時間のないサラリーマンが筋トレダイエットをハードにするならパワーラックが最高な件について

ベンチプレスする男

サラリーマンでもジムに行って筋トレしたい。ガチでハードに筋トレしたいと思う人もいます。

そんな私その一人。ジムに通って筋トレしていたのですが、だんだん仕事もハードになりジムに通う時間も無くなってきました。

それでしかたなく筋トレを家でやっていたのですが、「ダンベル」「ベンチ」「けんすい台(ぶら下がり健康器みたいなやつ)」

の3つのセットでやっているんですよね。これでもそこそこトレーニングができるんですけど、やはりトレーニングジムの設備には遠く及びません。

そこで、どうしようかと悩んだ挙句に「パワーラック」を入れることを考えています。

この「パワーラック」ですけど、

こんな感じのものです。これがあると、ベンチプレスからスクワット、デッドリフトとほとんどのバーベルトレーニングもできてしかもチンニングもできるし、安全でとことん重量を上げて追い込めるんですよね。

ものすごく欲しいです。というか買う予定なんですけどいまどれがいいか迷っています思案中です。

ということで、ここではジムに行く時間が無い人のために、ジムとパワーラックのメリットデメリットをご紹介します。

トレーニングジムのメリットとデメリット

メリット

筋トレ設備が万全に整っている

これにつきます。あたりまえですけどね。お金払ってますし笑。

キレイなトレーニングジムだとジムに行くと「筋トレやるぞオリャー」とテンションが上がります。ジムの筋トレマシンを

使っていると意外と楽しいのです。変態ではないですよ。念のためw

周りがみんな筋トレしてるのでモチベーションが上がる

一人だと本当にストイックな感じのトレーニングですけど、周りに筋トレをやっている人がいるとモチベーションはイヤでも上がってきます。

また「人から見られている」と思うとやはり筋トレをサボれないという意識になりますね。この人には負けないぞみたいな気持にもなります。人が周りにいるとやる気になります。

メージ通りの筋トレができる

当然設備が整っているので、自分の鍛えたいことろをまんべんなく鍛えることができます。マシンがそろっているので、楽なんですよね。準備とかしなくていいのでほんと楽です。

デメリット

トレーニングジムが遠いと通うのがに時間がかかる

これが一番のエメリットです。時間が無いのでいままで通っていたジムは片道20分かかります。

行って帰ってだいたい1時間はつかってしまうので、自宅でトレーニングできればジムに行く時間でトレーニングが終了します。

いちいち着替える必要がある

これも地味にめんどくさいです。さすがに他人がいるので変な恰好でやったり上半身はだかでやったりはできません。

家ならパンツ一丁でトレーニングしても誰にも文句は言われません。

トレーニングのやり方を教えたがる人がいた

私の行っていたジムではトレーニングの先輩がいたのですが、その人は人にトレーニングのやり方を教えたがる人でした。

ぶっちゃけ間違っていることも多かったです。今時は、ユーチューブなどで動画でプロのビルダーがトレーニング方法を丁寧に解説している動画があります。ですので、割とだれでも正しい筋トレの方法を簡単に理解することができます。

ぶっちゃけ動画のほうがプロの実演付き筋トレ方法が見れるのでそちらの方が正しいですね。

そういった教えたがりの人がいたので、私のトレーニングのはっきり言って邪魔になりました。ジムに行くと人間関係はどうしてもあるので、それが苦手な人はデメリットになります。

パワーラックのメリットデメリット

メリット

いつでも自分の好きな時間にハードな筋トレがやりたい放題

これですよこれ。自宅に居ながらハードな筋トレができるというのは、筋トレ好きにとって夢であります。

これが実現できるのは「パワーラック」を導入するしか選択肢がないんですね。逆を言うと、筋トレを自宅で追い込みたい人はとりあえず最初にパワーラックを買うとすべてが解決します。細かく筋トレグッツを買うのは逆に時間とお金がかかります。

ジムに通う時間を削減

時間のないサラリーマンにとってジムに通う時間を作り出すのはかなりむつかしいです。

でも家にパワーラックがあれば、家に帰って30分だけとかすぐにトレーニングができますしとても効率がいいです。

費用対効果がこれほどある筋トレ器具はないんじゃないか?と思います。

着替えなくていい

これも地味にいいです。パンツ一丁でベンチプレスができるなんで夢のようです。くりかえしますが変態ではないです。

人間関係が無い

話しかけてくる人がいないので、トレーニングに集中できます。これも大事なことで筋トレ中に話しかけられるとトレーニングがグダグダになることがあります。

トレーニング設備が使われていることが無い

ジムにいくとベンチプレスをやりたいときに、ベンチが使われているときがあります。待っているか別のトレーニングをしなければなりません。

ジムではなにげによくあることです。これがけっこうストレスがたまるんですよね。順番待ちみたいになります。

パワーラックがあればこんなことは一発解決です。

デメリット

家でパワーラックが置けるスペースが無いとキツイ

パワーラックを置いてベンチやバーベルを使うとなるとだいたい、2.6m×2.6mくらいのスペースが必要です。

一戸建てならまだいいですが、マンションやアパートではなかなかこのスペースを確保するのはむつかしいです。

二階にパワーラックは置かないほうが良い

これは単純に床が心配だからです。数百キロのバーベルを二回においてトレーニングするのは正直不安です。

また、マンションなどでは下の階にいる人への騒音問題があるので、現実的にはパワーラック設置はしないほうが無難です。

このため私は一回のマンションに引っ越す計画を予定しています。

ただ、本気で筋トレする気が無いとパワーラックはでかい粗大ごみになります

アームカールする男

筋トレをハードに自宅でやりたい人にとっては「パワーラック」は必須のアイテムです。

ただ、一番やっかいなのは「筋トレを辞めたときに粗大ごみになる」ことなんですよね。もしあなたが筋トレをずっと続けるのに自信があるのなら間違いなくパワーラックは最高の筋トレの味方になります

パワーラックは万が一使わなくなっても、ヤフオク煮だしたりすれば欲しい人はたくさんいるので簡単に売れます。

なのでこの点もそんなに悩むことは無いと思います。

自宅で筋トレしたい人で、おけるスペースが確保できる人ならすぐにでも買ったほうが良いアイテムですね。

おススメのパワーラックベスト3

筋トレをそこそこやっていて、これからハードに展開していくという人に向けてのパワーラックです。

高級なプロ志向のパワーラックもあるのですが、それはボディビルダーになる人やベンチプレスの競技に出る人用なので、

一般的なホームトレーニー(トレーニングジムレベル)の人に最適なパワーラックをチョイスします。

①アイロテックパワーラック455

私が購入予定のパワーラックです。

耐荷重が250キロなので、私は行って200キロくらいまでしか重量を使う予定がありません。

これがコスパが良く、頑丈な作りになっています。あと、オプションでラットプル(背中を鍛えるケーブルマシン)をつけることができるのも魅力です。

②アイロテックパワーラックV-MAX

455の強化版です。耐荷重350キロです。ユーチューブなんかでもレビューをされてるパワーラックですね。

初心者から、上級者まで使えるパワーラックでこの価格帯では最高のクオリティでしょう。

③POWERTEC(パワーテック)社製(USA)

 

WB-PR15 パワーラック
耐荷重454キロで10万円以上する高価なものです。そのぶん耐久性は抜群で上級者も納得のクオリティです。

たぶん筋トレをしている人ならこの辺りは知り尽くしている物件だと思います。

ホームトレーニーの夢ですからねパワーラックは。これを置くことで本当に時間の短縮を図ることができます。

パワーラック入れたらもう後には引けないですからね。筋トレは私の場合ライフワークなのでやらなくなることはまずありません。

費用対効果を考えるとめちゃめちゃ安い買い物です。一回キャバクラとか行くのおを我慢すれば変えてしまうというものです。

私はキャバクラはいきませんよ。念のため(*´Д`)

実は私もジムに行く時間が無くなってきましたので引っ越したらパワーラック入れます

と最近はジムに行けないので引っ越しを機会にパワーラックを入れようと思っています。

そのために、まず部屋は最低限の広さが無いと厳しいですね。2.6m×2.6m使用をパワーラックで使用します。

絶対条件は1階の部屋ですね。二階以上は床が不安で怖くて眠れません。

とにかく今は持ち物がおおいので、断捨離を展開しています。捨てるものがいくらでもありますね。

机とベッドとパワーラック以外は何もいらないと思ってしまうくらいです。

でも実際そうなんですよね。本はキンドルで読むのでもう紙ベースのものは買わないですし、服も最小限に断捨離しました。

パワーラックを置こうと思い立ってから相乗効果で自分の生活がいかに無駄があったかがわかてきました。とても感謝です。

パワーラックを実際に入れたら実況の記事を書きます。もしパワーラックを入れられない(部屋の事情とかその他の事情)時は
他のハーフラックとかスクワットラックなどで代用する予定です。

どっちにしろバーベルトレーニングは自宅でやっていくことにします。いや楽しみだな。

やっぱり自分で筋トレダイエットをやるのが難しならいっそライザップに入ったほうが楽ですよガチで

結局筋トレダイエットって、「筋トレして」「カロリー低い食事をする」というだけです。

それを自分でやるかパーソナルトレーナーに管理をお願いするかの違いだけなんですよね。

自分でどうしても筋トレと食事の管理ができないならライザップ入ったほうがいいです。

これも効果は2か月でこれだけ痩せると言っています。個人的には半年くらいかけて徐々にやっていったほうがイイと思いますけど、パーソナルトレーナーが付いていれば2か月でも効果が出るのは確かです。

あと、金払っちゃったら「やるしかない」という気持ちにはなりますしね。実際知人もライザップで痩せてましたからね。

やっている方法は「まっとうな方法」なので、確実に健康的に痩せます。やっぱり第三者の力を借りて痩せるのは効率がイイですよね。

→参照 ライザップっていったいどんなところなの?

筋トレした私は最新のHMBを飲んでいます 時間が無いので筋トレ効果を最大にしたいからですね

私は筋トレ効果を最大にしたいのでプロテインと並行して「HMB」を飲んでいます。

HMBとは、筋肉を作り上げる時に重要なロイシンの代謝物質です。必須アミノ酸の一種なんですね。

筋トレに必要なのはタンパク質とこの「必須アミノ酸」です。

HMBの量が少ないと結局筋肉の成長はあまり期待できないんですね。たんぱく質とアミノ酸の相乗効果がとても大事なんです。

プロテインとHMBを同時に取るようにしてから、筋肉の付きが全然違ってきました。

もちろんプロテインだけでも筋肉はつくんですが、HMBを飲み始めてからは自分の感覚だと1.5倍は筋肉の付き方が違います。

あ、もちろんHMBを飲むだけじゃ筋肉つきませんよ。筋トレしてタンパク質とってHMBを飲むと効果があるってことです。

せっかく筋トレするならHMBを飲んだほうが効果が全然違ってました。すんごい助かっています。

→私の飲んでいるHMBの詳細はコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!