第二新卒の転職でのマインドと空白期間対策 ブラック企業捕まらない方法

見上げるサラリーマン

第二新卒の枠を使って転職したいというあなた。すでに新卒で入った会社が

「自分の考えていた仕事と全く違った」

「いや入ったけどブラック企業だったよマジで」

「この仕事を一生やるのは無理だ・・・」

みたいな展開になっているのでしょう。その状態でズルズルと3年くらい勤めてしまうと、第二新卒の枠を使った転職活動も年齢が行き過ぎて活動不能になってしましまします。

まずさっさと辞めたほうがイイっていうのが結論ですね。

よく「3年は我慢しろ理論」がまかり通ってますけど、あれはちょっと微妙です。結局、行動するのを「束縛する」ためにそういう情報を流しているだけなんですね。

余談ですけど、日本はサラリーマンが増えてくれれば税金をたくさんふんだくれるので、なるべくなんも考えずにサラリーマンになってほしいわけですね。だから、とにかく「会社は我慢してずっと勤め続けるのがかっこいい人」みたいなちょっと意味不明な価値観ができています。これに洗脳されると何も考えない思考停止の社畜が完成します。

こういった思考停止になる前に、準備をして第二新卒の枠をつかってサクッと転職したほうが今後の人生うまくいきます。

第二新卒での枠の転職活動のポイントはどういったものなのでしょうか?

まず、転職活動は在職中でも退職してからでもあまり変わらない20代前半なら退職してからのほうが楽に転職できます

転職は仕事をやっているうちからやる方が安全でが、第二新卒のケースだと内定をとれるまでの期間が長くなることが多いんですね。

そういう場合は、働きながら転職活動をするのはかなりキツイです。入ったばかりの会社で仕事をしながら転職活動はちょっと無理目な活動ですね。しかも会社ば激務のブラック企業だったらちょっと働きながら転職活動は不可能です。

第二新卒の枠であれば、退職してからの転職活動で充分です。会社を辞めてしまってもそれほどマイナス印象にはならないからです。

20代前半であれば、職歴はハッキリ言ってほとんど問われることがありません。

そんなことよりズルズルと勤めるほうが年齢が上がってしまって転職に不利になっていくのは目に見えています。

裏技的な方法ですが、ブラック企業に勤めているなら、心療内科にいって診断書をもらって休職しながら転職活動をするという方法もあります。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

また、第二新卒での枠出の転職はとにかく「早めの行動」が鉄則です。あなた以外にも転職するかどうか悩んでる人はいますが、

そこで、成功するか知っぱするかは「行動を取るのが遅かった」という人は失敗して市う確率が格段に高くなります。

なぜなら、第二新卒は圧倒的に内定をもらいやすいですけど、年齢制限(25~26歳くらいまで)があるので、だらだら新卒で入った会社に勤めてしまうと一瞬で年齢制限を超えてしまうからです。

第二新卒での転職に悩んでいるのあなただけではありません。なるべく早い行動を取ることで、第二新卒での

就活を有利に展開していくことができるのです。

ブラック企業に入ってしまったら入社一年目でもさっさと会社を辞めて第二新卒の枠をつかってまともな会社に転職してください。その行動が遅いと、年齢だけいってしまって悲惨なことになります。3年は仕事を続けろとか言う洗脳に騙されないでくださいね。ホントそう思いますマジで。
新卒で飲食業に入ってしまったら高確率でブラック企業です。新卒だとそういう情報もないかもしれませんからね。間違って入ってしまって辞めたいと思うのは当然です。その時はすぐに辞めて第二新卒の枠で転職すればいいんですよ。下手に勤めようとしてもどのみち体を壊して退職することになりますからね。辞める時の行動方法をご紹介しています。

退職後の空白期間対策は勉強していたかバイトしていかかの二択ですね

新卒で入った会社を辞めると、どうしても就職までの空白期間ができます。会社を辞めてすぐに転職出来て内定をもらえれば

ベストですけど、なかなか現実には半年から1年くらいの、就職までの空白期間ができます。

その場合は、

「転職活動しながら勉強をしていた」

「転職活動をしながらバイトをしていた」

とこれで充分です。

実際何か資格の勉強とかしていたなら一番それが受けがいい理由なので迷わず空白期間の理由に使いましょう。

また、勉強していなくてもバイトをしていたというのも立派な理由になります。とりあえずの生活のためにバイトをするのは当たり前ですからね。そこは恥じることはありません。

実際にバイトしていなくても「バイトをしていた」と言ってしまえばいいです。大学の時にやっていたバイト経験をそのまま使ってもイイですしね。

そもそも第二新卒の就活での空白期間はそれほどマイナスにはなません。面接官も状況はわかっているので、そんな部分で

合否を判断することはないので安心してください。

ブラック企業に捕まらないためには転職エージェントを利用することで解決できます

第二新卒での転職で大事なことは、とにかく

「自分がやりたい仕事を見つけてその会社にハリいること」

「焦って就活をしてブラック企業に引っかからないこと」

ですねこれに気を付けながら一人で就職活動するのってかなりハードルが高いです。

実際まだ若いですし、自分のやりたいこととか把握してない場合も多いです。しかも経験も少ないので、ついつい就活に焦りが出てきてしまうのもしょうがないですからね。

実際、第二新卒の就活を始めても自分がどう動けばいいのか具体的にわからないケースも多いです。

また、実際にイメージする仕事と実際にやってみると全くイメージと違う仕事ってありますからね。

銀行とかクリーンな感じのイメージですけど、実際やってる仕事は泥臭い本当に細かいストレスのたまる体育会系の仕事だったります。

そういう実際の仕事がどういうものか知るには実際の会社がどういう状況なのかを詳しく知る櫃があります。

そのためには第二新卒専門の転職エージェントを利用するのが必須です。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、しっかり希望を聞いてくれます。その希望に合わせた求人をピックアップしてくれます。

また、転職エージェントの求人はしっかりとエージェントが審査しているので、ブラック企業はありません。

そう第二新卒で一人で活動すると厳しい状況になりますが、転職エージェントを使うと一気に効率が圧倒的に上がります。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!