肉体労働ならホワイト工場勤務がおススメ 工場でも疲労が少ない分野を選ぶポイントをご紹介します

工場系女子

肉体労働の代表の一つというと「工場での仕事」がありますよね。工場の仕事ってかなりきついイメージがあります。

たしかに単純な作業を一日ずっとやっている仕事なんですけど、ラインの仕事ができるようになってくると、他のラインの仕事をやるようになり、だだんだんと扱える仕事の幅が広がってきます。そうなっていくとラインのリーダーになったり、そのグループのリーダーになったりとステップアップできる職業です。

余談ですけど、リーダーになるとそのあと製造係長などの地位も狙えます。ある意味出世はしやすい職業なんですね。かなり実力が反映されやすいです。現場からのたたき上げになるので、あまりコネと関係ないです。

さて、工場勤務は普通の接客業やホワイトカラーに比べると対人のストレスがかなり低い業種です。なので、工場に勤めている人は、肉体的にはきついこともありますが、精神的には割と楽という感じの人が多いです。

ここではどういう工場に勤めると美味しいのかとメリットデメリットをご紹介します。

大型の部品を扱わないこと逆に細かすぎないことがポイント

仕事がそんなにきつくない工場選びのポイントは「製品の大きさ」です。これ工場勤務を実際してるとわかるんですけど、かなり大事です。

たとえば大型の自動車部品を扱う工場はキツイです。特にト〇タなんかで自動車を実際に作っていくラインはかなりきついでしょう。

なぜなら、部品が単体で大きいですし、部品の種類も半端なく多いからです。部品が大きくてももちろんリフト使ったりする部分もありますけど、直接自分で持ち上げたりするのもけっこうあります。重いものを何度も持ち上げたりすると当然疲れますし、下手すると腰がやられます。

かなり単純ですけど、大きな部品を扱う工場はキツイです。私も同じ会社の工場ですけど、小さい部品をやってるラインではそんなにきつくなかったですけど、異動になって、大きな海外用の二輪(バイク)の部品を扱うようになってかなり疲れました

単純に一日に何度も持ち上げたりおろしたりと重たい部品をそんなことやってたので、きつかったですね。力はつきましたけど。

まず部品が小さいものを扱っているメーカーなどを選ぶとそれほど仕事はきつくありません。

あと、部品が小さすぎるのもが逆に精神的に疲れます。たとえば精密機械や食品の工場で小さなものをあつかって選別するような作業ですね。

これめちゃくちゃ細かいです。細かいものを扱っているとかなり神経を使います。これってかなり精神的に疲労してきますよ。

こういう流れがあるので、工場でそこそこバランスが良いのは、「大きくなく小さくもない部品を扱っている製造業」ですね。

具体的には、自動車のベアリングとかクラッチとか駆動系のものや、ハンドルなどを単体で作っている工場ですね。

自動車じゃなくても自転車だったらホイールとかチェーンとか、電気機器だったらモーターとかそういう大きくない部品のメーカー工場ですね。

「本当か??」と思うかもしれないですけど、結構当たってます。5社以上の工場を経験してるので、そこで得た大方の結論です。工場を選ぶときの参考にしてください。

工場勤務のメリットはカレンダー通りの休みと時間で終わることですね

工場系のメリットは何といっても「カレンダー通りで長期休暇がある」ということですね。サービス業や接客業をやっていると人が工場系に転職すると、これはものすごくありがたいです。人が休んでいるときはやっぱり休みたいですしね。

正月、GW、お盆と長期休暇がありますし土日は基本やすみです。工場は基本、生産数が計画で決まっていて、それを納品するやりきりの仕事です。営業みたいにノルマもないですし、接客業みたいにちょくせせつ意味不明な理不尽なクレームはありえません。

もちろん、おかしな製品を出してしまったら取引先からクレームはありますよ。でもそれはそういう製品を出したから悪いわけであってイチャモンではないですよね。あたりまえの取引上のルールです。

接客業とかだと、お客さんから理不尽なクレームとかザラですからね。極論言うと「あんたの顔が気に入らない」とか言われるクレームとかあります。悲惨ですね。まあ、お客様は神様ですからね。

最近接客業はサービス過剰になってるのでドンドン仕事がきつくなっています。そのしわ寄せは従業員にきます。

製造業は基本そういう対人のストレスはほとんどないので、助かります。私も前職が営業だったので、かなり対人ストレスはなくなりました。それだけでもよく眠れますし、休日も仕事のことを思い出さずに快適に過ごせるようになりました。

工場勤務のデメリットは当たり前だけど単純作業が続きます、これはしょうがないです 楽な仕事ならここは割り切りましょう 

のぞき見する女性

工場勤務のデメリットはですね・・・やっぱり同じ作業を一日中やるってことです。確かにこれってキツイです。特に最初はね。

工場勤務で特に最初の数か月はへとへとです。同じ作業がかりなので、やっぱり人間て多少変化が無いとおもしろくないんですよね。

このあたりはわかりやすいデメリットです。

ただ、数か月すると慣れてきますよ。人間て適応能力高いです。接客業で客からクレームを言われるより100倍マシだな・・・と思えるくらいのキツさです。

あとこのデメリット解消法としては、工場作業のスキルが上がってくると、ほかのラインの仕事をかもやらされるようになり、

そのグループでの作業が全部できるようになります。そうなると自然とラインリーダーやグループリーダーになるので、そうなれば一日同じ仕事をする必要もなくなります。

ただ、別に「一日同じ仕事でいいよ」っていう人も工場勤務者には多いです。その方が責任も薄いですし、慣れてくれば楽です。同じことをしてればいいんですからね。給料もほとんど変わりませんし。

年輩の人なんかはこういうタイプの人が多いです。ただ、工場は先ほど言いましたが、製造スキルが上がってくるとそれを見込まれて出世しやすいです。実力がある人はそれを見込まれることが多く、かなり実力が反映される仕事です。

そこはホワイトカラーとは大きく違うことですよね。もちろん上司に完全に嫌われていたら厳しいですけど、露骨なヨイショとか必要ない業界なので、そのあたりやりやすいです。

なので、工場勤務でもそこまで見越して、ある程度成長を期待できるメーカーにはいるのが大事です。

ただそういう成長過程にあるメーカーってなかなか求人を出してないんですよね。求人誌をチェックしてもなかなか巡り会わないです。

そういう優良メーカーの求人を見つけるには転職エージェントの非公開求人を利用するのがおススメです。

そんな工場勤務をしてみたいなら大手のメーカーの下請けの優良工場あたりが一番偉い目です 転職エージェントで探しましょう

大手メーカーの下請けくらいで、優良な工場あたりがねらい目ですね。そういうところはなかなか求人が出ないです。

転職エージェントをりよすればそういうかくれた優良メーカーの求人の登録がかなりあります。いわゆる非公開求人です。

非公開求人は競争率も低く、しかもいい企業が多いので転職エージェントを利用しないでの求人探しはかなりもったいないです。

転職のプロのエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。転職でわから点もエージェントに質問すれば的確に教えてくれますしね。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!