時間のない社会人サラリーマンが筋トレするなら絶対ホームジム HMBも飲んでます

筋トレするボディビルダー

時間のないサラリーマンが筋トレすrなら絶対ホームジムです。なぜなら私自身がジムに通う時間が無かったからです。

普通に仕事して夜9時ごろ帰ってきてそれからジムに行く・・・・これはキツイ・・。土日は平日できない用事があってなかなかジムに行けないということがおおかったです。

なによりジムに行っても、例えばスクワットやりたかったのに、スクワットマシンはパワーラックが使われていて、待っている時間あったり、結局できなくて違う部分の筋トレをしたりと時間の効率が悪すぎます。

ジムに通う荷が生き返りで1時間かかって、自分の目的のマシンが空いている可能性も50%くらい。ジムで実質筋トレをしている時間が40分くらいとして、待っている時間が40分から1時間くらい。合計2時間以上の時間の無駄です。

もし、その筋トレが家でできるとしたら・・・・いつでも筋トレできて、着替える必要もありません。

そして何より待つ必要が無いのが良いです。あとジムに通う気力が無くても、自宅でバーベルを持てばイヤでもトレーニング開始できます。

ホームジムを作っておけば時間の解消にもなるし、筋トレがいつでもできるという、忙しい会社員のサラリーマンにとっては最高の筋トレライフが遅れるわけです。

「でもホームジムって高いんじゃないの??」

「スペースがないようちマンションのワンルームだし」

とそういう人でも、工夫次第でホームジムは作れます。ジムに行くよりはかなりお金の節約にもなりますし浮いたお金で、しっかりとした質のイイプロテインを買うこともできます。

鉄筋コンクリートのワンルームならパワーラックを置いても大丈夫 床にコンパネとゴムマットを敷けばOK

まずとにかく「パワーラック」か「ハールラック」を買ってせえっちしてしまうのがおススメです。

筋トレ器機を細かく買うよりこの「パワーラックorハーフラック」と「バーベル」と「インクラインベンチ」があればもう感性です。

この三種の神器を購入して、あとは床の補強と傷防止のために「コンパネ板をしいて、ゴムマットを敷く」ということをすればOKです。

ただ木造のマンションでしかも2階に住んでいる場合などは耐久性もあるとおもうのでそのあたりは自己責任でお願いします。

鉄筋コンクリートのマンションなら普通のラックやバーベルを置いてもそうそう床が抜けるということは無いと思います。

まずパワーラックとはこういう感じのものです。

もし部屋がせまくて圧迫感が気になるるなら「ハーフラック」もあります。これは自分の住んでいる環境に合わせて購入するのおおススメします。

バーべセットはこのあたりがいいですね。自分の今の筋トレレベルに合わせて購入するのがイイでしょう。

「インクラインベンチ」は角度を変えることができる器具です。マルチタイプのものもあるので、そういうのを買うと
他にものが必要なくなります。こんな感じです。

とりあえずこういった「三種の神器」を購入しておけば筋トレでこまることもないでしょう。いやあいいですね家で筋トレがいくらでもできるというのは。

マンションや自宅の床の保護はこういう感じでやるといいです。それほどお金もかけずに床を保護できます。

できればバーベルがあったほうが時間の効率がいいです ダンベルもイイですが限界があります

ここで「ダンベルだけでいいんじゃね?」と思うかもしれません。

ぶっちゃけて言うとダンベルだけでもトレーニングはできます。ただ「効率よく筋肉を発達させる」というためにはどうしてもある程度の重量でバーベルをつかうひつようがあるんですよね。

なにより、「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」の筋トレビック3を家出できるようにする・・・これがホームジムの最大の目的です。

ベンチプレス

スクワット

デッドリフト

これができると、時間も少なく筋肉を増大できるのでできればバーベルを扱える環境を作っておきたいです。

そのためにはやはり「パワーラックorハーフラック」を置きたいところです。結局細かい筋トレ器具をたくさん買うよりパワーラックを最初に買ったほうが結局安く済みますし、スペースも取りません。それだけ費用対効果が高いので超おススメです。

プロテインはゴールドジムのものが質もイイです筋肉の付き方がまるで違う

あと大事なのは、食事やプロテインをしっかりととることです。どうしてもサラリーマンは忙しいので食事で栄養補給はしにくいです。

せっかく筋トレしてもタンパク質をしっかりとらないと、筋肉ははったつしません。

筋トレしてる人は体重のキロ数の二倍のg数のタンパク質が必要です。たとえば体重60㎏の人ならタンパク質は一日120g必要です。このくらいタンパク質をとらないとなかなか筋肉は増えていかないんですよね。ちなみに筋トレをしてない人は60gで大丈夫です。

これ実際筋トレしてる人ならだれでも知ってることなんですけど、なかなかタンパク質って食事だけでは取れません。

たんぱく質を取りながらHMBもとるのが一番いい組み合わせなんですね。プロテインとHMBを飲んでいるとホント筋肉の付き方が違いますよ。

HMBとは、筋肉を作り上げる時に重要なロイシンの代謝物質です。必須アミノ酸の一種なんですね。

筋トレに必要なのはタンパク質とこの「必須アミノ酸」です。

HMBの量が少ないと結局筋肉の成長はあまり期待できないんですね。たんぱく質とアミノ酸の相乗効果がとても大事なんです。

プロテインとHMBを同時に取るようにしてから、筋肉の付きが全然違ってきました。

もちろんプロテインだけでも筋肉はつくんですが、HMBを飲み始めてからは自分の感覚だと1.5倍は筋肉の付き方が違います。

あ、もちろんHMBを飲むだけじゃ筋肉つきませんよ。筋トレしてタンパク質とってHMBを飲むと効果があるってことです。

せっかく筋トレするならHMBを飲んだほうが効果が全然違ってました。すんごい助かっています。

→私の飲んでいるHMBの詳細はコチラから


時間のないサラリーマンはいっそのことホームジムを自宅に作ってしまうのが初期投資だけで済むのでコスパ的にも良いです。

トレーニングジムでの待ち時間にウンザリしている人にはお勧めの選択です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする