成長する業界の知識を得意分野として取得していこう これから生き残っていく知識の付け方

黒板に書く人

これからの時代は、得意分野の知識をもった人材が強い世の中です。

20年前では想像もつかないような技術の進歩がみられましたからね。スマホ持って歩いている人なんて想像できた人はいないでしょう。

こういった時代の流れが早くてついていけないくらいでけど、それに伴って、必要とされる業界の「得意分野の知識」も変わってきます。

それに、いくら得意分野の知識がすごい人でもそれが、その知識が「使える知識」じゃないとダメですからね。

これから衰退していくような業界や産業の知識があっても、その知識を生かして仕事をやっていったり高い給料をもらってくのはむつかしいってのが簡単にわかりますもんね。

逆にこれから、急成長するような産業とか業界が得意分野でその知識がふんだんにあれば、そういった会社から引く手あまたの人材になれるのも簡単にイメージできます。

そういう意味でも得意な分野の知識もやみくもにつけていっても意味が無いです。そういった知識も習得するのには時間がかかります。そうやって習得した知識がたいて、自分が収入を上げていくうえであまり役に立たないと厳しいものがありますからね。

あくまでも「キャリアアップ」というのが前提での話です。別に無駄な知識とかたくさんあるほうがイイんですけど、仕事に関してはそういった無駄な知識は必要ないですからね。

たいてい面接でも「得意分野は何ですか?」って効かれますしね 業界にとってニーズのある分野の知識があるのは有利ですからね

面接とかでよく「得意分野は何ですか?」って効かれるじゃないですか。

そういう時にあんまり、ありがちなことをいってもまったく意味ないですよね。

例えば銀行で営業の仕事をやるなら、得意なことは

「人と接することです。」

とかいう今時新卒の大学生でも言わないようなことを言っても意味ないですよね。

銀行営業なら

「住宅ローンを見積もるのが得意で売り込んでみたいですよ」

「決算書とかを読むのが好きで、それをもとに会社を訪問してみたい」

みたいな具体的な得意分野じゃないと、転職で有利な「得意分野」にはならないんですね。

何が言いたいかというと、ただ、自分が得意なことを言っても意味が無いということです。

面接のときは、受ける会社の業務の中での、具体的なことについての「得意分野」を作っておくのがポイントなんですよね。だから、自分の生活で好きなこととかそういう得意分野じゃあないです。

そのうえでこれから、伸びるであろう業界の具体的な内容を調べて、自分の得意分野を作っておくのがベターです。面接に有利になる得意分野っていうのはそういうことなんですよね。

得意分野とすべき知識はこれから伸びる業界じゃないと宝の持ち腐れになる 

電気屋なんかはアマゾンなんかのネット通販にお客さんを取られていますし、デジタルカメラなんかはもうスマホのカメラで充分なくらい高性能なったのでデジカメ売れてませんよね。

こういった衰退していく業界伸びる業界ってのはどうしてもあります。何度も言いますけど衰退してく業界の得意分野の知識が深くあったとしても「仕事で成功していく」という意味では必要ありません。

それよりも、いかにこれから伸びていく業界を見つけて、その業界の得意分野の知識を得ていくというのが大事になってきます。

そういった「これから伸びていく業界」を見抜く力っていうのはいつの時代も大事なもなんですよね。

専門知識を習得していこうと思ってるときにまずやることは

「これから伸びていく業界を見つける」

「伸びていく業界が自分のやりたいこと、知識を得たいことにマッチしているか」

の2点です。これから伸びていくであろう業界を探すのはもちろんですけど、いくらその業界がこれから伸び盛りでも「自分のやりたい分野」じゃなかったらしょうがないですからね。

この2つが合致するのがものすごく大事です。自分のやりたい分野でしかもこれからその業界が伸びていくなら、得意分野の知識を得ていくためには、まさに素晴らしいじゃないですかということですよ。

人間てやっぱり、ある程度自分の好きな分野じゃないと勉強もできないですからね。学校の勉強でも英語が好きで国語が嫌いって人いるでしょ?それと一緒です。

「これから伸びていく業界を見つける」

「伸びていく業界が自分のやりたいこと、知識を得たいことにマッチしているか」

の2点を見つける。とても大事なことなのでもう一度いいますけど、逆にこういったものを見つけることができた人はラッキーですし、これからの自分の行動も明確になってきますからね。得意分野の知識を得ていくにもそういう、まず

どういったものをやっていくかを判断んしていくことがとても大事です。

なので、この2点をじっくり考えて見つけ出す作業は絶対にしておいたほうがいいです。」

これからは仕事でも「その業界の得意分野の知識がある無い」で格差が広がってきます 何も知識が無い人は負け組になっていきます

日本だけじゃなくてもアメリカでも格差が広がっていますしね。だんたんともう、知識がある人と無い人というか「使える人と使えない人」が二極化してきます。

普通に暮らしていると金持ってる人と、持ってない人が二極化してますよね。

いままで、仕事はありしたけど、結局なんでも機械やITがやってくれる時代がすぐそこまで来ています。というかすでに来ちゃってますしね。会社も何もしないでお金をもらえるような人を置いておく余裕もだんだん無くなってきます。働かないおっさんとかいてもしょうがないですしね。

平たく言うと、もう「人はいらない」時代なんです。人が必要なのは接客業(飲食・営業・サービス業)みたいな

あんまり得意分野とかの知識がいらない、体力勝負の仕事になってきます。

しかもそういう接客業って給料って足元見られて安いんですよね。なぜなら、いくらでも「代わりの人」がいるからです。

そういう長時間働いても低賃金の仕事しか残ってないのが今の日本の現状です。

そう、そうでない知識が必要な仕事に着ける人は相当な「得意分野の知識」を持っている人なんですね。

ぜひあなたにはそうなってもらいたいです。いわゆる「プロフェッショナル」というのになってほしいんですよね。

そのためには先ほどの

「これから伸びていく業界を見つける」

「伸びていく業界が自分のやりたいこと、知識を得たいことにマッチしているか」

の2点を見据えて、早めの行動を取っていくことがものすごく大事です。

圧倒的期にIT関係の知識をつけたり、これから伸びる業界の経営やマーケティングに精通したり、金融知識を学んだりと方向性はたくさんありますが、とにかく「伸びる業界」と「自分のやりたいこと」をマッチングさせて行ってほしいです。

それもなるべく早い段階で、その時期が若ければ若いほどいいでしょう。

そうした得意分野の知識を得る・・・というか作っていくと、こんどはその業界の技術を入った会社で学んでいくことができます。

「知識と技術」は両輪の華です。これがかさなると圧倒的なその会社や業界での地位を確立していくことできます。

いわゆる「唯一無二の人材」という位置づけになっていくわけですね。芸人で言えば、売れっ子芸人で長く売れている芸人

といったいイメージです。仕事でこういうスタンスを確立することができれば人生はかなり楽しい充実したものになるでしょう。

これから伸びていく業界を知るには転職エージェントに相談してみよう

お茶を飲む女性

「これから伸びていく業界を見つける」

「伸びていく業界が自分のやりたいこと、そういう分野で得意な知識を得たいことにマッチしているか」

の2点の中で自分のやりたいことは、自分でわかりますが、「これから伸びていく業界」っていうのはなかなか自分では判断しにくいものがあります。

そういう時には、転職エージェントにこれから伸びていく業界を相談してみるのがベターです。

そして、今あなたのいる業界が衰退する業界で会ったら、迷わず転職すべきです。仕事は10年後を見据えてやっていかないと

その時代の流れにはとてもついていけません。できればその伸びていく業界に入って専門知識と技術を同時に習得していたいところです。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!