年功序列の会社がおかしい コネとヨイショの人材だけの会社には見切りをつけるべき

燃え上がるサラリーマン

年功序列の会社って、少なくなってきてますよね。

でも、まだまだ日本的な年功序列の制度がある会社はたくさんあります。特に大企業はその向は抜けていません。

一件、福利厚生もしっかりしていて、仕事が特にできなくてもだんだんと出生してく年功序列の会社は美味しいように思われます。

ただ、このこういった制度も社会の急激な変化で会社の維持自体がむつかしくなってきているのが現状です。

「私は年功序列の会社に入って後悔している。仕事ができないあいつのほうが出生している。転職したいけど会社自体はまだまだ安定しているからそういったリスクもあってなかなか転職に踏ん切りがつかない」

といった不満を持つ人も多いでしょう。

ただ、安心してください。こういった不満も持っているのは正直あなただけではありません。

年功序列の会社はメリットも多いですが、時代の流れでだんだんデメリットのほうが大きくなってきました。そして、それを理由に転職する人も増えてきたので上手な転職をすれば自分が納得できる会社に転職することも十分可能です。

年功序列の会社にい不満を持っている人はこの記事を読んでみてから転職をどうするかを判断してみてください。

年功序列は「和」を乱さないのが鉄則 まあ仕事は出ませんわね

メモを取るスーツの女性

年功序列ってどういうイメージがありますか?

普通にのんびり仕事をしていても時期が来ればだんだんと出生してく。といったイメージですかね。

こういった会社の徹職として古い日本企業の美徳とされてる「和」を乱さないといのがあります。

「和」を乱さないってなんのこっちゃ?ということですけど、一言でいうと、「上司に反抗しない」ことです。

言い換えれば「自分の意志や意見なんかは言わない思考停止」です。そう年功序列の世界では「自分の意志」などいらないんですよ(^O^)/自分の意志がいらないってことはただの生きる屍でもお金をもらうことができるシステムです。怖いです。

上司の指示だけを守って余分なことをしない

上司の指示をだけをしっかり聞いて、あとは自発的には余計な仕事をしないことが年功序列の会社ではなにより大事です。

なんでこうなのかというと、もともと年功序列の会社の出世の体形が、上司に「気に入られた」部下がその上司に上のポストに引っ張ってもらうというメカニズムがあるからです。

たしかに、まったく無能だと出世は厳しいですが、逆に全く無能でも上司に気に入られればある程度出世できてしまう怖いシステムなんですね。

ただ、これが悪いことだけでもないわけです。企業体力のある会社は、ポストもある程度空いていて上司のいうことを聞いていれば出世できるという妙な安心感があります。

年功序列はそういった社風になじんで、自分を殺していけるキャラならば天国だよという社風なんですよね。

でも実際こういう気に入られればいいという社会構造も限界に来ていますよね。接待ゴルフとかやってる間に、中国なんかに企業レベルが追い抜かれて、いま日本の会社はもう総崩れ的になってきています。

やっぱり会社は効率化を図ってなんぼなんですけど、残業している人間のほうが上司に好かれるみたいなシステムの会社ばかりの日本。もう終わりが近い感じもします。

でもまあそういう会社はこんな時代で生き残ってくのは無理ですよね。東芝・シャープのように現状維持をずっとしていると、結局技術を出し抜かれてああいう風な状態になります。

年功序列で出世する人はアピールしない人 ただひたすら言うことを聞きいていれば何とかなる会社は・・ちょっと厳しいよね

外資系の会社なイメージ通り「完全に能力主義・成果主義」です。

そして、自分の結果や能力を自己アピールしていかないとドンドン出世どころか首になってしまうリスクもあります。

ただ、外資系は自分の仕事の能力に自信がある人にとってはうってつけの業界なんですね。その反面仕事の量はハンパないのでパワフルな人材じゃないととてもやっていけません。

年功序列の会社はその対極にあると言ってもいいでしょう。

年功序列の会社では、出世するには自分の能力をアピールすると逆にうまくいきません。それより、「言われたことは絶対に守る」「会社の判断は絶対で口出しなんてもってのほか」といったキャラをアピールすることのほうが全然大事です。

そういうキャラを何十年も貫いていくことで、会社側から目に留まり「こいつは会社に絶対服従だな」という安心感からポストが与えられます。

会社にとっては現状維持がなにより大切なので、ズバズバ自分の意見を言うような人材は必要ないんです。

これ、思うんですけど、今の新卒の面接とかとは矛盾してるんですよね。面接では「自分の意見を大切にして指示待ち族でダメ」みたいな空気がありますけど、実際会社に入ってみると真逆の社風だってことは、日本の企業の「あるある」なんですよね。

でも実際こんな日本的な社会文化ってもう限界に来てるんですよね。大手の会社が次々と破綻しているのを見てもそれがよくわかります。

ただその年功序列制度も限界にきている

時計と航海図

これはよく聞く話ですが、年功序列制度も限界に来ています。

中学生でもわかることですが、シャープや東芝といった年功序列の神のような会社もダメだといわれて数年でもう満身創痍。

といかシャープなどはか会社自体が実質買されて消滅しました。

社会自体が変わってきているのです。これは仕方のないことです。

昔は手作業でやっていたことが、IT化で機械化が進み、作業自体が人がいらなくなってきている会社があります。

そう、それは日本がトップを走っていた「ものつくり」の製造業が特にそうです。

こういった会社はもともと年功序列の会社がほとんどで、へたに社員の首を斬ることができずにドンドン人件費がかさんでいったんですね。

そしてやっとリストラを始めたときには会社が傾いているとき・・・・

リストラをしない会社がいい会社だとは思いますが、その判断が遅れることで会社が亡くなれば社員全員が路頭に迷います。

なまじ、企業体力がある会社のほうがこういった昔の好景気だったころの実績に酔いしれた判断が遅くなるケースが多いです。そして気づいたときにはもう、経営挽回ができないというのがだいたいの「大企業がつぶれるよくあるパターン」なんですよね。

会社の寿命を見定めてまずいと感じたら転職すべき

メガネを上げる男

あなたの会社は大丈夫ですか?

会社には、人間と一緒で寿命があります。どんな優良な会社でも「永遠に続く」ことはありません。

ちなみに会社の平均寿命は30年と言われています。30年以上にわたって利益を出し続けている会社は優良な会社とも言えます。

①導入期(会社立ち上げ)
②成長期(会社がぐんぐん成長していく時期)
③競争期(同じ業種での会社と競争が激しくなる時期)
④成熟期(同業種との競争に打ち勝ち安定する時期)
➄衰退期(その業種自体に世の中のニーズがなくなり会社が衰退していく時期)

会社はこういった成長過程を経ていきます。当然、成長期の会社に入るのが一番いいわけですよね。衰退期の会社に入ったらそりゃもー悲惨ですよ。これって会社の規模が大きくても衰退期なら全く意味ないですよね。

参考記事

アラサーで収入アップをするには、今いる会社で出世するかブラック企業を避けて転職かどうかです。どのみちあなたの勤めている会社がブラックなら出世しても意味ないですし、結局転職する羽目になるんですよね。そのときにどうすればいいかをご紹介しています。

ものすごく大事なのはあなたの会社がどの時期にいるかをしっり見定めておくべきです。

「やばい、俺の会社完全に衰退期だよ、どうしよう??」

という場合は早めの対応が必要です。

「でも対応ってどうするんだ?」

と思うかもしれませんが、その場合はしっかりとした転職計画を立てて行動すれば今より自分にあった会社を見つけることができます。

日本の年功序列が残っている会社はほとんどがこの「衰退期」に当てはまると思います。

その場合でも焦らず、転職計画を立てて行動した人が有利になるのは目に見えていますよね。

もしあなたが、衰退期を迎えた年功序列の会社にいたいのなら、それ相応に未来を覚悟しておく必要があります。それが嫌なら転職しましょう。

「でもさあ、転職ってどうするんだ?」という場合は転職エージェントに登録して転職のプロであるエージェントに相談してみましょう。

転職をするなら転職エージェントを利用しよう

考える女性

転職をする場合、会社を辞めてから転職するより会社にいながら転職活動をするほうがリスクが少ないです。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!