30代の薬剤師で未経験の仕事内容で転職する方法 就職先の選択と就活方法を考えて準備していこう

新卒で薬剤師になって30代というと5年以上キャリアがあることになります。それか何らかの事情で資格は取ったけど、薬剤師の仕事はしていない「ペーパー薬剤師」というパターンもありますよね。

「30代になって未経験の職場に飛び込むのって不安だなあ・・・しんどそうだなあ」と思うでしょう。

ただ、どちらにしても、薬剤師や30代はまだ若手なので、結論から言ってしまうと未経験で薬剤師の転職・就職はそれほど大変ではありません。

特に30代前半くらいならまだ未経験でもどこでも就職はできるイメージです。これは薬剤師の特権みたいなもので、資格が関係ない普通の企業だったら30代になると就職がかなりむつかしくなります。

「だったらどんなドラッグストアでも病院でも好きなところイケるなあ」と思うかもしれないですけど、

ところがですね、できれば職種はなるべく自分の適性を吟味したほうがいいです。薬剤師といってもたぶんご存知だとは覆いますが、薬局やドラッグストア・病院などでは仕事の内容が「薬を扱う」という点以外はかなり違います。

というか、別の職種と思ってもいいくらい違うんですよね。

あなたは薬剤師の資格を持っているくらいなので、かなり優秀な人です。ただ優秀な人でもやっぱり仕事の「適性」っていうやつがあります。

仕事ってこの自分の適性っていうか、平たく言うと「性格」ですよね。それがわかってないと結局、テキトーな職場を選んで後で痛い目を見ることがあります。

給料の体系も違いますし、その点もしっかり考えて転職するのがベターです。薬剤師は悪モアでも資格。働く場所で今後の人生の方向性が決まってきますよ。

ここでは、30代の未経験の薬剤師が転職・就職するときの注意点と未経験の職場での心構えを見ていきましょう。

30代の薬剤師の調剤薬局での仕事

薬剤師のメインの職場と言っていい調剤薬局ですね。調剤薬局は薬剤師の仕事の華というイメージですね。

給料もイイですし、大手の調剤薬局になると研修制度もしっかりしていて未経験の人間には助かります。

薬剤師の資格をとって調剤薬局がやはり一番やりがい的なことを感じるんじゃないでしょうか?それだけ薬剤師が大切に扱われている機関です。

未経験だと、大手のチェーンの調剤薬局は覚えることも多くてきついですけど、その分研修制度があり仕事も充実しています。

薬剤師のキャリアをつむにはとてもいい環境です。逆に小さい薬局、個人病院の付属の薬局は薬の数も少なくて仕事は楽ですけどその分知識は増えていきません。

どちらを取るかはあなたの性格や将来のキャリア形成を考えて選ぶ必要があります

こう見てみる調剤薬局っていいことばかりのようですが、薬局は狭い範囲での人間関係で固定されるので、そこに落とし穴もあるんですね。

未経験で入ったりして、そこにパワハラ上司や陰湿な先輩がいたらどうでしょう?当然、標的にされていいようにパワハラ・いじめ標的になります。薬剤師といって人間性までは勉強するわけでなないので、イヤな人間は必ずいます。

狭い人間関係なので、たまたまみんないい人ということもありますが、こういうイヤな人間がいると「人間関係から逃げられない」といことがあります。

実際、お局様薬剤師とか、嫌味な先輩薬剤師とかドラマ顔負けのイジメとかもあります。まあそういう人間関係が悪い職場だったら、割り切って辞めて別の調剤薬局に行けばいいことです。そこまで考えすぎると就職する場所が無くなってしまいますしねえ。

薬剤師は基本女性が多いので、こういう人間関係のこじれはどこでもあります。そういう時に割と楽に転職できるのも資格を持っている薬剤師の強みなので、万が一人間関係が悪い調剤薬局だったら、さっさと転職してしまえばいいです。これはガチでそう思います。

大きい職場なら、なるべく接することが無いようにもできますが調剤薬局は小さい世界です。逃げ場がないのでこういう上司や先輩にあたったら毎日嫌な思いをします。

そこまで想定して転職するのが無難です。そういう意味では転職活動をするときになるべく職場を実際に見ておくとか、転職支援サービスを利用して、職場の情報を聞いておくとかの対策は必要になってきます。

30代の薬剤師のドラッグストアでの仕事

ドラッグストアは調剤薬局とおなじ、最近では薬剤師のメジャーな就職場所ですね。

ドラッグストアに行くと調剤薬局が店の中や店の横にあったりしますよね。あそこで働くことになります。

ドラッグストアは意外と給料も良くて、店長になったりすると年収も600万~800万円と責任に応じた給料をもらうことができます。

ただ、ドラックストアは行った人なら見たことがありますが業務内容がたくさんあって、薬剤師さんがレジを打っているのをよく見かけます。調剤が暇なときは店を手伝ったりするドラッグストアも多く、接客やクレーム対応も基本できなれれば仕事になりません。

肉体的にも動きが多いので、疲れることもあります。普通の調剤薬局と大きく違う点ですね。

特徴はどのドラッグストアの会社の経営方針によって大きく仕事内容の忙しさが変わってくるということです。

いわゆる「ブラックなドラッグストア」も普通にあるので、そういう店に就職しないように転職支サイトなどで情報をしっかりとキャッチしていくとが大切です。

とまあ、個人的には薬剤師の資格を持っていてあえてドラックストアに勤める必要ってないような気がしますよね。薬剤師自らレジ打ちやったり、品ぞろえをしたり、薬以外のことでのお客さんのクレーム聞いたりするっていうのもちょっと違うような気がします。

せっかくとった資格を生かした仕事をするべきなのが薬剤師です

ドラックストアに勤めるなら、一度その店を見て、完全にドラッグストアと調剤薬局の仕事が完全に分離しているようなドラックストアを選んでいくべきですね。

あなたが調剤薬局の求人がどうしてもない時にはドラックストアの薬剤師の求人も視野に入れていくというスタンスでいいと思います。

30代薬剤師の病院での仕事

病院の薬剤師の仕事は基本ハードです。ただ、病院での仕事は一番仕事の幅と知識が広がります。

未経験の薬剤師としては30代くらいが病院に転職するには年齢的に限界が近いです。それだけ病院に就職するにはハードルが高いんですね。

薬剤師としてキャリアを積んでバリバリ仕事をしていく気概のある人にとっては病院はイイ環境です。医師や看護師との連携をして、直接患者さんとのやり取りからも得られる経験は計り知れないです。

ですので、病院は勤める人の質を選びます。仕事をのんびりやりたい人にはまったく向いていいません。かといって給料が特別高いわけではないので、いわゆる「意識高い系」の人でないと挫折します。

平たく言うと、

「薬剤師の仕事に誇りを持っていて、一生続けていきたい。給料より仕事をやりがいにしたい」

という人が病院の薬剤師に向いています。当然病院に来る人たちに直接役立つことができるというのは、とてもやりがいがありますし、仕事として素晴らしいことだと思います。

これは薬剤師に対する仕事の価値観ですね。とにかく薬剤師の仕事が「好き」で「ライフワーク」にしたい人は病院薬剤師には向いています。仕事をしてくうえでなんだかんだで、一番だいじなマインドなんですけどどねこれって。

仕事の「キャリア」「やりがい」「将来薬剤師をずっと続ける」という意識が高い人は30代で未経験でも病院を選択するのがベターでしょう。

30代の薬剤師の企業での仕事

薬剤師で30代での転職、しかも未経験となると求人自体がほとんどありません。

どんな会社でも新卒が一番有利なのは間違いないのですが、企業での薬剤師の仕事はMR(薬の営業)研究職、開発職と多岐にわたります。

どれも本気でキャリア志向でないとやっていけない仕事ばかりです。30代で企業に就職希望といのはそういうキャリアを極めてみたいという強い意識が必要です。

30代になってから未経験で企業に薬剤師として入りたい場合は、企業の上層部などと知り合いやコネがあったほうがいいです。そういうものが無いとなかなか、未経験での入社は正直きびしい・・・

まともな方法で週するには転職支援サービスを利用するわけですけど、それをやっていくにしても、やはり知り合いなどのコネクションを同時に探していくのがベターです。企業はどうしも新卒一括採用をじゅうしするので、このあたりは致し方ないという面もあります。

ただ、やはり求人数が少ないので、方法としては「転職支援サービス」に登録して情報収集をしてもらうことが前提になってきます。

未経験の場合できれば大手の研修がしっかしたところを選ぶ

こういった種類の職種でもやはり未経験だと、「大手の研修がしっかししたところ」がいいです。これはガチです。

未経験で就職でしかも、教育係が適当な先輩だった時のあの苦痛は厳しいものがあります。研修って大事ですよ。基礎ができてないと現場での応用ができるようになるのが、ものすごく時間がかかります。

これって未経験者にとって大きなストレスになるんですよね。ただでさえ未経験で人間関係とかのストレスもあるのに、教えてもらうことがテキトーだとストレス倍増になります。

実務の研修みたいな制度はやっぱり大手がしっかりしています。規模が小さいというか個人のや極な仲はOJTとかの制度はぶっちゃけテキトーです。

もしそういう教育制度がしっかりした職場に行きたいなら、大きい規模の薬局や会社の傘下にある薬局ドラッグストアを選ぶべきです。

可能であれば大手の研修制度がしっかした就職先を転職支援サービスで探してもらうのがいいですね。

未経験で転職を深堀してみると結局人間性にいきつく

30代で未経験といっても、たとえば普通の企業に就職していて異動してまったくやったことがない仕事をやらされるというのはザラです。

しかも異動して引継ぎが3日とか一週間とかで、いきなりやったことが無い仕事を一人でやらされるわけです。

こういった経験を普通の企業に勤めている人はいくらでも経験してるんですね。かなり辛いですし、しばらくは職場でフル回転状態です。

薬剤師でもその点は同じで、未経験でもいきなり仕事をやらされることもありますよね。

ただ、薬剤師の場合は扱っているものが薬なので、ミスは厳しいです。それだけ神経を使う仕事です。どうしてもわからないことは最初はたくさん出てきます。というかわからないことだらけになるでしょう。

そういうケースでも謙虚に教えてもらうという姿勢があれば、よほどキチガイ上司や先輩でないかぎり教えてくれます。

普通の企業でも、薬剤師の職場でもわからないことは聞くべきですし、一度聞いたことはメモに取るなどして二度と聞かなくていいようにするのが大切です。

意外とこういった「メモを取る」などのことができていない人がいます。普通の会社を経験んしている人なら普通にやっていることなのですが、バイト経験しかない人や未経験で初めて就職する人はこれをやっていない人がいます。

そういう姿勢を教える側は見ています。覚えようとする意志があるかないかとても大事です。

物覚えが良い悪いは人間なので個人差があるのですが、やはりその聞いたことを自分なりかみ砕いて仕事に生かしていくという姿勢が大切になってきます。

これができる人は、未経験でもたいていの職場でうまくいきます。逆にできない人はうまくいきません。

30代の未経験での薬剤師は目的をはっきりさせよう

30代での転職は40代50代へのステップアップのための転職という位置づけになります。

まず、何が目的なのかをはっきりさせないと途中で迷走するケースもあります。

収入をアップしたい
企業に入って、バリバリ仕事をして出世する
今後の仕事のためにキャリアアップで知識と経験を磨きたい
結婚までのつなぎ
いまの職場の人間関係がつらすぎるから転職したい

などのケースがありますが、一度自分がどうして30代で転職したいかを書き出してみるのが良いでしょう。

書き出してみることで、「それならこういう職場のほうが良いな」ということも書き出せるはずです。

実際書き出してみないと人間なっかなか自分のことってわかっているようでわかってないでんすよね。

そういう作業をじっくりしてから、30代で未経験でもいいから転職しようという価値のある職場が見つかると思います。

ただ、一人で転職活動をするのは大変で効率的ではありません。

「自分の目的はわかったけど、転職活動ってどうすればいいんだろう?」というケースならば「薬剤師の転職支援サービス」を利用するのをおススメします。

薬剤師の転職支援サービスを利用しよう

綱渡りするスーツの男
転職支援サービスは転職のプロのアドバイザーがあなたと面談をして希望に合った求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

ブラックな薬剤師の職場はもう終わりにしませんか?
ブラックな薬局・病院に関わらない人生には転職支援サービスが必要です。ブラック職場の無い人生を選択しませんか?
転職支援サービスの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加