ブラック職場の公立保育士を辞めたい理由は人間関係が悪い職場がほとんどな理由

眼をそらす女性

公立保育園の保育士さんに知り合いがいます。その知り合いは7年勤めています。ただ、最近退職を考えているようです。

やっぱり周りは

「公立保育園の保育士って公務員でしょ辞めるなんてもったいない」

「なんで辞めるの?我慢が足りないんじゃないの?」

とか言われまくっているようです。世間一般から見るとたしかにこういう反応になりますよね。公立保育士はあくまで公務員です。

今のご時世公務員をやめるなんて なんてもったいないんだ・・・・というのが普通の反応でしょう。

ただ、職場に勤めている人しかわからいないこともありますし、もともと公立保育士になる人は優秀な人なので、それを辞めたいというにはそれなりの悩んで大きな理由があります。

理由にも大きく二つあって「保育士そのものを辞めたい」というならもうすっぱり辞めたほうが良いです。保育士の仕事が自分に合っていないということなので、ほかの保育園で仕事をしても同じ結果になる可能性が高いです。

もう一つは「保育士の仕事はしたいけど、今の職場のキツイ、人間関係などの悩みがある」というケースなら別の保育園にうつって仕事をするのがベターです。この場合は「保育士の仕事がイヤというわけではなく、今務めている職場がイヤ」というり理由だからです。

ただ、公立保育士が辞めたい理由ってのは得てして「人間関係が悪いから」がほとんどなんですね。今回はその理由と保育士が転園する方法をご紹介します。

公立保育士は私立保育士に比べて恵まれている それでも辞めたいのはほぼ「人間関係が悪いから」という理由です

公立保育士はぶっちゃけ待遇の面では私立の保育士よりもかなり恵まれています。特に違うのは「給料面」です。

私立保育園は民間経営の保育園で、今の日本では、長く勤めていても給料が上がっていくということはほとんどありません。

その半面、公立保育士は「自治体に雇われている公務員」です。給料は公務員と一緒の給料体系なので、勤めていけばだんだんと年を追うごとに「昇給」していきます。なんともうらやましいところです。特に40代50ダインいなると年収にすると100~200万円以上の性、公立保育士と私立の保育士では差が出てきます。

これを考えると、公立保育士を辞めるというのは、世間的に見ればかなり「もったいない」ことですね。公務員を辞める人は今のご時世マレです。これは公立保育士をやっている本人も十分わかっていることでしょう。

それでも「辞めたい」という公立保育士の「辞めたい理由」はほぼ人間関係が悪いからというのが現実です。

「上司とうまくいかなない」
「同僚とうまくいかない
「無意味な派閥があっていじめがある」
「園長に嫌われている」
「仕事にもんくばかりつけられる・妬まれている」

といった人間関係が悪い保育園は公立であっても私立と同じなんですね。いくら給料面が良くてもせ人間関係が悪く精神的に参ってしまうとどうしても「辞めたい」といく心理状態になります。それだけ人間関係が与えるストレスというのは大きなストレスとしてのしかかってきます。

公立保育士になるような人は優秀でマジメな人が多いです。ある意味素直な人がほとんどです。なので、人間関係が悪くてもついつい我慢してその職場でがんばって仕事を続けてしまうケースが多いですよね。

実は冒頭で出てきた知人もそのケースだったんですが、結局「うつ病」を患って退職することなってしまいました。

人間関係のストレスを我慢の限界を超えて仕事をしていると、どうしても一気に精神的いな重圧がのしかかてってきます。

そうするとそれが極限を超えると、空気がいっぱいまで膨らんでいた風船がいきなり破裂するんですんね。これがうつ病の症状のイメージです。

風船が破裂した後は、もう体もうまく動かなくなり、何事にも意欲がなくなり、それが回復するまでには数年かかります。

そうなってしまう怖さがある人間関係の重圧。給料がいい公立保育士だからといって仕事を続けるのは賛成できません。

人間は体が資本です。体を壊したら何もできなくなる。これが一番の怖い部分です。

人間関係が悪いだけで辞めるのは甘え??いや人間関係の悪さは一番の退職・転職理由なのです いつでもダントツです

人間関係が悪いだけで辞めるなんて甘えだ・・・・みたいなことを言う人間は基本、人間関係で悩んだことが無い人か、鈍感でそういうことを感じない人です。よくイケイケ社員とか仕事しかやってこないモーレツ社員にそういう人がいます。

そういう人種は得てして自分の価値観である「仕事は全力で、すべてを犠牲にしてやるもんだ」という歪んだ価値観を周りの人や、部下などに押し付けます。

こういう人意見は完全スルーして自分の意志で考えて進路を決めるのが大事です。

今いる環境がもし自分の体調までおびやかす、精神的な要素まで脅かすような状況だったらスパッと転園するのが無難です。

たしかに給料はいい公立保育士ですが、それだけにこだわってストレスが限界を超えると、人生においての支障が出てきてしまいます。

それだけ自分の置かれている環境というのをしっかり考えて、よりよい環境に変えて言いうというのは大事な大事な行動なんですね。

転職をするなが保育士専門の転職支援サービスを利用がおススメです

そういう場合は転職活動をしていくことになります。転職活動を効率よく行って行くことが

環境を変えるのに最短のルートになってきます。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

ブラック保育園はもう終わりにしませんか?
ブラック保育園に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加