薬局の人間関係が最悪なら転職して薬局を移るべき理由 仕事の人間関係は改善しない

薬剤師のお姉さん

薬局ってそもそも閉鎖社会というか、人数が多くても10人くらいで少ないと2~3人くらいで運営しています。

こういった人数で一人でもいわゆる「嫌な奴」がいれば人間関係なんて簡単に最悪になります。

人間関係で耐えられずに悩んで、退職したい薬局を辞めたいとあなたも思っているのではないでしょうか?

しかも、そういう薬局に限って

「人手不足だから我慢して働いてくれよ。」

「辞めるなんて責任感が無いでしょ。」

とか言って引き留め工作に入ってきます。ブラック企業の典型的な例です。

薬剤師なので給料はブラック企業によりはいいと思います。最低でも500万前後は年収で言っているでしょう。

それでも、薬局の人間関係はブラック企業顔負けの悪さになることがよくあります。

パワハラ管理薬剤師

理屈っぽい同僚

独りを徹底的にイジメる女性薬剤師

とこんなのがよくあるパターンですよね。これから薬剤師が過剰になっていくと言われている時代なんですけど、現状薬局は人でが足りていないのが現実です。

そういう状況で仕事の量も多い上に、こういった頭のオカシイ同僚薬剤師がいたりすればその薬局で仕事が続けられるわけがありません。

結論を言うと、こういう人間関係が最悪な薬局はほかの薬局に転職すればいいだけです。薬剤師はそれが割と楽にできる「資格職」ですからね。

しかも、薬局に勤めているということはすでに実務経験もあるわけですから、なにも無理に人間関係最悪の薬局にい続ける理由が全くありません。サクッと転職して今の最悪の状況を変えていくのがベストです。

ちなみにあなたが「人間関係を改善しようとして努力」してもまったく無駄になるということは覚えておいてください。

まず 人間関係はあなたの努力では絶対改善しません なぜなら人間って変わらない生き物だからです

薬局の人間関係が最悪だからといって、あながた

「私が努力すれば人間関係はよくなっていくかも」

という甘い期待をしている人はハッキリ言ってバカですね。いやあ、人間て変わると思います?

例えば、どうしようもなくパワハラをしてくる管理薬剤師がある日からだんだんと人間性が良くなって、やさしい人になると思いますか?

これ断言できますけど絶対あり得ませんね。というか、そういうイヤな奴が途中からいい人になったのを一回も人生で見たことがありません。

よく、ドラマとかマンガ、映画どかだとありますよね。イヤな奴だったけど、何かをきっかけに分かり合えるみたいな展開って。

それって、現実社会では「一度も見たこと」無いですよ。あなた小さいころからそういう経験一度でもあります?

嫌な奴だったけど、頑張って接してみたらいいやつだった・・・・みたいなこと絶対ないですし人間そんな簡単に変わりませんからね。

自分の親とかでも絶縁する人がいるのに、そんな職場の他人との人間関係を改善するなんて無理ですよね。だったらイジメとかで自殺する人なんていないわけですからね。

だから、そんな人間関係が最悪の薬局でのパワハラ管理薬剤師とか嫌味な先輩とかの関係を改善しようとしてもまったく無駄ですよ。それどころか、そういう人種って

「こいつなんだか下手に出てきてるぞ、もっととことんイジメてやろうヒャハハ」

とかくらいに考えています。そう、無駄です。人生ってそこまで長くないので、こういう努力は無駄だので辞めましょう。

サッサと、人間関係の悪い薬局なんて抜け出して環境を変えていったほうが人生プラスに動いていきますよ。

薬局の人間関係の悪化が転職理由の9割の現実 マジメな人ほど損をするシステムになっています

結局、薬局の人間関係が最悪になるのはよくあることですし、それを改善していい方向い持っていくのも不可能です。

責任感が強くてマジメな人ほど、そういう人間関係に悩まされます。

要領のイイ薬剤師はそんなところでガマンしません。さっさと別の薬局に移っていきます。ある意味、行動力があるわけですね。

責任感が強くてマジメなことは「いいこと」ですけど、それが強すぎるとただの「バカ正直」になってきます。

悪い言い方をすると「ウジウジ考えて行動できない」人なんですよね。

こういう人って、子供のころから

「我慢する人のほうがかっこいい」

「我慢することはとても大事」

とかいうふうに育てらきます。これも間違いではないんですけど、行き過ぎると悲惨なことになります。

こういうのが行き過ぎると「過労自殺」をするタイプになってしまいます。

人間てある程度心の中に「遊び」の部分と「甘い」部分が無いとダメなんですよね。

なんでも我慢して頑張っていたらそれこそただのバカですよ。我慢してやることは「自分の好きなこと」だけで充分です。

選択肢があって、逃げ場あがあるならなんでそういうところに逃げないんでしょうかね?逃げるのは恥ずかしいとか思ってるんですかね?

どっちかっていえばそういう「行動力」が無い方が恥ずかしいような気がしますけどね。いい大人になって

「ただ我慢してればいい」

みたいな思考停止になっているのはちょっとイタいです。

薬剤師は転職は比較的むつかしくないので、人間関係が最悪な薬局はさっさとサオラがしたほうがベターですよ。

というわけでスパっと転職しましょう そして人間関係が最悪の薬局なんてすぐにおさらばしましょう

というわけで、人間関係が最悪な薬局にい続けてもイイことは1ミリもありません。さっさと転職ましょう。

薬剤師は転職するのはむつかしくありません。薬局はほかにいくらでもありますからね。

ただ、やみくもに自分だけで薬剤師の求人を探してもなかなか条件のいい薬局は見つかりません。

その場合には「薬剤師の転職支援サービス」を利用するのが必須です。転職支援サービスは条件の良い求人と、

普通の求人誌とちがい、求人の質を審査しているので、それこそ人間関係が悪くなりそうな薬局といのは少ないです。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!