仕事で専門職になるか管理職になるかは早い方が良い 自分の役割を分析しよう

いつやるの?今でしょ

仕事をやっていくうえで、自分がどういう方向性で仕事をやっていくかっていうのは大事です。

「一つの仕事をずっと極めていきたいそういう働き方がやりがいを感じる。出世とかにはあまり興味はない」という人もいれば

「人を使って仕事を管理していきたいし、出世もしたい」ということを仕事で重視する人もいます。

こういう自分の仕事での生き方を決めていくのは大事ですね。そのあたりがブレていると、行動がテキトーになってどちらにしても上手くいきません。

そう結局仕事って「専門職」を目指すか「管理職」を目指していくかに分かれるんですよね。

特に意識の高いあなたは、どちらか二つの選択をしなければいけない時が必ず来ます。

「専門職」はそれこそ、一つの仕事極めるスペシャリスト。その代わり人を管理することになどには向いていないので一人で黙々と仕事をすることになるでしょう。出世などのにも向いていないですが、その仕事が好きならかなり「やりがい」を感じることができます。

一方で「管理職」は人を使って、仕事を管理していく何でも屋という感じです。いわゆる「管理職」向きですね。

自分で仕事をするというより、仕事を「管理していく」という器用な面が必要になってきます。

こういった専門職と管理職での働き方を自分なりにどうやって選んでいくのかは、あなたの仕事に対するスタンスと仕事への向き不向き、自分の性格などから判断するのがベターですね。ここはじっくり早い段階でどちらを目指すかを考えたほうがイイです。」

専門職は「やりがい」重視 出世をするなら「管理職」に方向を変えていく

「専門職」っていうと、横文字で書いていますけど、平たく言うと「一つの仕事を極めていくこと」ですよね。

とにかく一生涯ずっとその仕事をやっていきたいみたいな感じです。

これって、普通に会社に勤めているだけではむつかしいですよね。普通の会社なら、経理課に行ったり、営業をやったり、総務をやったり現場をやったりと仕事って変わっていきます。

そういう感じではなかなか専門職にはなれないですし、そういうずっと同じ仕事をやらせてくれるような環境の会社を選ぶ必要もあります。

もちろん、研究職とかはずっとその仕事をやりそうですし、教授やそういった職業は会社と違いますから、そのままスペシャリストになります。

会社ないで専門職になりたいなら、まず、経理なら経理課で自分の力をアピールして、経理課で自分しかできないような仕事っぷりをしていくのが

手っ取り早いですね。そうすれば、「経理課での仕事は○○さんがいないと成り立たない」というレベルまでくれば、ずっと経理課で仕事をして経理のスペシャリストになったりできます。

なかなかそういう感じで対応してくれるかどうかは会社によるので、労働環境が適していなかったら転職をしていくべきですよね。

また、「管理職」はたいていのサラリーマンの会社では「管理職」的な立場になります。

管理職はたいてい「管理職」なんですよ。なんでもできないといけないですからね。自分の仕事よりも、人を使って「仕事をうまく回していく」ということが重視されます。

これはこれで、かなり会社にとっては重要な要素なので、「管理職」ははかなり会社での地位を上げていくことができるんでよね。要は「出世しやすい」です。いわゆる管理屋になるということですね。

会社の社長なんかは一番上の「管理屋=管理職」ということです。これはこれで男としての夢というか生きがいになりますよね。

よく、出世を生きがいにしているのはつまらないとかいわれますけど、私は全然そうは思いません。

会社で出世すればそれだけ権限も強くなって、大きな会社なら社会的に影響が出るくらいの仕事をすることもできます。

ゼネラリストも極めれば、役員、社長になっていきますし、男としてはそういう生き方をしていくのも悪くないものです。

専門職は職人 管理職は管理人 どっちを選ぶかは自分の仕事に対する価値観によりますよね

結局、専門職がいいか管理職がいいかは優劣をつけるものじゃありません。

ただ、専門職もやってみたいし、管理職もやってみたいっていうのはちょっとむつかしいですよね。まったく仕事の方向性が違ってきますからね。

「専門職は仕事に対する職人」

「管理職は仕事に対する管理人」

といったところです。

専門職は・・・・仕事を極めることができる。仕事のやりがいはかなりある。人間関係が苦手な人に向いている。社内での地位は確立できるが出世には直結しない。転職しやすい。

管理職は・・・仕事を管理者としてまとめることができる。出世しやすい。男として出世を目指す人はゼネラリストになるべき。権限を持てる。人を使うことで
大きな影響力を持つことができる。

こういった違いがあるので、まったく仕事の方向性が違いますね。

ただ、言えるのは自分がどちらを目指していくかは、早い段階で決めておいたほうがイイんですよね。中途半端にどちらもやろうとすると、結局中途半端な結果に終わります。

もし、専門職になりたくても自分がなりたい分野の会社でなかったら早めの転職が必要ですし、管理職になるといっても、中小企業で従業員が

数人の会社なら管理職になってもあまり意味があるとは思えません。その場合も転職が必要ですよね。

できれば仕事でキャリアアップをしてくためには、早い段階でどちらのスタンス仕事をしていくかを決めていったほうが、キャリアアップがスムーズにいくのは言うまでもありません。

自分の生き方性格を考慮してどちらの働き方を選んでいくかを選択しておこう

専門職になるか管理職になるかは、仕事にたいする自分の「生き方」ですよね。

仕事にたいする考え方は人によって全く違うと思うので、自分自身の生き方を一度見直して、どちらのスタンスで仕事をしていくかを決めるべきです。

専門職を目指して専門的な仕事をやってみても、やっていたら意外とできなかった、向いてなかった・・・だから管理職を目指した。

管理職になって出世しようと思ったけど、不器用で一つの私語を極めるほうが向いていた・・・だから専門職になった。

こういった実際やってみないとわからない部分もあります。方向転換するにしても、とにかく早いほうがイイですからね。自分がどちらに向いているかを吟味して、専門職になるか管理職になるかを判断して、実際やってみてください。

そうすれば、自分が本当に仕事でどちらになるべきかが分かってきます。それがわかれば、仕事も楽しくなりますし、キャリアアップもスムーズに行えますよ。

関連記事

転職をする時に利用したいのが転職エージェントです。転職エージェントを利用するときに迷うのは度の転職エージェントを利用するかということ...
転職エージェントを実際に使って転職しましたけど最終的には3つ掛け持ちで使っていました。その3つを使っていた理由は「アドバイザーがしっかりしていた」という理由につきます。転職はアドバイスがないと正直効率がものすごく悪くなります。自分で考えるよりもプロのアドバイスともらったほうが全然時間的に効率がいいからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加