自営業からサラリーマンに転職するのは不利じゃない理由と転職で気を付けるポイント

自営業

私は今、ネットで食ってるので自営業です。サラリーマンもやていて転職もしたことがあるので、どちらの気持ちもわかるつもりです。

いまからサラリーマンにもどろうとは思ってないですけど、もしサラリーマンにもどるとしたら自営業とサラリーマンの決定的な違いだけを押さえておけばそれほど自営業からサラリーマンになるときの転職活動で苦労することはないでしょう。

自営業とサラリーマンの違いは「協調性」「命令を聞く」ということですね。仕事がうんぬんよりも、サラリーマンはやったことがある人ならわかりますけどとにかく「協調性」と「上司の命令を聞く」ということです。

これってオチがあって「よかれてお思ってやったことでも目だったりすると出る杭を打たれる」「上司の言ってることが明らかに間違っていても命令は聞いたほうがイイ」ってことですよ。そう当回しにサラリーマンをディスっています(^O^)/

自営業だと経営がうまくいかないとかはほぼ自己責任ですが、ある程度自分のやりたいようにできますからね。あまり命令されることも無いです。

サラリーマンは経営がうまくいかないのは経営者の責任です。その代わり会社の言うことは「間違っていても聞かなければいけない」ということです。

どっちもメリットデメリットがありますよね。どっちがいいかってのはわかりませんけど、サラリーマンになるなら間違っていることでも上司とかの言うことは聞かなきゃいけません。そうすれば生きていけますし、ある程度平和にサラリーマン生活を送ることができます。

いや、でも私はイヤだな・・・サラリーマンをやりたくないなと思いますけどね。

でも、サラリーマンのほうが定期収入が入ってくるのでたしかに自営業ほどの不安感はないです。どっちがいいかはやってみないとわからないというのが本音ですね。

前置きがながくなりましたけど、自営業からサラリーマンに転職って不利じゃないですよ。私は面接官をやったことが何度かありますけど、前職がサラリーマンでも自営業でもそんなところを見る人はあまりいません。

もちろん、ニートとかでずっと働いてなかったってなるとそれはやっぱり不利になりますけど、普通に自営で働いていたならその点が不利になるってことはありません。これは間違いないです。

けっこう、電気設備で一人親方とかやってた人とか製造業に転職してくる人とかいましたからね。そんなところといちいち

「こいつ自営業だったから我が強そうだからサラリーマンに向いてないよな」とか思う面接官とかいませんから。

一つだけ、「自分のやりたいようにやりたい」みたいな雰囲気とかアピールだけは面接で避けたほうがイイです 自営をやってたけど協調性はあるとアピールすべきです

ただ、自営業をやっていた人って我が強い人が多いです。そういったイメージは正直あります。別に我が強くてもイイんですよ。それ自体が転職に不利になるってことはありません。多少性格が我が強くてもイイ人も多いですしね。サイコパスパワハラ上司とかに比べれば100倍いいです。

でも、それを面接とかの場でなんとなく出してしまうのはNGです。

まず、面接でやりがちなのは自営業時代の武勇伝とか言っちゃダメですよ。面接では自慢系のアピールは超NGです。

「従業員を何人も抱えてやっていた時代があった。」→俺って凄いだろ

「一時期、年収2000万円位の時があった」→俺って凄いだろ

こういう風に面接官には取られますから、自分で意識してなくても自慢話と取られそうなエピソードは避けるべきですね。

面接官て結局「苦労話」とか「謙虚に働きます」的な話が大好きです。外資系企業とかを受けるなら自分アピールをガンガンやっていったほうがいいんですけど、

普通に日本の会社の面接を受けるなら、「苦労話」とか「謙虚に働きます」系の話でまとめ上げたほうが無難です。

たとえば

「電気屋を個人で営んでいましたけど、近所に大型の家電量販店が2つできましてそれからは売り上げが激減しました。何とか立て直そうと地元のお客さんをメインに修理などのサービスと丁寧に行って行くことで差別化を図ろうとしました。

しかし、それも限界がきてどうしても事業を営んでいくのが困難になってきました。妻と相談をして一般企業に就職活動をすることにしました。御社での電気系の設備の興味があり採用された場合には全力で仕事にと組みたいと思っています。」

「印刷業を営んでいましたが、昨今のネットの普及でペーパーレス化の波と言う時代の流れには逆らえずに、売上が激減してきました。

自営業は諦めて、勤め人として働いてい行こうと決心して就職活動を始めた次第です。御社の○○と言う仕事に惹かれて面接を志願しました。

サラリーマン経験がありませんので、採用されたらとにかく皆さんの言うことを聞いてできるだけ早く仕事を覚えていきたいと思っています。

勤め人として至らない点があったらどんどん指摘していただけると助かります。」

とまあ、ちょっと極端ですけど、「苦労話」と「謙虚な態度」を織り交ぜて志望の動機とかを作っておくと面接官の受けはいいです。自営業時代の武勇伝とか良かった時代とか入れちゃダメですよ。

もう一度言いますけど面接官って苦労する話とか謙虚な態度が大好きですからね。日本企業ってほどんどそういった傾向があるので自分アピールとかしないほうがイイですよ。なんとなく微妙なかんじですけどね。それが現実ですから割り切っていきましょう。

さて、でもこういった面接対策とかは自分ひとりでやるのはちょっとむつかしいですよね。転職活動自体が初めての場合はどうやっていいかが解らないことが多いです。その場合には転職エージェントで転職のプロであるエージェントのアドバイスをもらうと効率のイイ面接対策を練ることができますよ。

ずっと自営業だとブラック企業の存在知ってますか?これって警戒してないと簡単に捕まりますよ

ずっと自営業をやってきた場合には、転職活動とかもはじめてのばあいがおおいですからね。あと、あたなはブラック企業の存在を知ってますか?

ネット情報とかをよく見てる人ならわかってますけど、意外と自営業をやってると会社によって労働環境が天地ほどちがうっていうことを知らない人がいます。

あまり深く考えずに、内定を取れたところでいいから入ろうっていうスタンスで転職活動をしてると、高確率でブラック企業に捕まることになります。

ます、転職とかでハローワークとかちまたにある求人誌とか使っちゃダメですからね。ハロワとかはブラック企業がたくさん掲載されています。

これってハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。だからブラック企業がてんこ盛りです。

ブラック企業に入ると、長時間労働でしかもサービス残業っていくらでも残業をさせられて、パワハラ上司に毎日罵声を浴びせられて、責任の重い仕事を

す具にやらされる上に、低賃金で時給に換算すると900円くらいのコンビニバイトよりも時給が安い仕事を精神が崩壊する前やらされることになりす。最後は過労で倒れるかうつ病で倒れるか、最悪過労死、自殺が待ってますからね。まったく未来が無い人生になってしまいいます。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

自営業の場合やっぱりサラリーマンになるというのは正直不安ですし、転職活動もなにからやっていいのかわからないケースもあります。自己流でやると効率も悪いので、さらに不安が増してきます。

しかし、転職って優良な求人を消化してもらって、アドバイスをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

転職活動に不安がある場合には一度憂慮な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがイイと思います。そうすれば自分がやりたい仕事を選択しやすくなりますしおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!