社会人2年目でブラック企業を脱出したい時のマインドと行動方法 理由が明確ならスパっと辞めましょう

奪取するサラリーマン

入社二年目でブラック企業を脱出したいと思ったりすると、そのことを周りに言ったら

「甘えてんだよ。もっと我慢して勤めろ」

「今辞めても行くところないよ」

「せっかく入ったのにもったいない。もう少し頑張って勤めていこうよ」

「何考えてんだお前(^O^)/」

とか絶対に「辞めたほうが良いよ」とかいう反応はないでしょうね。そりゃあ、日本て一つの会社のずっと勤めていくのが最高だぜ、みたいな風潮はいまだにありますからね。

まあでも、ブラック企業とかにいる人に「やめないほうがイイよ」とか死んでも言えないですけどね。親とかでも平気でそういうことを言うから、自殺するんですよ。ブラック企業にこきつかわれて。

さすがにこれだけ大手企業がつぶれたり買収されてるんだから、そんな一社にしがみつくのがどれだけ危険なのか気づいてもよさそうなんですけどねえ。

それはさておき、まず、二年目にやめたいということなので、最低1年はその会社に勤めているということですね。

1年勤めていればその会社が「どういう会社」かとうのはもう十分わかっているでしょう。その時点で辞めるというなら辞めてもイイと思います。

もちろんこれが40代とかなら簡単にそういうことは言えませんが、20代でまだ「第二新卒」の枠もつかえる。

というわけで、入社2年目でも普通に辞めて転職活動をしたほうが早いです。その会社で悶々としていて数年たてばすぐに30歳が見えてきます。そうなったときはかなり厳しい状況になりますよ。

マジで30歳になって転職してないと、とてつもない後悔しますよ。20代のほうが圧倒的に転職有利ですからね。

転職で大事なのは悲しいですけど「年齢」です。なぜか年齢だけで判断されてしまうのが日本の現状なのでしょうがないですね。

ここでは、入社2年目でのブラック企業脱出とマインドと行動方法をご紹介していきます。

理由が明確ならすぐにそのブラック企業を辞めて転職活動したほうがいいです

女囚人

入社二年目になれば、ブラック企業を脱出したい思う人も多くなってくるでしょう。その時に当然「辞めたい理由」があるはずです。

その理由が自分の中で明確で具体的なら、すぐにでも辞めて転職活動をしたほうが無難です。

「人間関係があまりにひどい」

「会社に将来性が見込めない」

「ブラック企業だからあたりまえじゃん」

「尋常じゃない上司のパワハラがある」

「自分のキャパを超えている」

といった理由が人それぞれあると思います。これが明確であれば、その理由を改善してくれるような会社に転職すればイイだけのことです。ブラック企業なら当たり前にある理由なんですよね。

もちろん、これが40代とかの人にはこんな風にサラッと言えませんけど20代前半にの人は逆に自分に合った会社に入るための行動はなるべく素早いほうが良いからです

もう一度言いますけど、日本の転職で一番重視されるのが「年齢」です。この現実があるので行動はややいほうが良いわけです。

別に「~ブラック企業を辞めたい」という理由が明らかならやめていいんですよ。まだ若いですし全く問題がありません。

辞めた後、しっかりと計画と準備をして転職活動すればいいわけです。

逆にハッキリしたブラック企業を脱出したい理由が無いなら止めるべきではないですね、シンプルに考えたほうが良いです

長時間残業をする男性

入社二年目で辞めたいといっても、理由があいまいならやめるべきではないです。

「だるいからやめたい」

「この仕事つまらないから辞めたい」

「なんとなくやめたい」

「俺ってこういう仕事むいてないかもしれないなあ」

こういうよくある、「なんとなく辞めたい」系の理由ならその会社を辞めるべきではありません。

りゆと言ってもネガティブな理由でもはっきりしてれば辞めてもいいんですよ。ブラック企業でもうダメだこのままじゃ死ぬかもしれないといった理由だったら次の日にでも辞めたほうが良いです。

ただ、「なんとなく辞めたいから辞めた」とかいうのはあまりよろしくありません。キレイごとですけど、一回そういう感じで辞めると、辞め癖がついて、次の会社もテキトーな理由で辞めてしまう可能性も高いです。

「なんとなく辞める」といった理由が明確ではない時は会社は辞めるべきではないです。

他の趣味とか異性と付き合うのを辞めたりするのは何となくの理由でもいいですけど、仕事(会社)だけはそれは避けたほうが無難ですよ。

ただ、行動するときには次の会社は失敗しないように慎重に動くのが大事です そのためには転職の計画と準備ですよ

見上げるサラリーマン

二年目でブラック企業を辞めるのはそんなにリスキーではないです。というか今に仕事に明確な辞めたい理由があるなら辞めて次の会社に移ったほうが人生でかなりのプラスになります。

ただそのためには、転職の計画と準備をしっかりして、自分の希望の会社の求人をしっかりとチェックしていく必要があります。

結論を言うと、人生で大事なのって仕事をすることより、自分でその仕事をする場所を選ぶ行動(転職活動)のほうが重要なんですよね。

転職活動を適当にやると、自分の希望のところで働けないわけですから、そりゃあ大事です。意外とこのことに気づいていない人って多いんすよね。

転職活動を計画と準備をして、求人情報を探してしっかりとやっていく。面接対策や履歴書を仕上げていく。面接を受ける会社の情報を調べていく。

こういった行動って、仕事をするより人生のポイントという意味では大切なんですよね。ぶっちゃけ入った会社で大きく人生を左右するのが今の社会です。それならば入る会社は自分の希望にあった会社のほうがいいですよね。

ただ、その重要な転職活動を一人でやっていくのはとても大変です。なぜなら、転職活動はだれで最初は素人なので、できれば転職のプロのアドバイスを聞いたほうが大きく活動の質に差がつくからです。

転職エージェントを利用して転職のプロであるエージェントにアドバイスもらって転職活動をするのがおススメです。

入社二年目での転職に不安のある場合は・・・

社会人2年目で会社を辞めるというのは不安なものです。せっかく転職活動をしてもブラック企業に捕まってしまうんじゃないか転職がうまくいかないんじゃないかという不安は正直ありますからね。

転職は優良な求人を紹介してもらうのがとても大事です。履歴書対策や面接対策がうまくいっても、求人の質が悪ければ転職は失敗してしまいます。

逆に求人の質が良ければ対策をして転職活動を正しくやれば内定はそれほど難しくはありません。

ハローワークや求人誌ではブラック企業の求人が多く、これは求人企業を審査していないからです。

転職エージェントでは、求人企業を厳しい基準で審査しているので、求人の質が高くアドバイザーに面接・履歴書のアドバイスをもらうことができます。

優良な求人を紹介してもれうだけでも視野が広がって転職の不安は解消するケースもあります。一度求人を紹介してもらってから転職をするかどうかを判断してもいいんじゃないこと思います。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

関連記事

入社一年以内にブラック企業を辞めたいと思うのは「いたって普通」の施行です。だって9割の人はやめるんですからね。どっちにしてもね。その時辞める理由を明確にして、転職するにしても自分の希望を明確に書き出しておきましょう。そうしないと転職してもまたブラック企業につかまってしまうかもしれないので、注意が必要ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!