大学中退で仕事ないのは間違い 成長中の会社に絞った就活をすれば内定が取れる理由

就活

このページを見てるってことは、あなたは大学を中退して、就活してるけど「仕事が無い」っていう状況なんですよね。

いきなり私事で恐縮なんですけど、私が以前勤めていたメーカーは自動車関連の部品を作っていました。特許を持っていて業績もよく、給料もそこそこもらえて、仕事もきつくない、たぶん「ホワイト企業」に該当する会社だと思います。

その会社でも大卒もいますけど、普通に高卒で入ってくる人も多いです。大卒5割、高卒5割解いた感じです。

高卒だからと言って出世できないというわけじゃなく、普通に仕事ができれば大卒だろうが高卒だろうがあまり関係ありませんでした。

そう、こういった会社にいたので、大学中退で20歳とか21歳の高卒扱いの人がけっこう中途入社で入ってきましたよ。いわゆる名前が知れた大企業ではないですけど、

地味な会社でしたけど、効率のいい仕事を経営方針にしていたので、それこそ定時で帰るのが基本でほんとに生活が助かりました。

という例もありますけど、その陰でいい大学を出て、大企業に入ってそこがブラック企業で過労自殺するような人もいます。

何が言いたいかと言うと、大学を中退しても普通に就職先はありますし、「仕事が無い」と思って行場合にはハローワークとか使って間違った就活をしてると思うんですうよね。

大学中退でも仕事ってありますよ 大企業とかホワイトカラーばっかり目が行ってるとダメですけどね

大学中退でも仕事って普通にありますよ 私のいた会社とかも普通に中途採用で特に20代前半くらいなら採用してましたしね。

と引き期先の会社の人事の人とかと話しても普通に「いや大学中退でも採用してるよ」と言っていました。大学中退と言っても家庭の事情とか学費が払えないとかそういった事情の生徒もいますし、そういう人材ならおカネにも困っているだろうからまじめに働くだろう・・・というわかりやすい回答でした。

大企業とかホワイトカラーとかの会社だと、あんまり大学中退で採用って聞かないですけど、メーカーとかの製造業とか、食品加工とかのメーカーとか精密機械を作っている会社とかは中途でも若い人材が欲しいんですね。特にネームバリューがない会社、業績は伸びていくけど新卒での一括採用ではあまり人がつまらない会社ってあるんですよね。

これって、だいたい大卒で新卒で入ろうとする会社って「ホワイトカラーの大企業」なんですよね。そういう会社って入ってみらけっこうブラック企業だったなんてオチが多いです。

私も地銀とかにネームバリューだけで入ってしまいしたしね。両親とか親戚、知人とかには「イイところに就職したねえ」とか言われましたけど、結果はブラック企業でうつ病でアボンして転職したっていうわけです。

さて、話を戻しますけど大学中退でも普通に仕事とかありますよね。就活エージェントを使えば普通に紹介してもらえますし、ほとんどブラック企業もないので、たぶん自分で求人誌とか見て探したり、ハローワークとか行って求人探してませんか?ヤバいですよ。それってブラック企業に捕まってしまいますよ。

特に、大学中退とかすると精神的に「俺は中退したんだ、ロクな仕事ないだろう」と自分の価値を下げ過ぎて考えることが多いので危険です。ブラック企業だけには引っかから無いようにしてくださいね。

特に高卒扱いでも中小企業とかで業績が上向いている会社なら普通に募集しています そこを重点的開拓していくのがベターですね

まずは、大企業とかはやっぱり高卒でも高校での教師の推薦とかが無いと難しいですし、大学でも新卒採用でないと大企業はむつかしいです。

でも、大企業ってなんかけっこうブラック多いですよ。

それこそ大企業でもブラック企業なら意味ないと思います。まあ中小企業でもブラック企業はありますからね。会社の規模とか、大企業だからとかで会社を選んでいると正直限界がきます。特に大学中退でだと確かに選択肢は大卒よりせまくなってくるのでなおさらです。

企業の規模とかネームバリューとかよりも、

「ブラック企業じゃないか」→これはネットや口コミ、会社を見に行ったりすることで大体判断できます

ブラック企業を見分けることができれば間違って入社することも無いですし、間違って入っても次の会社でブラック企業を選ぶ確率が減ります。ブラック企業はっ求人票や面接などでわかりやすい特徴があるのでその特徴を抑えて就活をしていきましょう。ブラック企業に絶対捕まっていはいけません。

「これから業績が伸びる可能性のある会社、もしくは業績が伸びている会社」

これから伸びる業界でも仕事内容がブラックな場合もあります。それだと結局短期的に奴隷としてこき使われるだけなので、伸びていく業界だとしても意味はありません。とにかく衰退産業でなければあとは労働環境が良いホワイト企業をとことん選んでいくべきなのです。

「普通に休めて普通に仕事ができて、普通に有給休暇がとれる会社」

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

こういった基準で会社を選んだほうがベターです。

なんか、すぐに人間で美人な女性を外見だけで選んで大失敗する感じと一緒で、見栄えのイイ派手な会社選んでしまうんですよね。

ただ付き合うだけならいいんですけどねそういうのってね。仕事で例えるならバイトとかです。

でも正社員で入るとなると、相手選びとすると結婚相手選ぶのと一緒ですよ。ちゃんと理解があってう浮気しないで、裏切らない。家事とかも協力してくれる伴侶を選ぶのと一緒です。もちろん見た目がイイに越したことはないですけど、「一緒に生活していく=仕事をしていく」わけですからね。

とくかく会社の内面を見ていきましょう。

会社の仕事内容とか、ちゃんと休めるかとか、有給取得率とかそういうのを調べたほうがイイですね。

そのあたりはハローワークとかじゃあわかりませんからね。ちゃんと就活エージェントを利用しましょう。

あまり会社の見た目だけに惑わされずに、小さい会社とかでも業績が向上してる会社ってけっこうあります。そういった会社だと給料が業績の向上に比例して上がってくってケースも多いです。

あれこれ書いてきましたけど、会社の将来性を読むことができれば会社えれ日は楽になります。

会社の一生には、「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」というのがあります。

成長曲線

画像出典元 プラスワーク 成長曲線・ライフサイクルとはなんでしょうか?

会社の寿命はが長くても30年から50年と言われていて、大企業というのはほとんどが成熟期の後半から衰退期に入っています。これから落ちるわけですね。

シャープとか東芝とか見れてばわかりやすいですよね。どんな会社でもこういったグラフで一生を終えていきます。

なので、カンのイイ人なら気づいえていると思いますけど、一番いいのは業績が上がっている会社でかつ「導入期の後半」か「成長期の前半」あたりの会社に入るのが一番です。

こういった導入期の会社っていわゆるベンチャー企業だったりしますし、これから成長していくわけですからいきなり会社の規模が大きいわけがありませんしね。

こういったことを知っていると知っていないとでは大きく会社選びに差が出てきます。

特に「導入期」や「成長期」の会社は人手不足なので、若い人材を欲しがっています。でもネームバリューが無いので新卒採用をかけても人が集まらないので、中途採用などで人を募っているケースが多いんですよね。そこには大学中退でも十分採用されるだけの余地があります

こういった会社を狙って行くと言う風に視野を広げると、けっこう募集している会社って見つかります。あとはブラック企業を避ければいいだけなので、ハローワークとかは避けて就活エージェントを使って行けばいいわけですね。

就活するときにはハローワークとかつかったらブラック企業に捕まってしまいますから使うのは避けましょうね

ちょっと念を押しますけど、何度も言ってスイマセン。就活するときみはハローワークとかちまたの求人誌を使うとブラック企業の求人が多いんですね。

これってハロワとかが掲載企業を審査していないんですよ。だからブラック企業の奴隷調達場所になってしまっているわけです。悲しいですよね( ;´Д`)

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

さしかに、大学中退をすると就職できるかどうかは不安になります。行動もどうしてもおっくうになってしまいますからね。

しかし、大学を中退してても優良な求人を紹介してもらって、アドバイスを受けつつ履歴書を作って、面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

一度、優良な求人を紹介してもらった一度自分の目で見てみるといいと思います。大学中退でも普通に求人があるという確認にもなるのでおススメですよ。

優良な就職エージェントは下記のとおりです。就職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!