小学校教師(教員)を辞めたい ブラック仕事の小学生のお守り・モンスターペアレント・無限のサービス残業から脱出する

教室

小学校の教師というと、私はアラフォーですけど、私の子供のころはけっこう普通に先生に殴られたりしたり、小学校の先生が率先して生徒をイジメたりとやりたい放題していたような時代でしたね。

そうそれだけ小学校教師に権限があって多少、生徒に暴力をふるったり人道的にヤバい態度をとっても許される事態でした。こういった時代ならユルい感じで

小学校教師を続けていくのも楽だったんでしょうね。おおらかな時代です。

ただ、今の時代はネットの普及もあって、ちょっと子供に手を上げたり、暴言を吐いただけで兆回とかになり時代です。

小学校教師の立場って昔に比べると10分の1くらいになったような気がします。立場が弱くなったんですね。

逆に生徒と保護者の立場がものすごく強くなったんですね。昔は、けっこう保護者も小学校教師に言いくるめられることもありましたけど、今の小学校教師は生徒と保護者の「御用聞き」くらいに立場がう弱くなっています。

これってどういうことだかわかります?小学校教師は生徒と保護者に対する接客業の店員みたいなもんなんですね。

昔の小学校教師は尊敬されていましたけど、今はタダはただの立場の弱いサービス業と一緒 ブラック飲食業と同列です

昔の小学校教師は割と尊敬されていました。その尊敬の根拠は無いですけどね。今考えるとひどい先生とか多かったですからね。

でも今では、尊敬どころか、小学生にも普通に舐められますからね。ネットの普及で小学生でも情報が得られる時代になって、

先生=尊敬・・・・ではなくて

先生=ただのオッサン・オバサン

という見方になってます。小学校教師が人格的に優れてるとかそういうわけではありませんからね。別に普通の人間ですし。

そういう傾向が強くなる中で、小学生からはナメられて、ちょっとなんかあると保護者とかからクレームがきます。

保護者もヤーさんからキ〇ガイまでいますし、まともな親ばかりじゃないですからね。理不尽な言いがかりをつけてきます。

でも保護者は「お客様」ですから、逆らったりすることもできないですし無視もできません。まさに小学校教師はブラックな飲食業界の店員と一緒のレベルのお客さん対応をしなければいけないわけですね。

子供って当たり前ですけど「子供」ですからね。ケガさせるのはまずいですけど、多少こずいたり、軽く平手打ちくらいしないと言うことを聞かないもんなんですよ。それが全くできないですし、結局、小学校教師も強く怒らないので小学生も調子に乗りまくるんですね。子供ですからね。

ちょっと脱線しますけど、よく子供相手に仕事できるなあ思いますよ。大人でも子供っぽい人とかと付き合いたくないのに仕事で子供と接するのはちょっと嫌ですからね。

私は子供はあまり好きではないですけど(自分の子供とかは別ですよそりゃ)仕事は大人としたいです。すごいですよね仕事を子供を教えることに費やすって・・・とてもマネできません。

でも好きだから小学校教師になったんですよね。でも現実は厳しかったから辞めたいと思ってるんですよね。

普通に、小学校教師ってサービス残業とか当たり前で、地域のイベントとかに出たりして、部活とかを持ったりしてそれもサービス残業ですしね。

しかも小学生を相手にして、しかもその保護者まで相手にしてと、サービス業顔負けの接客の対応をするわけです。

これをちょっと考えるだけでも教育関連の離職率が50%近いってのがよくわかります。だって、ブラックな飲食業よりも過酷な接客業なんですからね。

子供が好きでしょうがない もう子供を教えることが大好き・・・・という以外は他のホワイトな会社に勤めるほうが人生がプラスになりますよ

こういった状況を見てみると、子供が好きでしょうがない、子供を教えるのが好き、小学校教師以外は考えられない。

と、このくらいの思いが無いととてもやってられない職業ですよね。公務員なのにサービス残業とか訳が分からないですからね。

どうなんですかね、私は小学校教師になりたいとは思ったことが1ミリもありませんしですしね。昔は小学校教師の権限も割と高かったですし、自由度も高かったですけど、いまではネットで小学校教師がいかにブラックできつい職場っていうのはもうみんな知ってますしね。

そういう状況で小学校教師をやっている人には頭が下がります。誰かがやらなければいけない職業なので本当にすごいと思いますよ。

ただ、普通に民間のホワイト企業に勤めたほうが全く持って人生の質は上がると思います。仕事は時間を拘束されて、その対価として

賃金を受け取るものです。特に、サラリーマンや公務員といった勤め人は賃金を時間で買ってるわけですからね。

それだったら、仕事がやりやすくて、理不尽な保護者もいなくてサービス残業もない職場のほうが良いに決まっています。

「やりがいが無いとイヤだ」と言っているひとは一生やりがい詐欺で労働力を搾取されて一生を終えてください。私はイヤですけどね。

小学校教師を辞めたいという人は、一度、優良な求人情報を見てみるのがイイと思います。そうすればいかに世の中には普通に働ける会社があるというのが解かると思います。

小学校教師を辞めて転職をしたいけどいまいち不安な人は一度、優良な求人を見せてもらおう

小学校教師を辞めたい。でも転職をするにはまだ抵抗がある・・・・とういう場合も多いでしょう。もう腹が決まっていて

絶対転職するっていうなら、すぐにでも行動すべきですけどまだ抵抗がある段階では迷うのは当然です。

そういう場合は一度求人を紹介してもらうのもいいでしょう。求人を見て、転職活動をするかどうか決めるのも一つの方法です。

教師しかやったことが無いと実際どういった職業がホワイトな職業かというのもわかりにくいですからね。

転職エージェントでは、あなたの希望を聞いて優良な求人を紹介してくれます。定時で帰りたいサービス残業が無いといった希望を伝えておけばそれに対応した、求人を紹介してくれます。

ハローワークなどと違って、求人を厳しい基準で審査してるのでブラック企業はありません。求人を紹介してもらうと

具体的にどういう仕事がしたいかと言うのもイメージできるものです。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!