派遣社員の30代女性が正社員になる方法 派遣での経歴をアピールすれば正社員にれますよ

喜ぶスーツの女性

女性の場合は30代で派遣をしているのも普通です。

結婚をして出産後についたのが派遣だったり、会社がつぶれたりつなぎで派遣とか、もしくは新卒で会社がブラックだったので辞めて今は派遣で働いている・・・そんなご時世です。派遣も当たり前なのは情報でみんな知っています。

ただ、いったん派遣社員になるとたしかに正社員になりにくいのは事実です。おなじ仕事をしていても正社員での職歴のほうが票かされたりするのはしょうがないですしね。その辺の偏見は辞めてほしいのですが、日本はそういう国なので割り切っていくしかありません。

派遣社員は本当に切ない時があります。人件費削減というと「とりあえず派遣切り」といのはもう会社の情手段です。

とにかく派遣を切って人員の調整に使っている会社がほとんどです。これはもうなくならないですね。

また、よくある「派遣社員でも正社員の登用アリ」というケースで何年も派遣で働かされて、いざ正社員を打診してみたら「やっぱり派遣から正社員は無理だわゴメンねー」みたいに会社言ってきます。私の会社では派遣社員も数百人いますが正社員になった人は一人もいません。

結論から言うと、派遣で働くメリットはほとんどありません。あくまでも「つなぎ」としての派遣社員ならメリットはありますが、

生活のため、食って行くために働くなら派遣社員で働き続けるのは今の日本ではデメリットのみです。

それも年齢が行けば行くほど、派遣としても雇われなくなってきます。40代50代になると派遣社員としても雇われなくなります。

なぜなら派遣社員でも「若い派遣社員」を優先して採用するからっです。総務課にいたころ派遣社員の採用を担当していましたが、40代50代の派遣社員はなるべくお断りしていました。

会社側としてはこんな感じなんですよ。その人個人が人格がイイとかそいのはあまり見ないです。

あなたが30代女性で派遣社員なら、この世代ならまだ正社員への転職もそれほどむつかしくはありません。いや難しいですけど普通に正しく転職活動をすれば正社員になれる可能性は高いです。ここでは30代女性が派遣社員から正社員になるポイントをご紹介します。

派遣といってもやっていることは正社員よりレベルが高いケースもある採用担当もそれがわかっている

まず、派遣社員だからといって自分を過小評価する必要はないです。私の会社でも正社員でも何も仕事ができない人もいます。派遣社員のほうがよっぽどてきぱき仕事をしてくれます。

これって何が違うのか?というとただの「運」と「タイミング」です。高卒で入ってきた人は学校推薦とかで入れますし、大卒でも面接の受けがよかったら入社できるのが会社です。高卒の推薦とかってひどいですよ。ただのヤンキーみたいなのを推薦でそこそこの会社に入れてしまいます。あとで会社はこうかいしますけどね。大学卒でも同じです。面接だけで仕事ができるかどうかなんで判断できないんですよ本来。

これを言ってしまうとおしまいですけど、逆にいえば、30代派遣の女性でも中途面接で印象が良ければ正社員になれます。

ここでよく「資格が無いと正社員になれない」とか言って、資格取得に時間を割く人がいますけど、それはナンセンスです。

その時間を、「優良企業の正社員の中途採用の求人を探す」ことに使ったほうが100倍いいです。

正社員の転職はもちろん、資格だとかスキルだとか実務経験を言うところもありますが、中途採用ではそういうことをあまり重視しいない会社もかなりあります。面接で好印象を与えれば採用というケースが多いです。特に女性はそういう傾向がありますね。

ただ、そういう求人はハローワークとかには無いですし、求人誌にも乗ることはマレです。ちなみに私は知人から求人をしているということを聞いて、会社に電話してその会社の中途採用で正社員になりました。

意外と新聞に直接求人を出したり、転職エージェントに非公開求人として求人を抱いている企業が多いです。中途採用や第二新卒でこのケースが多く締めます。

なので、求人をチェックするのは求人誌のみとかだと致命傷なんですよね。まず求人をいかに探していくかを重視しましょう。

正社員の求人を探し続ける人が最後にはかつというパターンがリアルな現実です。

30代はまだまだ普通に正社員になれる世代です 正社員になれないのは転職活動のほうほうが正しくないからです

あと30代ならまだ正社員には普通でな慣れます。うちの会社にも34歳とかでも未経験で中途採用で入ってきます。

さすがに40代くらいになると、そこそこの経験(管理職の経験)などがないと厳しいですが30歳くらいならまだ余裕です。

これも逆にいうと、30代のうちに正社員になっておかないと厳しくなります。これは言わなくてもあなたが一番よくわかっているかもしれません。

いまのうちに、求人を探して、履歴書を工夫して書いて、いままで派遣社員でやってきたことを自信をもってアピールするのがなによりオーソドックスですが一番早いです。

特に20代くらいだと正社員でもそんなに大したことはやらされていないので、派遣社員と大して変わりません。

今のご時世では派遣でもバイトでもかなりきついことをやらされるのも、ブラック企業で会社を辞めてしかたなく派遣社員をやっている人がものすごく多いというのは採用担当もわかっています。「正社員の職歴」のみが神扱いされるっていうこともだんだんなくなってきましたね。どうして派遣をやっているか聞かれたらきちんと説明できるようにしておくのもポイントです。

だから30代くらいなら素直に派遣社員での経験をアピールすればそれで事足ります。そこで自信を持たないで、おどおどしているのが一番いけまません。ハッタリでも堂々と面接をうけて受け答えするのがとても大事なことです。

そういう面接でアピールするポイントなどは転職エージェントに登録すればプロのエージェントが的確にアドバイスしてくれます。

ここです。プロのアドバイスはかなり正確です。なぜなら専門的にその仕事をやり続けているので、それこそデータと経験が違います。

派遣の仕事から正社員になるにはこういうアドバイスを受けたり、求人を探してく効率を高めることがなにより大事なポイントになってきます。

転職エージェントで求人を探してもらって、面接のアドバイスを受けよう

転職エージェントでは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくる優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!