプログラミングの技術が学べるのでかなり美味しいです。

ただ、授業内容はかなり大変で半年一通りのプログラムができるようカリキュラムが組まれています。

そのためかかなり詰め込みの授業で毎日5時間以上勉強する必要があるんですね。なかなか生半可な覚悟ではこなすことができない勉強量です。

プログラミングは独学でも習得可能ですが、やはり専門学校的な場所で勉強するのが一番効率的です。なかなか毎日5時間て厳しですけど、それこそどのいちプログラマーは一生勉強はついて回ります。そういう意味でも、学校で一気に知識を学ぶのは効率がイイですからね。超推すススメです。

知識だけあっても一歩踏み出さないとプログラマーにはなれない

プログラマーへの転職は未経験だとどうしても躊躇しがちです。そこを不安に思って行動しないとどんどん時間が過ぎてあっという間に数年過ぎてしまいます。

まず転職するなら自分ひとりで考えるより「相談」したほうが良いです。一人で悩み続けると決心することができません。転職は若ければ若いほど有利なので、転職エージェントなどのプロに相談するのが早いです。間違ってもハローワークとかに行ってもIT系の求人はありませんからね。気を付けてください。

転職エージェントでは、IT専門のエージェントもいて、その道のプロに相談するのが効率が最もいいです。一人で転職活動をするのは効率も悪く不安なものなんで、第三者の力を借りるのは正しい判断です。

転職エージェントは非公開求人でのIT業界の求人が特に充実しています。そのあたりを考えると転職エージェントを使うのは必須になってきます。

プログラマーに転職するには転職エージェントを利用するのがいい

プログラマーを目指すなら転職エージェントでIT担当のエージェントに相談することができます。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!