ブラックな介護業界で社会福祉士(ソーシャルワーカー)を辞めたいとき仕事らつらい時に転職を簡単に行う方法 

頭が痛いサラリーマン

社会福祉士のあなたは患者さんとむきあって、患者さんの役に立ちたい、本当に役に立ちたいと思って社会福祉士になった意識の高い人なんでしょう。

人のために役に立ちたいというのは本当に仕事にとって大事なことです。仕事にそいういうことを求める人は今時少ないですからね。

そういう意味では社会福祉士の仕事は意味のある、充実した仕事になるべきものなのでしょう。

ただ、現実は

「患者さんとの接点がかなり少ない」

「支援というより、苦情処理みたいになっている」

「上司が嫌味で、仕事を何も押してれくれない 精神的にもう限界だ」

「もうねえ社会福祉士って福祉でも何でもないじゃん」

というふうに現実の仕事にかなり疲れていませんか?そう社会福祉士の仕事って実際の「人の役に立ちたい」という考えと実際の仕事にかなり落差というかギャップがあるんですよね。

また賃金も安いので、仕事の厳しさのの割にはちょっとねということが多いです。労働環境を考えると割に合わない感はありますよね。

実際、仕事は生きていくため、食って行くためにやるという面も大きいのでしょうがない面もありますけどね。

とにかくあなたは社会福祉士を辞めたいと思っているわけです。そう思ったらその「思い」からは逃れることはできません。

それだけあなたの「自分の意志で生きていく」という意識は高いわけです。意識が高いのは人生でプラスになりますが、テキトーに生きていくことはできないという面もあるんですよね。

どんなことにもメリットデメリットはあります。これは人生ではしょうがないことなんですよね。

意識高い系の人が社会福祉士になる でもその仕事とのギャップに落胆するケースもある

社会福祉士にはなる人は「意識の高い人」です。

人の役に立ちたい、人を助けたいという意識が高い人です。こういう意識はとても生きていくくうえでは大事ですけど、現実の仕事では「ギャップ」になります。

そう仕事ってキレイごとばっかりじゃないですし、人の役に立つ面もあれば、仕事をしていれば利益を求めなければいけないですし、ゴミみたいな上司とか同僚もいるわけです。

そうなってくると仕事に対していた自分のイメージと現実の仕事とのギャップに耐えられなくなってきます。

特にあなたは意識が高いので、普通の人よりその「ギャップ」の落差は激しいです。

そうすると一気に「社会福祉士を辞めたい」という思考になります。

一旦こうなるともう意識の高いあなたはこの思考から逃れることはできません。

ただ、これは悪いことではなくて

「自分に適した職場へ転職すべき」

という心のサインなのです。このサインが出たときは素直に転職活動をしたほうがイイです。

そこで我慢して仕事を続けていてても、数年後さらに状況は悪化しているのが目に見えています。そうです。仕事ってのは辞めたいと思ってから状況が改善することは、ほぼありません。これはどんな仕事にも言えるころですし、実際私も経験上、間違いないと思います。

社会福祉士でも労働環境のイイ職場はありますし、社会福祉士以外でも人の役に立てる仕事はいくらでもあります。

というか、仕事自体どんな仕事でも人の役には立っています。清掃の仕事だったとしてもキレイにしてくれるひとには

私はとても感謝していますし、郵便局の仕事でも配達してくれる人に感謝しています。

選択する職業は無限に広がっているんのです。

とにかく辞めたいと思ってしまったら意識高い系の人は転職するしかないですよ 自分の意志って曲げられないですからね

あたなが「社会福祉士を辞めたい」と思ったらもう辞める方向性しか残ってません。

それだけ、あなたは自分の意志が強いはずです。意識の高い人はそれだけ自分の意志で行動していますからね。

思考停止した人生など送っていくことはできないはずです。そのため転職という行動をやっていくしかないんですね。

自分意志を曲げてまで「辞めたい」と思った仕事を続けていくのはかなりキツイ選択です。

好きでも無い人と無理に、イヤイヤ付き合っているようなものですしね。想像してみてください。これが長くなれば長くなるほど状況は悪化していきます。

それならスパッと早めに行動をしていったほうがイイです。決断が長引けば長引くほどいいことは一つもありません。

幸い、いまでは転職活動自体はそれほどむつ家畜はありません。なぜなら転職専門のエージェントがあるからです。

自分でハロワとか見ても意味ないので転職エージェントをりよするのが転職には必須です

ハローワークとか使って転職活動しても無駄です。ハロワはブラック企業のオンパレードですからね。

転職活動をいざしようと知ると、どうしてもハローワークとか求人誌や転職サイトを利用しがちです。 これって、完全に情報不足なんで...

実際には転職エージェントを使っての活動は必須です。転職のプロのアドバイザーであるエージェントが企業を審査しているのでブラック企業はありません。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!