大学中退するときにやるべきこと 辞めたあとに後悔しないための行動方法

座って悩む男

大学に入ったけど、自分のやりたいこととは違っていた。大学に行っていても時間がもったいない。

ただなんとなく大学に行っているのに耐えられない。もうどうしようもなく大学が嫌だ。

自分のやりたいことが見つかってしまった、もう大学にいても意味が無い・・・・・

こういったことで、「大学中退」の決断をする人お多いですよね。大学中退をして自分のやりたいことをやっていく。

ただ、大学中退をすれば、就職の新卒の地位がなくなりますし、なにより世間的にはただのプータローです。

一般的には親とか世間からは大反対をうけるでしょうね。

でも、個人的には大賛成です。大学にいて若い時間を無駄にするより、自分で行動するのがなによりですね。大切なのは「自分んが納得してやりたいことをやっている時間」が人生でいかに多いかが重要です。自分のやりたくないことをやっても人生意味がりません。

でも、やはり現実的には生きていくうえでの「生活」があります。大学を中退すれば親の援助も無くなりますし自分で稼いでいかなければなりません。

ここでは、自分のやりたいこと、夢を追う部分と、夢を追っておくための現実を両立させるために簡単に準備できることをご紹介します。

まず夢を追うことと、夢を追うための「生活」ができることを両方考えておく

自分のやりりたいことをやるためにも、まず最低限の大学在学中にやっておけることがあります。

夢を追うにしても、やはり生活の基盤が無いとなかなか自分のやりいことに集中できません。そのためには最低限のお金も必要ですし、仕事も必要でしょう。

簡単なことなので、大学を辞めてしまってからではできないこともあるので、サクッとやっておくと後で生活のプラスになるのでやっておきましょう。

大学中退前に現実的にやっておくこと

ブラックバイトに捕まらないようにする

大学中退をすれば、どのみち生きていくためにはバイトをするしかありません。もちろん正社員ではたらければいいのですが、

たいがい最初はつなの仕事として派遣やバイトになるでしょう。

派遣といても正社員とやっていることは変わりませんし、将来正社員ではたらくにしても、まず派遣ではたらいて「仕事」というものがどんなことが知っておくのもだいじです。

あなたのやりたいことが、音楽系や芸術系や芸能系だったりすると、なかなか正社員をしながらそういう活動は時間的に難しいかもしれません。

派遣での仕事だったら週3~4の仕事の形態もえらべますし、バイトより時給が高いケースがほとんどです。

やっぱり夢を追うとなっても少しでも金銭的に貯金があったりすると、体を壊して働けなかったりする時の安心感が全く違います。

大手の派遣会社に登録しておけばいつでも待遇のいい派遣の仕事を見つけることができます。

また働きたい派遣会社No.1!テンプスタッフ

とまあブラックバイトに捕まらないようにするには有名どころのバイト紹介会社を利用するのが一番無難です。

大学を中退して一番やっちゃいけないので「ずっと30歳までバイトを続ける」ということです。

大学を中退しても普通に正社員に就職はできますし、大学を中退してずっとバイトを続けるのだけはやめておきましょう。30歳になると人生詰んでしまいますしね。

フリーターを続けてそのまま30代になると人生が詰みます。これは面接担当をしていた経験から間違いないです。正社員の職歴が無いまま30代になるとまともに面接をしてくれる会社すらなくなってきます。その現実的な話しと正社員になる方法をご紹介しています。

住む場所をキープする 実家が厳しければ工場系の寮がある職場を選ぶのがベター

大学を中退して実家に帰れればいいのですが、それができないケースも多いです。中退は基本は親は反対するので、そこからは自分でやっていかなければいけないケースも多いですからね。

そういう時に役立つのが工場系の仕事だったりします。工場系の仕事は休みもしっかりしていて若いうちは格安の独身寮を利用できる工場が多いです。

工場はなるべくホワイト工場を見つけるためにハローワークなどで探すのではなく、工場系専門の就職エージェントを使うのがベターです。

こういった工場専門んおエージェントを使えばブラック工場を避けられますし、とりあえず働きながら寮にも入れてこれからやりたいことを模索することもできるわけですね。

仕事と賃貸を両方同時に紹介してくれるサービスを利用する手もある

とりあえず大学を中退すると住む場所が無くなるケースもあります。先ほどの量のある工場に勤めるのも手ですけ、賃貸と仕事を同時に紹介してくれる便利なサービスも今では存在します。

賃貸は無職だ借りれませんし、住む場所かないと仕事が決まりません。そういった困ったこのになってしまうのを域に解決するサービスもあります。

東京での就業と住まいを同時提供のTokyoDive

東京で就職と済む場所を同時に提供してくれるサービスですね。かなり便利なサービスで今東京に出たい人にとても利用者が多いです。こういったものを利用するのも一つの選択肢ですね。

クレジットカードを作っておく

大学生という肩書が無くなるととりあえず無職になってしまいます。大学生のうちにやっておきたいことはクレジットカードを作っておくことです。

すでに持っている人は必要ないですけど、無職になるとクレジットカードは基本作ることができません。

ホントにきついですよ。どんなに収入があっても無職の場合はクレジットカードが作れないケースもあります。大学生は肩書的には社会人と同じくらいステイタスがあるので大学生でいるうちにクレジットカードは作っておいたほうがいです。

クレジットカードがないとアマゾンや楽天などのネットショップでの買い物もできませんし、いまではどこでもクレジットカードの支払いが当たり前になってきています。クレジットカードを持っていないと生活に支障が出る場合もあるので、無い人は大学生の肩書があれば割と簡単にクレジットカードが作れるので在学中宇につくっておきましょう。

中退者でも登録できる就職エージェントに登録しておく

大学を中退するのは、大学の雰囲気に耐えられなかったり、やりたいことがあるから中退するというケースだけではないですよね。

実際は「大学なんて意味なかった」「もう大学にいきたくない」というネガティブな理由で中退するケースも多いでしょう。

大学を中退すると就職に一番有利といわれる「新卒カード」が使えなくなるわけです。肩書は「大学中退」ということに

なるわけですからね。

しかし、だからと言って悲観する必要もありません。最近は社会構造が少子化になっており、企業では若い人材は喉から手が出るほど欲しい状態になってきています。

大学中退だから就職できない・・・・ということもありません。ただ、就職活動をまったく自分の力だけでやっていくのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

今では、「若者向けの就活エージェント」があります。20代の若者の求人に特化した正社員の求人を扱っていて、

就活のプロであるエージェントに就活に対するアドバイスをもらうこともできます。

ヘタに新卒で大手企業我ばかり狙って惨敗するケースも多い中、あまり世間的には知られていなけど将来性あふれる成長している会社というのはいくらでもあります。そういう会社は若い人材が集まらなくて苦労しているケースが多いんですよね。

そういった会社が「若者向けの就活エージェント」に求人を多く登録しています。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!