ブラック企業の代表飲食店の雇われ店長を辞めたいる方法 転職しないと命にかかわりますよ

飲食店で店長に昇進した。うれしいなと思う人は誰もいないでしょう。「名ばかり店長雇われ店長」という名目で残業代は全くつかないのに、責任と仕事の重圧、労働時間ばかりが増える意味不明な役職です。

どうして、待遇が悪くて給料も低くて劣悪な労働条件とわかっていても「名ばかり店長雇われ店長」になってしまうのでしょう?

それは、新卒で就活に失敗していやだったけど外食産業に就職したとか、大学生のうちからバイトに入っていて就活をしなかったのでそのままファミレスに就職したみたいなパターンが多いです。

バイトのうちは責任が無いですが、外食産業は年中無休で祝祭日はかきいれどきで殺人的にお客さんが流れ込みます。休みも不定期で、店長になった日には家に帰っている時間のほうが短いのが当たり前。店にこもりっきりという状況もめずらしくありません。

「いやもう限界だ。このままでは死んじゃうよ。」という状況になったらかなり深刻な状況と言えます。というか深刻な状況になった時はもう終わりなんですけどね。ほんとに過労死したり自殺したりしますからね。ホントに怖いです。まだその怖さが分かっていませんよ。雇われ店長になった時点で人生終わりみたいなものです。

悲しいですけど、飲食業界を選んだ時点でまともな会社というか職場は少ないです。しかも飲食業の正社員になったら最後、雇われ店長を襲名してそこから人生は上を向いていくことは絶対ありません。

ここでは、外食産業の名ばかり店長の悲惨な状況と転職方法をご紹介します。

毎年のように過労死が出ている業界なのに待遇は全く変わらない

奴隷社員
外食産業は毎年のように「過労死」が出ている業界です。これ本当に先進国の話なの??

というあっけにとられるような労働内容です。いや、仕事で過労で死ぬって・・・仕事って生きていくためのものなのに死んでどないするんですか?

なんで日本は先進国でありながらこんなに外食産業の労働条件が悪いのでしょうか?

それは、「過剰なサービス」が原因になっています。店をフル回転でまわして、薄利多売で儲けるのが最近の外食産業のやり方です。そのため従業員は基本「使い捨て」「兵隊」という位置づけで従業員の人件費を極限まで抑えつけて、お客さんの回転で利益を生むという方法をとっています。

それだけならいいのですが、低価格レストランなどでもかなりの高レベルな接客をしています。お客さんのクレームには完全に対処して、必死に頭を下げる接客が基本中の基本です。

仕事がきついうえに客層も悪く、クレームも多い。しかも24時間営業がどんどン増えている外食産業です。

もうこれだけ聞いてもどれだけ働いている人の労働条件が悪くなっていくは簡単に想像できますよね。

2chから抜粋
前に、すかいらーくの正社員をやってました。
私の場合は毎日、10時~26時営業の店舗で、朝8時出勤の朝4時退店でした。
そのうち、休憩時間はわずか1時間のみ。休日は月に6日。
通勤に1時間かかることを考えると、残りの睡眠時間はわかりますね?
ありえないですね。あきらかに労働基準法違反。
残業代は制限なしなのでフルにもらえましたが、
それでも月に30万いきません。もちろん諸費用込みです。
殺される前に辞めましたが、案の定、過労死が数名出てしまいました。

と現場の人はこんな感じで働いています。

そんな状況の外食産業で「雇われ店長」になってしまったらどうなるでしょう。

「休みはほとんどとれない」
「長期休暇などもってのほか」
「管理職だから残業代は出ない」
「管理職だけど極限まで低賃金」
「合法的に残業代を出さない会社側の思惑通り」
「店長なんだから死ぬ気で働けや」

「お前店長なんだから死ぬつもりで責任とれや」

「お前は死んでもいいから店の売り上げは上げろよわかってるよな?」

「もう死ねよお前なんてでも店はちゃんと売上上げろよ(´▽`*)」

といったことになります。ここ数年でも「ワタミ」や「庄や」などは過労死でもう名前が定着していますね。いやあ壮絶ですよね。というかワタミとかあれだけブラック企業大賞とかに名前を連ねているのに、入社しようとする人間がいるっていうが驚きです。

だって、世の中のほとんどがワタミよりまともな会社なのに、あえてワタミを選ぶっていう意味すら分かりません。パにくっているんでしょうかね?いくらでもほかにいい企業ありますよ。一度冷静になってくださいな。

参照 ブラック企業大賞

これだけネットで情報が回っていて「飲食業界はブラック」ってわかってるのに飲食をやるのがよくわかりません。これやるなら、絶対に製造業とかの派遣のほうが100倍マシですし、生活も安定します。

ブラックな職場な自動車整備士は「ホワイト工場」に転職することで待遇が一気にアップします。ディーラーの整備士とかノルマが合って悲惨ですし、やってられません。整備士なのにものばかりうらされてもう大変です。ホワイト製造業の求人をさがしていくほう穂をご消化しいています。

外食産業に勤めている理由は人それぞれですが、労働環境は著しく悪い説くことがもう一般的にも定着しています。それなのにあえてそこで働くというのは訳があるのでしょう。

もしそうでなくて、間違って入ってしまったりしたなら速攻で転職したほうがいいです。

別に飲食以外で仕事が割と楽な仕事なんて世の中にはいくらでもありますからね。

体が壊れる前に人生が壊れる前に過労死する前に転職をしよう ホントお願いですから自分を大切にしてください

考える青年

外食産業に勤めている友人が普通にうつ病になって、社会復帰するまでに数年かかりました。

その友人は、うつ病になる直前「雇われ店長」でハンバーグ系のファミレスに勤めていたのですが、時間外に換算すると270時間/月とかやってました。

その上、お客さんからのクレーム処理やバイトのシフトを考え、バイトもハードワークのために次々に辞めていくという・・・

よく、「なんでそんななるまでやるの?うつ病になる前に辞めればいいじゃん」とよく言われますけど仕事がハードで上からノルマなどを強要されて仕事をやり続けると「思考停止」に陥るんですね。視野が狭くなって、「仕事を辞める」ということまで考えられなくなります。そうなるとどうなるかというと

「どうやって死のう」「どうやって仕事から逃げ出そう」

など「辞める」という思考も麻痺してきます。

このまましばらくすると、重度のうつ病なってしまうわけです。

この視野が狭くなる状況になっているとかなりヤバイです。もうこうなったら、「辞める」ことを考えましょう。

長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。

普通の企業だったら「休職する」ということも選択肢にありますが、外食産業では求職して戻ったところでまた同じことをやらされるのは目に見えています。

うつ病になると、社会復帰に最低2年くらいかかります。先ほどの友人も最近やっと笑顔が戻ってきましたが、うつ病のときはまるで別人の要でした。

表情が無く、すぐに泣いたり「死にたい」とポツリといったりともう昔の明るかった友人の姿はありませんでした。

外食産業で「雇われ店長の」の悲惨な労働状況に耐えているあなたあは「辞めたほうが良いです」と強く言いたいです。未来がないですから。ホントお願いします。お願いしますから雇われ店長になって体を壊して人生破たんするというのだけは避けてくださいお願いします。

外食産業からの転職は思っている以上に需要があります

笑うサラリーマン

外食産業に新卒から間違って入っていまい、あまりにブラックぶりにこうかいしている。バイトからそのまま正社員になったけどやめときゃよかったと思っている人がほとんでしょう。

「でも、ここを辞めても入れる会社なんてあるの?」と不安に思うでしょう。

でも、最近ではブラック企業が社会的に認知されてますし新卒社会人の3割は3年以内に辞めてしまいます。

そのため、求人側も第二新卒という25歳までの枠をとっいるところがおおいですし20代ならば
一般的な企業であれば未経験で採用してくれるところがほとんどです。

このまま、ズルズルと苦しい状況で外食産業で店長をやって寿命が縮む思いをするより、スパッと辞めて転職したほうが今後の人生のためになりそうです。

毎日12時間以上時には16時間くらい働いて、家に帰ることもできずに月に休みは2~3回あるかないか・・・・

ほとんど奴隷と一緒の状況の労働環境では将来のイメージをまったく描くことができません。

転職活動をするにしても、「外食産業」に勤めていいたからといって不利になることはありません。

外食産業の中では「雇われ店長」でも転職活動をするとなると「店長までやっていた人材」という風に受け止められるからです。

逆に転職には有利に働くイメージがあるために転職市場では、あなたが思っている異常に「店長をやったいた」という肩書は有利に働きます。だから転職しようと思って行動すると意外とうまくいくケースがほとんどです。

そう、転職活動をそこまで恐れる理由なんでないんですよね。というか名ばかり店長をずっとやっていくよりも100倍転職したほうがマシということに早いこと気付いてください。

判断を先延ばしにしていると転職は日に日に不利になっていきます

希望のある女性
「店長をやっていた」という肩書が有利に働く転職市場ですが、転職に基本は「若ければ若いほどいい」というのが基本です。

「転職したいけどどうやればいいかわからないから」

「今の仕事きついけど転職しても良くなるかどうかわからないから」

と思ってズルズル先延ばしにしていると、本当に人生詰んでしまいます。外食産業に未来があるとは到底思えないからです。

「でもそうやって転職活動すればいいんだ?」という人はまず「転職エージェント」に登録していみましょう。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあたなと面談して役立つアドバイスをしてくれます。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

雇われ店長でブラックな会社に利用されて人生が破たんした人を何人も似ています。その前に行動することは「自分の身は時分で守る」ということなんですね。それができるかできないかはちょっとした行動の「差」になってきます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!