会社でセクハラを受けて辞めたい時の対応方法 公的機関か弁護士に相談するか転職するかの2択です

セクハラ

私が以前勤めていた会社では「セクハラ委員会」みたいなのがりました。なんか女性が3人くらい選出されて、「セクハラ防止を推進」みたいなグループがあったんですね。そんなのがあったんですよね。

でも、そんなのがあったんですけど、まったく機能していませんでした。私の働いていた会社の部署で、生産管理のリーダーをやっていた人がいたんですね。

そのリーダーは、違う部署の24歳くらいの女性にセクハラしてました。

ケツ触ったり、なんか性的ないやらしい暴言を吐いたりその女性も最初は交わしていたんですけど、日に日にしつこくなってくるセクハラに限界がきそうだったんですね。

それでもって、セクハラ委員会みたいなのに相談したみたいなんですけど、そんなの相談するだけで実際そのセクハラしてるリーダーとかを異動させる権限とかないわけですよ。何にも状況は変わらないんですね。

まあ、そのセクハラはその女性が結婚して退職することで終わりと告げました。私からすると

「あれ?結局そのセクハラしたリーダーって何のお咎めも無し?」

で終了したんですよね。まさに「チーン」って状態です。

そう、結局セクハラって凄く悲しい現実ですけど、女性がなぜか負けるんですよね。セクハラするやつって、どうせ女性にモテないレベルの低い男で媚び売って出世した感じの人間なんでそもそもそんな人間に「セクハラやめろ」とか言っても無駄なんですよ。だって常識とか通用しないでしょ?病気と一緒ですからね。

そんなリーダー当たりの奴でもセクハラしますけど、これが課長、部長、役員レベルになったらセクハラなんて無くならないですし止まらないですからね。

だって、部長とかがセクハラしてたら、誰か部長に「お前セクハラやめろよ」とか注意しますか?会社で上司にかみつく奴なんでいないですからね。

だから、セクハラってやりやすいんですよね。

そう、セクハラされたら多分だれも周りは助けてくれません。周りの人とかに相談しても相談に乗ってくれる人はいますけど、そのセクハラ自体は

「無くなることは無い」

と思ったほうがいいです。そのため自分で解決していくしかないんですよね。かなり悲しい現実ですけどセクハラの現実ってこんなもんです。

その解決方法は2つしかありません。

「労働基準監督署に訴える」「弁護士に相談して訴える」

もしくは、

「転職する」

という二択になってきます。

これには理由があって、そもそもこういったセクハラが起きるような会社って、もともと「セクハラに対する意識が甘い」というかそういうもので処罰とかされた人って多分いないんですよね。

まあ、セクハラ自体ほとんど犯罪というか、性犯罪に近いんですけど尻触るのを電車でやれば痴漢で捕まりますが、会社内でやれば全くおとがめなし・・・ということをセクハラをやっている人間ももちろん知っているんですね。

そう、セクハラをする会社ってセクハラしてもお咎め無しなんですよ。そういう社風というか、もう会社自体がセクハラに対してどうでもいいわけです。

だって、ブラック企業が長時間残業やらせて過労死とか出るでしょ?過労死せるほど仕事やらせてても別に仕事量を減らすとかそういった対応とかしてくれませんよね?

それと一緒で会社がセクハラ対応しても利益にならないから放置するんですよ。というか「そんなめんどくさいこと自分でなんとかしろ」っていうスタンスなんですね。

これって、大企業でもブラックな会社にありがちな考え方ですからね。こういった理由で会社に相談したところでセクハラって無くなりません。だから、労基に訴えたり弁護士を雇ったりして訴えるしか方法はないんですね。

労働基準監督署に訴える

労働基準監督署にセクハラをした上司を訴えます。もちろんその時にただ訴えるというのもアリですけど、効率が悪いのでしっかりと証拠を取っておいたほうがいいです。

まずは「録音」ですね。今ではスマホでも録音機能がありますし、ボイスレコーダーも数千円でアマゾンで売っています。

なんか、性的なことを言われたりしたら、それを録音しておけば決定的な証拠になりますしね。まずは録音です。

それでもって、職場にカメラとか設置しておくのもイイですね。ペンのカメラとかメガネ型のカメラとかこれもいくらでも出ているのでそういったもので撮影と化すればもう証拠としては完璧です。

そう労基とかも証拠が無いと動かないかもしれません。逆に証拠があれば動かざるを得ないってことになります。そうすると、まずは会社に労基が「勧告」をするんですね。

会社って従業員からの相談とかは無視することが多いですけど、こういった公的機関からの勧告とかにはものすごく敏感ですからね。そうすれば、セクハラ上司も異動とかになる可能性も高いです。ぐちぐちと誰かに相談するよりも、こういったクールに対応するのがセクハラでの対策になってきます。

弁護士に相談する

労働基準監督署が動いてくれない時には弁護士に相談します。もちろんその時に証拠があればなおいいですしね。

弁護士に相談すると、当然その上司を訴えることになります。まあこの訴えるっていうのはその上司をどうにかするにはかなり効果的ですからね。

仮に裁判とかまでならなくても「セクハラで訴えられた上司」ということになれば、もう社内での評判とか世間的な評判とかは地に落ちます。そうとうなダメージを与えることができます。

そうすればさすがに、そんな状況でセクハラはしてこないでしょう。そんな馬鹿な奴いるわけないですしね。

セクハラって会社内で解決しようとするのは今までの経験上ほとんど不可能です。だから淡々とこういった公的な期間や、法的な対応をするのがベターなんですね。

どのみち、そのセクハラ男は会社では居場所はなくなりますからね。こういった公的、法的な期間を使うのが一番手っ取り早いです。

ただ、この方法でもあなたも会社での扱いがどうなるかはわからない

ただ、こういった労基をつかったり弁護士を使って訴えたりすると、もう会社全体にそのことが知れ渡りますし、あなたも

「セクハラされてた女」

という目で見られますしね。

また、そんなセクハラを容認するようなですからあなたも閑職に回されたりする可能性もあります。いわば会社にとってなんか目立つものって「早く消えてほしい」的な対応されますからね。それが女性ならなおさらです。

会社って別に、女性社員なんていくらでも替わりがいますからね。そういった労基に行くとか、弁護士に訴えるとか言う女性って正直会社にとっては

「辞めてほしい物件」

になるんですよ。だってめんどくさいですからね会社にとっては。だからだんたんと会社でのあなたの居場所って無くなる可能性が高いです。

というか、そもそもそんな会社にいたいですか?だって、あなたがセクハラされてるときに、あなたの周りの男性社員とかも見て見ぬふりですよね。

まあ、上司だったら逆らえないのはわかりますけど、普段かっこつけてる男でもそういった上司には何も言えないわけです。セクハラとかあっても放置ですよ。

そもそも、そんな会社にいる自体が気持ち悪いというか吐き気しますけどね。それでも我慢して勤めて続ける価値のある会社なら務めるのもイイですけど

普通にそんな会社から転職しておさらばしたほうが精神的にも全然いいと思いますけどね。

第二の選択「転職する」

正直、私ならセクハラがあった会社は転職しますね。もちろん生活とかがありますから、なるべく会社に勤めながら転職活動をしますけど、とにかく転職活動はします。

なんか、あなたにとっては「逃げる」みたいでいやかもしれませんけど、逃げることをずっと我慢するのってかっこいいとか思ってませんか?それって社畜洗脳されてますよ。

ブラック企業で長時間労働させられてずっとその状況で逃げないで結局、過労死したりうつ病で自殺してしまうののにています。逃げる本能ってもともと動物の本能

の中で一番大事なものですからね。動物の世界では逃げるのが遅れたら、捕まって食べられてしまいますから、すなはち「死」が待ってるわけです。

まあ、セクハラで死ぬわけじゃあないので我慢すればいいと思ってるならいいですけど、私なら絶対嫌ですからね。そんな会社でウジウジやってるのって。

なんか、そのことで悩むこと自体がばかばかしいですし時間の無駄だと思ってしまいます。

そんな会社に居たくないでしょ?私が20代~30代前半だったらソッコーで転職します。といってもセクハラされるのはそのくらいの年齢が多いですしね。

だいたいセクハラをする人間を容認する会社でなんて腹たきたくないですよ。同じようなことで、職場でいじめをするような人間を容認する会社でも働きたくないです。会社では残念ながら、セクハラもイジメも「よくあること」でかたずけられてしまいますからね。

転職活動するとききは、バカ正直に「セクハラされました」とか言わなくていいですよ。イジメられてても「会社でイジメられてた」って面接で言う人いないでしょ?

それと一緒です。もうすっぱりとそんな会社おさらばしたほうが精神的にも人生の時間的にもイイと思いますけどね。

労基とか弁護士に相談するのも、転職するのも結局「自分で動かないと」セクハラは絶対に解決しません。周りの人間とかに頼っても無駄ですよ。

だってもしセクハラしてる人間が部長とか上役人間だったらあなたのために動いてくれる人なんて「いません」からね。

あなたのために動いたら、自分が降格、左遷させられる可能性もあるんだからあなたの彼氏とか旦那だったら動いてくれますけど、ただの同僚が動いてくれる可能性は

ゼロに近いです。これって会社員の経験が10年以上ある人なら普通にわかることなんですよ。

個人的にはものすごく悲しいことですけどこれが現実です。

そうはいっても転職活動するなんて不安がる・・・と言う場合には

もし、転職活動をするのに不安がある場合には、一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。

そうすれば、今いる会社じゃなくても働きやすそうな会社がたくさんあるというのが確認できますし、これからやってみたい仕事を選ぶための判断材料にもなります。

なにより転職活動への不安が和らいできます。

ただ、ハローワークとかちまたに出ている求人誌とかではブラック企業が多く掲載されています。これは、ハロワが掲載企業を審査していないからなんですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動のアドバイスをしてくれます。

たしかに転職活動ってやったことが無いとかなり不安です。私も転職する前は本当に不安でした。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、あドバイスを受けながら履歴書を作って面接対策をすれば、内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!