ブラック企業の象徴「自爆営業」は違法なのでその職場は辞めるべき理由

しかめっ面する営業

このページを見てるってことはあなたは自爆営業をしてるわけですよね。自爆営業のある会社ってそもそも違法じゃないんですかね?

どうですか自爆営業するって、納得してますか?納得してる人は一人もいないでしょう。少ない賃金の上にさらに自分で自社の商品を買う・・・

これって普通に労働基準法違反、強要罪なんかで普通に犯罪です。でもどうしてうやむやになっているかというと、これによってモノが一応売れたことになってるからですね。

普通に政府も黙認してます。政府は経済が回ればいいわけです。ということで、自爆営業は永遠に無くなることはありません。

というわけで、あなたがその会社にいるかぎり「一生涯」自爆営業をしていくわけです。

そんな会社に一ミリでもいたくないですけど、辞められない理由があるから自爆営業までしてその会社にいるわけですよね。

「この会社を辞めたら次に行くところなんてない」

「転職なんてできるわけがない」

「一生一つの会社で勤めるのが当たり前だから我慢して自爆営業でもなんでもしよう」

とか思っちゃってるなら、完全に考え方がおかしいです。もちろん他にも辞められない理由がありますけど、そもそも、自爆営業をやっている会社に未来があると思います??長期的なスパン(5~10年くらい)で見ていくと確実にそんな会社傾いてきますよ。もしくは、会社自体がつぶれなくても、さらに状況は悪化して自爆営業はハードになっていきます。

だって、自爆営業をしてるってことは、そういう風にしないと「自社の商品が売れない」といういうことです。

普通に販売して物が売れないということは、世間から見て「買いたくもない魅力のない商品」だからです。

そんな商品に固執して売り続けている会社はもはや効率のイイ経営をしているとはとても思えません。

ぶっちゃけて言うと、郵便局の年賀状なんてもう時代遅れというか書く人なんていませんよ。今の20代くらいの世代で年賀状書いてる人なんていませんからね。

関連記事

郵便局員は下手なブラック企業顔負けのきつい労働環境になっています。自爆営業、夜遅くの配達、限界を超えた配達物の量。顔負けというよりすでに民営化してるのでブラック企業ということですよね。ブラック企業大賞いも顔を出してますしね。実際どういうふうに激務な子かを見ていきましょう。その上で郵便局員は改めて辞めたほうがイイというのを再認識しましょう。

そういう時代に合っていないモノを無理に売ろうとしている発想自体がもう企業として終わっています。

ビジネスは常に「時代に合ったニーズに合った商品を作る」「お客さんが満足するもの」を作るというのが基本です。

こんなの中学生でわかりますからね。ということで自爆営業をしてる会社はもう完全会社としては「終わり」ということです。

自爆営業の会社をなんで辞めないの?転職先が無いと洗脳されてませんか?

まずあなた、洗脳されてませんか?転職先なんてないぞとか思ってませんか?

そりゃあ一流の大企業とかへの転職とかはむつかしいですけど、自爆営業がなくて、仕事も普通にやって、そこそこの給料をもらえる会社・・・・というくらいならいくらでもありますよ。

当然世の中にはブラック企業もたくさんありますが、同じくらい「まともな会社」もたくさんあります。

世の中すべて自爆営業するようなブラック企業なんてことはないですからね。まあたしかに日本はブラック企業のおかげで経済が回っているというのは確かですけどね。

余談ですけど、欧州とかは仕事に効率を求めるので、少ない時間でも経済が発展していきます。日本は効率より「根性忍耐人海戦術」を重視するのでこんな状況になってしまってるんですね。

とはいえ、効率を考えて経営をしている会社もたくさなります。そこが名もない中小企業だったりすると、そういううわべだけで

判断してしまいがちなんですよね。大きな企業だから「効率のイイ、従業員に優しい経営をしている」というのとは全く違います。

郵便局なんでいわゆる大企業ですけど、裏を返せば日本でナンバーワンの自爆営業&ブラック企業という称号を手にしているわけですからね。それはあなたも痛いほどわかっているでしょう。

転職って普通にできますよ。自爆営業が無くて、普通に働ける会社っていう条件ならハードルも高くないですし恐れる必要もありません。

自爆営業は犯罪ですからさすがにやめたほうが良いですよ こうやって書くのもバカバカしいくらいです

あと、自爆営業やってる人は被害者ですけど、これって犯罪ですからね。

もしあなたが子供がいたりするとして、うちの会社は公に犯罪をやってるんだと言えますか?まあ黙認されえてますから会社自体が起訴されることは無い・・・といっても時代が変われば起訴されるかもしれないですけどね。

普通に犯罪です。労働器銃砲違反でヘタすると恐喝罪です。

これって、「ヤクザ」の世界と一緒ですよね。いやあ、怖いというかそんな会社にいなければいけないのは心から同情します。

同情はしますけど、助けてあげることはできないですよね。

その労働環境にいる判断しているのはあなたですからね。いくら会社にたいして愚痴をいっても、その環境を変えない限りは一生そのままですし、定年まで自爆営業・・・書いていて怖くなりました。正気の沙汰じゃないですよ。

行動しないって怖いですよね。ずっと自爆営業をしな蹴ればいけないのを選択するか、転職を選択するかはあなたしか選べません。

転職エージェントを使えば普通に転職できます 時代も転職に寛容になってきたのでそこまで恐れることはありません

ただ、転職と言っても転職エージェントを利用すれば自爆営業のない会社の求人をたくさんピックアップしレクれます。

エージェントに「自爆営業のない求人をお願いします」という希望の仕方でもいいんですよね。

ある意味、あなたの選択が自爆営業が嫌で辞めたいというなら、間違いだったわけですからもう一回選びなおせばイイだけです。

一人で転職活動するとこの求人を探すところがまたキツイです。履歴書書いたり、面接対策するのは一人では想像するだけでも難しいですよね。

そういう部分の相談を転職エージェントを使うと一気に解決することができます。転職の効率を求めるなら転職エージェントの利用は必須になってきます。

自爆営業のない世界へ転職するためにエージェントと二人三脚で転職活動をしよう

ブラックな職場やブラックな人間関係にハマってしまうと、そういった職場にいるだけで精神的にまいってしまいます。

結局、体を壊したりうつ病になったりして退職してしまう・・・最悪、過労死するということも考えられます。

そこまで我慢するよりも労働環境を変えていく行動を取ったほうが前向きです。

ただ転職となるとどうやっていいかわからないのが普通です。そのとき転職エージェントのアドバイザーに相談すると、ケースバイケースであなたの状況を考えてアドバイスをしてくれます。

また、転職エージェントの扱っている求人はアドバイザーが審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークや求人誌はこういった求人掲載に審査が無いので、ブラック企業がたくさんあるのが現状です。悲しいですよね。

「従業員にやささいい会社」・・・いわゆる普通の会社っていうのは世の中にはたくさんあります。そういう会社の求人を見るだけでも視野が広がって転職がそれほど世間で言われいるよりむつかしくないことが分かるでしょう。

転職エージェントは登録から利用まで無料になっています。求人開催企業から報酬をもらって運営しているので登録者にはお金はかかりません。

あなたに合った求人をアドバイザーが面談をして選んでくれるので、人生の選択肢が大きく広がっていきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

追記:郵便局も経営が成り立っていないようですね。郵政業務は経営は火の車です。そもそもはがきなんて出さないですからね。時代の流れに逆行しているビジネスは速い速度で終わりになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!