不動産営業はつらいから辞めたい ブラック企業の不動産会社のメリットデメリット

ブラック企業イメージ

不動産営業というと、そもそも営業っていう業種がかなり過酷な分野ですし不動産を売るというのですから仕事は激務になるというのは誰でもイメージできますよね。

不動産営業は、この不動産が売れない時代に営業スキルだけで売っていくわけですから並大抵の仕事ではやっていくことはできません。

たしかに不動産営業ってきついですけどメリットもあるんですよね。不動産営業って歩合制(インセンティブ)なところが多いですから、一件売れれば、50~200万位の歩合が入ってきます。だから売れる営業なら儲かるわけですよね。

私は地銀の営業でしたが、この歩合制ではいのでいくら成績を上げてもまったく給料は上がらないわけです。

なので、実際、地銀の営業からでも不動産営業や外資系の生命保険の営業に転職していった人も多いですよ。営業ができる人なら歩合制のほうがイイにきまってますからね。

ただ、そういったメリットがあっても不動産営業はデメリットと言うか精神的肉体的に消耗することも多いんですよね。

しかも、営業のやり方を強制させられたり、会社の方針での営業のやりかたをやらされたりすると営業の力があっても

自分のやり方で営業ができなかったりすることもあります。そうすると、もうただのきついだけの悲惨な境遇になるのが不動産営業なんですよね。

不動産営業のきつい部分を上げてみるとありますよね いっぱいきつい部分が

不動産営業でつらい部分きつい部分を挙げてみます。不動産営業の「あるある」ですよね。

ノルマはきつくて飛び込み営業で10000件に1人買ってくるのが不動産

ノルマはご察しの通りきついです。歩合制ですが、実際ノルマが合って達成できない人がほとんどなのがいわゆる「ノルマ」です

会社がノルマを設定して、ほとんどの人が達成できないということで、会社側が「お前ノルマも達成できないでやる気あるのか?」って怒る理由付けになるんですよね。そもそも営業のノルマなんてテキトーに設定してるんですよ。簡単に達成できない数字を適当に作ってるだけです。

当然ノルマを達成しないと毎日のようにグダグダと上司に説教されます。この時点でもう営業って職種は二ど度やりたくないですね。

人からこうやってグダグダ言われて時には罵声浴びたりしタラ、やる気なて出る人いないですよ。当然辞めたいと思うに決まっています。

不動産営業の手法が古いと悲惨

とにかく飛び込み営業したり、ポスティング(郵便受けに不動産のチラシを入れる)とかをやりまくっている営業手法の不動産会社もいまだに多いですよね。こういった営業手法を強要されると効率のイイ営業ができないんですよね。

普通にホームページを作ったりして見込み客を開拓したり、メルマガやSNSをつかった営業方法とかも今時ではやっていったほうがイイです。

そもそも不動産を買おうと思っている人種は今時はお金持ちしかいですから、そういった会社経営者や医者、弁護士などを狙い撃ちしたほうがイイにきまっています。そういった顧客を全別市内で、ただ飛び込み営業をしてポスティングだけをしても

効率が悪いに決まっていますしね。そういう古い営業手法でやってる不動産会社が多いわけです。こういった会社に入ったら悲惨ですよ。

歩合制なので売れないと悲惨 生活できないレベルの給料になる

不動産営業は歩合制(インセンティブ)な場合が多いので、物件を売ることができれば高収入になる人もいます。

ただそれは一部のトップ営業だけで、ほとんどが売れません。というか不動産て今時売れますかね?

売れないとほんとに給料が年収300万円とかで生きていくのもきついレベルの低賃金になってしまいます。

とにかく不動産売れないと、ただ仕事がきついだけで低賃金になってしまうという悪循環ですよね。不動産営業になる人は「絶対に売る自信がある人」じゃないと全く意味ない業界なんですよね。

当然休みは無いですし残業とか言う概念自体もない

営業だと裁量労働ということで、残業代はつかないです。いくら働いても給料は一緒ですね。

このサイトで一貫して言ってますけど、仕事は時給換算してみるとどれだけ低賃金かがわかります。時給で見ると800円行ってない仕事とか普通にありますしね。このくらいの時給だとブラック企業と言ってもイイでしょう。うれしくないですけどね( ;´Д`)

また、休みはありません。休日はお客さんのところに行ったり、不動産のショールームの雑用とかそれこどポスティングをしたりと休日出勤当たり前です。

休みが無いと生きている実感とか無くなってきて、だんだんと、うつ症状が出てくるんですよね。人間休まないと本当に身体と精神的にガタが着ます。それくらい人間の身体ってそんなに強くないですよ。

クレームが多い これは不動産を扱うんだから当たり前

不動産という大きな買い物を扱うわけですから、クレームが多いのは当たり前と思ったほうがイイでしょう。

人間お金が絡むと相当なクレーマーになります。営業の業界はこういったクレーム処理という後ろ向きな仕事でかなり時間を取られますし、必ずと言っていいほど「最悪なクレーマー」というのも出てきます。相手がどんなに理不尽で間違ったことを言っていてもお客様なので、無碍な対応をするわけにはいきません。

とにかく謝るしかないんですよね。クレーマーって相手に謝世帯だけなので、それが一番近道です経験上。

ただ、これもストレスのたまり方も半端ないので、普通に男ならハゲてしまうくらいのレベルのストレスになります。

離職率は高い

これは不動産業界という歩合制営業の業界は離職率も高いです。というか、使えない営業は会社が辞めさせたりします。

営業がそこそこできても、パワハラ上司に嫌われて目を付けられれば、毎日のようにいちゃもんをつけられ、精神的に

おいつめられていきます。いわゆる「いじめ」ですよね。

営業の業界ってのは成績で順位がついたりするので、この手の嫌がらせやイジメっていうのは日常茶飯事です。

そのあたりは覚悟して不動産営業の世界に入るべきなんですよね。私は入りたくないですけどね絶対に。

というわけでこういったことが不動産営業のデメリットです。歩合制で不動産を売ることおができれば高収入になるというメリットがあるのに対してデメリットが多すぎます。

それを考えるととても長続きして勤めることができる仕事とは思えません。実際に不動産営業をやっている人は辞めていく人の方が多いのが現状ですよね。

辞めていく人のほうが多いというのは普通に考えてブラック企業で働きにくいということです。

私が転職して勤めていた会社で定年を待たずに退職する人なんてほとんどいません。というかあまり見たことありません。

そういう意味で、不動産業界は長く勤めていきたいという場所ではないような気がします。

不動産営業をやるなら圧倒的な営業スキルの自信がある人じゃないとキツイです

不動産営業をもし職業としてやるなら「圧倒的な営業スキル」と「上司とかに何を言われても動じないメンタル」が無いといけません。

それが無いと、不動産営業で成績を残しつつ会社で上司の嫌がらせなどを変わることはできないですからね。

そういう、とにかくバイタリティがある人に向いているのが不動産営業の世界です。たまにいますよね営業をするために生まれてきたような人って。とにかく前向きで、図太くて精神的に打たれ強い人。そういう人ならやっていけるでしょう。

逆にいつとほとんどの人が不動産営業は向いていません。相当な理由がある以外にこの職に就くのは打辞めておいたほうがイイんじゃないかと思います。

また、すでに不動産営業をやっている人ならたぶん辞めたいと思っているでしょう。いい機会なので自分の今後を検討してみてはどうでしょうか?

不動産営業をやっていて自分の力があるかどうかの判断は早めにしたほうがいいです もし辞めたいと思っているなら異業種への転職は早いほうがイイですからね

不動産営業をやっていて今後やっていけるかどうかを自分なりに考えて、もし辞めたいというなら異業種への転職は年齢が若い方が有利です。

転職と言うのは若ければ若いほど有利になるので、特に異業種への転職は早いことに越したことはありません。

世の中には定時で帰れて休みも多く、残業もしっかりつくといった会社もたくさんあります。ハローワークなどの求人は

ブラック企業ばかりなので、見かけませんが転職エージェントの求人にはそいういういわゆる「普通の会社」というのがたくさんあります。そういう会社を転職エージェントで見てみると、世の中の会社の在り方もわかってくると思います。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!