職場の同じ部署の女性を好きになってしまった その女性には彼氏がいる場合の略奪方法

社内恋愛

会社で働いてていると必ずあるといっていい「職場恋愛」ですね。

新入社員の娘が入ってきたり、同期の娘と同じ部署になったり、先輩の女性がりりしい感じでああいいなあ・・・・

なんてことがよくあります。

ただ、職場の中での恋愛、仲良くなりやすい反面失敗すると正直めんどくさいです。ましてや同じ事務所とかで毎日顔を合わせる場合は、もし関係が修復不可能になったら毎日気まずい雰囲気の中で仕事するのはかなりキツイです。

同じ部署でアプローチ失敗するとなんか悲惨なことになりますからね。キチンと段階を踏んでアプローチして確実に女性を落としていかないといけません。

ですので、なるべく職場恋愛は慎重に段階を踏んで、目当ての女性をモノにしていきたいところです。

ここでは、どうやって職場で同じ部署の女性をモノにしていくかをご紹介します。

絶対にやってはいけないことは「いきなり告白」

まず、最初にやっちゃいけないことがあります。

それは「いきなり告白」です。大人になってからこれをやる人は少ないですが、好きになるとどうしても視野が狭くなって自分の衝動を抑えられずに、いきなり告白してしまう人がいます。

これはほぼ100%失敗します。もちろん、すでに目的の娘と距離感が近くなって何度かデートしたとかなら可能性はありますが、そういった前置きなしにいきなり告白は絶対NGです。

マンガとかドラマでたいして親しくないのにいきなり告白したりしますけど、それがうまくいくことはありません。

ちなみに、告白をしなくても女性はものにできるので、男性から告白する必要はありません。

「告白」っていうのがそもそもな違いで、距離感を縮めていけば自然と付き合うようになります。カン違いしている人がおおいんですよね。困ったものです。

まず女性との距離感を縮めていきます 

その目的の女性は同じ部署にいるとします。

まず、同じ部署ですから、当然、事務的なことを話す機会はあるでしょう。

事務的な話をしながらまずやることは、相手との「距離感」を縮めることです。

距離感を縮めるにはまず、相手の女性に「気さくに会話ができる男」というキャラを印象付けます。

それにはコツがあって、その女性の身に着けているものや、お互いに「共有しているもの」で会話を構築しています。

女性は自分の目で見たものの話題にはとても敏感に反応します。これは「女性脳」特有の反応です。

逆に女性は自分に今、身近にあるものには反応しにくいです。男性は経済の話や政治の話がすきですけど、女性はそういった目に見えない深い話はあまり好きではありません。

距離感を知事めるために、女性とあなたの共有物を使って会話と構築します。たとえば

「このパソコン古いな、イライラするだろ?」
「○○課長今日もねむそうだよね」
「○○君は今日もテンション高いよね」
「この仕事さあ、もう辞めてほしいよねマジだるいよね」
「その顔、なんか疲れてない?あ、遊びすぎでしょw」

とあなたとその女性との「共有物」を使って会話を作ります。

なんでもいいです。あなたと女性の目の前にあるもの、近くにいる人、近くにあるモノ、共有している仕事内容など一目でわかるもので会話を作ります。

なぜこれが必要かというと、女性が簡単に理解できてリアクションんを取りやすいからです。

こういった内容話なら、女性は必ず受け答えしてくれます。

よくあるのが、いきなり頑張って面白いことを言おうとしてスベッてしまうパターンがあります。

最初は面白い話はいりません。とにかく二人が旧友しているものから話題を展開して、少しずつ距離感を縮めていくようにします。

そして女性となんでも「言い合える関係」を構築します イメージは妹とか姉さんとかくらいに物事を言い合える関係です

少しずつ女性との距離感が縮まってきたら、次は「言い合える関係」を作っていきます。

まず、たわいもない話をすることができるくらい距離感が縮まってきたら、多少リスクをとってその女性に「突っ込み」を入れていきます。

「突っ込み」を入れるのは言い換えるとその女性を「茶化したり」「からかう」というイメージです。

あなたも子供のころ妹や近所のねーちゃんをからかったりしたことがあるでしょう。そんなイメージです。

「その、バックなんか中学生のみたいじゃん」
「ああ、なんか今日も眠そうな顔してるねえ仕事だるいっしょ?」
「笑う顔面白いね、お笑いの人見たい」
「その言い方おかしいだろ、絶対男尻にひくだろ」
「君顔かわいいけど、なんか詐欺師っぽい顔してるねw」

こんな感じで相手をちょっと軽くからかう感じで会話をしてきます。

会話にちょっと「突っ込み」や「からかう」要素を入れていくとだんだんと女性も言い返したりしてきます。

この男には、キツメの会話やぶっちゃけた会話をしても大丈夫だと感じてきます。そうなっていくとだんだんと「言い合える関係」を構築することができます。

簡単にいうと、あなたも男同士で仲のイイやつとはこういう、突っ込んだり、からかったりする会話を普通にしてますよね。

それを男女間でできるようにしていきます。

この「言い合える関係」ができるともう、女性によってはあなたに「好意」を寄せてくる人もいます。

それだけ、男女間で「言い合える関係」の構築は大事なものなんですね。

その女性の考えていることを把握して仕事や彼氏のことを深く話せる関係にもっていきます

「言い合える関係」が構築されてきたら、だんだんとその女性と深い話をしていく間柄をめざしていきます。

「深い話」というと難しそうですが、仕事の悩みや、彼氏との関係の悩みなど「悩み系」の話全般が「深い話」です

いきなり初対面とか「言い合える関係」ができていない時にこういった深い話を聞いたりすると「何この人??距離感近すぎ」みたいな印象を持たれてしまうんですね。男女関係に限らず人間関係で親密度を上げていくのは順序があります。

「深い話」を引き出すには、質問の角度を変えたりして聞き出していきます。

注意点はしつこく聞いたりしないこと。女性の彼氏のこをとしつこく聞いたら相手はドン引きします。あくまでも

「会話の流れから自然に」聞き出すことがポイントです。

「そうだ、パスタのこの店美味しいんだよね。ああそうだ、彼氏と一緒にいけばいいじゃん」

「仕事毎日残業だよね最近ん。彼氏とかと遊べないんじゃないの?」
「○○課長からの仕事できた?どう?課長ってきついこといってくるでしょ?」
「この仕事もけっこうしんどいよね。どう仕事でやなこととかある?最近」

こんなイメージで「話の流れからの質問」を意識していくとスムーズに質問でいます。

直接聞きたいこをと質問するのではなく、ほかの話題などをはさみながら、さりげなく質問すると違和感がありません。

この「質問力」は女性に対してだけでなく、話を膨らませるには必須の会話能力なんですね。

「言い合える関係の構築」ができてきたら→「深い話の展開」で質問力を駆使して会話と切り盛りしていく。

この関係ができてくると、女性からあなたへの「好意」のサインが出てきます。

女性からの「サイン」を確認します

まず、「サイン」とはどういったものでしょうか?

女性からのサインは「あなたに友達以上の好意を持っているサイン」ということです。

この「サイン」その落としたい女性から出てくるのを確認してから食事などに誘うアプローチを開始するわけです。

このサインを見極めるのは比較的簡単です。女性からの好意の「サイン」は

聞こうと思ってあなたに質問をしてくる。

これは、会話の流れを止めていきなりあなたのことを質問してきます。

「彼女とかいるの?」
「好きな女性のタイプは?」
「何歳だっけ?」「どこの出身?」

などなど具体的にあなたのことを質問してきます。

何度も同じ質問をしてくる

これも興味からのサインです。「彼女いるの?」とかを3回以上聞いてくるのは確実に好意のサインです。

欲望のサイン

「私、○○ですごく優秀だったんだよ。」
「すごく勉強頑張ったんよ私。」
「しとど一生懸命なんだよ最近。」

こういった、レベルの高い女性と認められたいという「欲望のサイン」がでてきます。これも好意のサインです。

願望のサイン

これは「あなたのしゃべり方」などを真似してきます。相手の女性をからかったりしていると、相手もからかったりしてきます。子供同士が仲良くなったりするとこういう関係になってきます。

あなたのキャラクターがうらやましいと思い、マネしたいという願望のサインということです。

これらのサインの2つ以上できたら、アプローチを開始しても大丈夫です。

逆にこういったサインが出ていないうちにアプローチを開始すると高確率でうまくいきません。

一見うまくいきそうな雰囲気でも「そんなつもりじゃなかった」などど適当な理由を突けれ断られます。

好意のサインをしっかり確認してから、アプローチーをしていきましょう。

サインが出たら食事に誘いましょう その場のノリでホテルも可能です

上記のような「好意のサイン」を確認できたら、食事誘う、映画に誘うなどのアプローチをしましょう。

最初の1~2回目のアプローチは、なるべく短時間で済むような食事や飲みのほうが無難です。

いきなり一日かけて、イベントに行こうとすると思わぬアクシデントなどがあって失敗する可能性を高めてしまいます。

最初は、食事をするだけにするとか念を入れてアクシデントが少ない誘い方にしましょう。

ただ、すでに好意のサインが出ているので、うまくいくと食事をしながらもより具体的なサインが出て来る可能性があります。

たとえば

「彼氏とうまくいっていない、浮気はOK」
「イイ男いないかなー」
「最近寂しいな」

といった具体的なサインが出たときはホテルに誘っても大丈夫です。

逆にこういった具体的なサインが出てこなかったら、最初は無難に食事だけをして、2回目3回目あたりでアタックするといった方法が堅い方法です。

その時も特に彼氏の女性などは、ホテルに誘ったほうが無難です。逆にいい大人が告白などはしないほうがいいです。

彼氏がいない場合は、告白もアリですけど彼氏がいる場合はやめたほうがいいです。

なぜなら、相手の女性に彼氏がいる場合は「彼氏はいるけどちょっと遊んでみようかな?」という感じであなたについてきているということだからです。

要は彼氏がいる女性にとってのイイ浮気相手なんですね。ただ、浮気相手といっても彼氏との仲が現在進行形で悪くなっているケースでは、ぶっちゃけあなたが本命に慣れる可能性はかなり高いです。

略奪系なんですが、恋愛は戦争なのでこれはいたしかたないですね。

既婚者相手の不倫はまずいですが、未婚の男女なら奪い取っても何ら問題はありません。

そのくらいできないと、自分の好きな女性をものにすることはできませんよ。

社内恋愛は失敗しないほうが本当にいいので、段階を追って女性を攻略しよう

一通り社内恋愛で同じ部署にいる女性の落とし方を案内してきました。

やはり社内恋愛は失敗すると、すぐにうわさが広がり仕事面でも悪い影響が出る可能性があります。

そういった破局カップルを何組もみてきたので、ぜひ段階を踏んで、しっかりと確実に好きな女性を

モノにできるよう行動してみてください。

あなたの恋愛成就を祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加