入社1年目で新卒で入った仕事を退職したいときの対応方法 自分の意志で行動すべき理由

ビックリする考える人

新入社員で会社に入ると「退職したい」と思う人って100%じゃないですかね?というか本気じゃなくて一瞬でも「退職したい」と思うなら100%になります。絶対に。

新卒で入る会社ってアメリカのインターンシップとかと違って、会社を「実体験しないで」入るわけじゃないすか。

せいぜいOBの話聞いたりするくらいで、あとは会社のうわさとか2ch見たりするくらいしか情報がありません。

わざわざブラック企業とさんざん言われているところに入ったなら、覚悟はできていると思いますが、入ってみたらとんでもない会社だった・・・こんなにブラックだったとは・・・というの本当によくあるケースです。

まあ、いくら根性があってもブラック企業でやっていくのは不可能です。やっていける人がいるなら心の底から尊敬します。

結局、新入社員が一年目で辞めてしまうりゆうは、「ただ根性がないくて退職する」か「本当に会社がブラックで限界だから退職する」かどっちかですね。これの中間位もありますけど、おおよそこうです。

まあとにかく、会社に入ったらキチガイ上司とか意地悪しかしないリーダーとかいっぱいいますしね。魑魅魍魎の世界です。こんな世界で働くサラリーマンは本当に凄いと思いますよ。

ただ、個人的には別に辞めてもイイと思います。年功序列も無くなって、給料も上がらず、ポストも空いてないので出世もできない会社でしかも、ブラックとかだったら辞めるでしょうそりゃあ。どんだけドMなんだってことです。

どちらにしてもその「退職した後」がとても大事です。いまでは幸いにも「第二新卒」という枠もありますし、

それほど退職することは恐れる必要もないです。昔の価値観を押し付けてくる人は「根性がない」理論を振りかざしてきますが

もうそんな時代じゃないです。働くことがイヤというのとは違いますしね。「まともなところでしっかり働きたい」

と思うのはだれでも思うことなんですよね。

ここでは新卒一面目で辞める場合のケースや対応方法をご紹介します。

たしかに一年目で退職すると世間の目は冷たいです ずっとフリーターで過ごすのは避けたいところです

たしかに一年目で辞めると世間の眼って冷たいですよ。親とかはまだ「会社は一生同じところに勤めるもと」っていう価値観を持っている人も多いです。

大学までやってきてリア充だった人がいきなり一年目とで辞めるとなると、そりゃあ「人生最初の挫折」になるからです。

これって結構な衝撃でたぶん数か月は何も手が付かなくなるくらいショックなんでしょうね。そんな気がします。

ただ、辞めるといってもそれなりに理由があるわけですし、今時の会社は若い労働力をいいように低賃金で利用しているだけなんでそこまで深く考える必要もないです。辞めて次の会社に行くことだけかんがえていればいいんですよね。

まずいのはそのあとバイトとかに走って、バイトのい心地が良くて、そのままズルズルとフリーターになってしまうことです。

そうなるとさらに世間目もきつくなる上に、人生もきつくなってきます。ダブルパンチです。バイトをつなぎでやるのはいいですけど、フリーターに馴染んてしまうのは避けたいところです。

辞める人って結構います 入社一年目ってかなり多いですよ

「一年目で辞めるってヤバいんじゃないか・・・」と思う人も多いですけど、辞める人多いですよ。ブラック企業とかなんか一年目で8割くらい辞めますし、新規開拓営業とかも半分くらい辞めます。私は地元でも有数の地銀だったですけど、2割くらいは辞めていきました。

共通してるのはわかりやすいですけど「仕事がキツイ」ことですね。比較的緩い仕事の同級生とかは普通に勤めてました。

こんなもんです。仕事がキツイから辞めるっていうのはごくあらりまえなんですよ。その仕事しか選択肢がならそこでアウトですけど、ほかにも仕事ありますしね。そこまで思い詰めることはありません。

ただ、世の中というか教育では「一年で辞めるのは根性無し」「なんでも3年は勤めたほうが良い」みたいなことを言っています。

これって、単純にハードワークでも我慢して働く人が増えるように、教育で洗脳してるだけなので気を付けたほうが良いですよ。

マジメな人ほど「辞めたら俺はもうダメだ」てきな悲壮感漂った感じになってしまいます。楽天家のほうがぶっちゃけ転職とかしてわりと緩い仕事を見つけて楽しくやっているものです。

マジメな人は学生まではいいんですけどね、横並びですから。勉強とか点数で出るから頑張れば割と努力が報われます。

社会い出ると「マジメなだけ」な人はいいようにきつい仕事をやらされて、使いっぱにされます。いい仕組みですよね経営者としては「マジメなだけ」の人種が増えてくれれば最高なんです。こういった人種は対して文句も言わないので、理不尽なこを言っても全然だまって仕事してくれる奴隷です。

そういう事情があるので、一年目で辞めるってのはそれほど気にすることは無いです。もっと自分を大事に自分ちゅうしんでいいんですよ。仕事位そういう考えていても罰は当たりません。

3年耐えろとか言う格言はもう聞き飽きました そのおかげで体を崩す人続出してますから

事あるごとに出てくる「3年は耐え無いとその仕事の良さはわからない」とかいいます。たぶん辞めるというと上司や両親や知り合いはたいていこれを言うでしょう。

けっこう無責任なんですよね。これって。たとえばパワハラ基地外上司がいたら、毎日そんなのにパワハラうけてたら数か月も高いですよ。もって半年から1年です。そして「うつ病」になりダウンしてい、回復に数年かかってしまう結果になります。

3年耐えたら死んじゃいますよね。そういう事情ってわかってるんですかね。もちろん、あなたがテキトー理由で会社を辞めるなら同情はできませんし今後の人生もハードモードになりますけど、普通に耐えがたい理由があってやめるなら、なるべく早いほうが良いんですよ。

なので、「3年は我慢したほうが良い」みたいな言葉を吐く人はその言葉に責任をもってほしいと言いたいです。

おかげで、防ぐことができた「うつ病」とかを防げなかったパターンがいくらでもありますしね。もう根性論はいいです。辞めてほしです。

辞めるなら早いほうが良いです。そして次のきちんとした職場を探す方が、全然人生でうまいたちまりですよ。そのくらいの行動力がないと、今時はいいようにどうしようもない会社にこき使われる人生が待っています。

今では「第二新卒」の枠での求人も多いのでそれほど恐れる必要はない

今では普通に「第二新卒」の求人も多いです。思うんですけど、第二新卒のほうが良い就職ができるような気がします。

なぜなら、一回失敗してるので転職に慎重になりますしなにより自分が辞めた理由がわかるので、今度はそういう理由がないような会社を選ぶからです。

私の周りでも転職した人であんまり「転職失敗した最悪だよ」という人はいません。たいてい「転職してよかった」というケースがほとんどです。やっぱり失敗をするとかなり勉強になりますし、いわゆる「やばい会社」ってのはすぐにわかる嗅覚が身に付きます。

あと、いったん辞めたりすると、まあ辞めた会社がいかにキツかったとかというのもわかりますしね。会社の比較経験ができるというのはかなり重要です。

これくらいなら耐えられる、という線引きができるからです。次の会社も務めてみて「ああこれくらいならいけそうだな」という感覚があれば、長く勤められるでしょう。

自分のこういった感覚を大事にしていくものかなり大事ですよ。猛威とぢいますけど、第二新卒で優良な会社でかつ知名度が無くて人が集まらないといった会社が、いっぱい求人を出しています。

そういう会社のほうが案外よかったりします。なので新卒一年目で退職してしまっても「人生オワタ」とかじゃ全然ないのでポジティブにいってください。

そこまで我慢する必要ない時代です 社会の構造が違いますからね それより次の職場を求めていきましょうよ

というわけで、新卒一年目で会社を退職してしまっても、おかしくないといのはわかったでしょうか?

だいたい社会の構造が昔と違いすぎます。こんだけ正社員率が低くて非正規社員率が4割という時代。昔は全員普通の会社は全員正社員でした。

今は少ない正社員で仕事を押し付けられて、しかも低い賃金で仕事をやらされて昇給もない。こんな社会です。

そんな状況で会社の選択肢もなくて一度入った会社で勤めあがるなんてただの無理ゲーです。最初に入った会社がおかしかったらなるべくは無く見切りをつけて、第二新卒として転職活動を行いましょう。

その時にまた求人情報を集めたり、履歴書を書いたりするのは一人ではかなりキツイです。その場合は転職エージェントでエージェントにアドバイスを受けて効率のイイ就活をしましょう。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!