薬局での薬剤師の嫌がらせやいじめに解決方法はないので転職すべき理由 労働環境を変えましょう

悩む牛

人間関係で悩む人は多いですけどその中でも「いじめ」は最悪の人間関係の悩みですからね。

しかも、子供のイジメから大人のイジメまでありますけど、「イジメはダメよ」とか子供に言って教えなければいけない立場のおとなのほうが「いじめ」が多いのが現実です。そう現実を見ると悲しくなってきます。

あなたは薬剤師で薬局でイジメられているんですか?比較的、頭のイイ人が多い薬剤師でもいじめとか普通にするんですよね。

薬剤師になるようなレベルの人でもイジメをするんですよ。といっても大企業で東大とか出た人でもイジメはするので頭の良さと人間性の良さは全く関係ないんですよね。これも悲しい現実です。

薬局のイジメと言っても、管理薬剤師からいじめられる、医療事務のお局さまからいじめられる、会社を経営している上司から社長からいじめられるとパターンはありますけど、共通しているのは「いじめがはじまったらあなたが努力しても、会社とかに相談しても、いじめはなくならない」ということです。

いじめはなくなりませんからね。子供のイジメでもなくならなくて自殺するのに大人のいじめのほうが陰湿ですから無くなるわけがありません。というか、そういういじめをするような人が、簡単にイジメやめるようなキャラだと思います?

甘い期待はしないでください。そういうイジメのある環境からは「脱出する」しか方法が無いんです。

転職してその薬局を奪取するしかないんですよね。それが大人の行動です。解決方法は簡単なのに変なプライドとか

「我慢すれば大丈夫」

とかわけのわからない洗脳があるので行動でない人が多すぎるんですよね。

薬局のいじめは上司とかに相談しても無駄です 会社にとって薬局は人間関係はどうでもよくてただ仕事が回っていればいいからです

薬局のイジメっていうのは陰湿なケースが多いです。人間関係が固定されていますからね。

普通の会社とかと違って、中規模以下の薬局は異動とかほとんどなくてずっと同じ人間で仕事をします。そうなると人間関係が固定でそこでイジメが始まったらもうどうなるか想像できますよね。

そう、逃げ場の無い地獄の始まりです。

そうすると、たいてい会社側に相談したり、自分が人当たりを良くすればイジメはなくなるじゃないのか?とか思ってとにかいじめを辞めてもらおうと努力します。

それ、「無駄無駄無駄」ですよとDIO様のようになってしまいます。

イジメって辞めてくれると思います?イジメをするような人間て所詮カス人間なんですよ。そういう人間が改心して

イジメ辞めると思います?会社から言われたとしても、逆恨みしてしばらくいじめが弱くなってもしばらくすると更に強烈にあなたをイジメてきますよ。

会社に相談しても、会社は職場の人間関係なんてどうでもいいんです。仕事が回っていればいいわけです。

薬局の誰か一人がいじめられていても、そんなの会社にとってはどうでもいいこと、放置します。

放置せれないパターンは労働基準監督署に訴えること。心療内科で診断書をもらった場合のみです。

クラッシャー上司がいるようなブラックな職場では、いざとなったら労働基準監督署に訴えいることで簡単に解決することがあります。その方法をご紹介してます。そんなゴミ上司につきあっていたら実が持ちません。さっさと見切りをつけて行動を起こしていきましょう。
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

そんなもんです。イジメをやるようなカスは一生カスのままなので、改心してイジメ辞めることなんてありえません。そういうカスとは距離を置くのが一番です。

でも、仕事場で一緒なら距離を置くのはほどんど不可能。だから転職するのがベストなんですよね。

薬剤師って資格職なので、別にほかの薬局で働けばいいだけです。環境をさっさと変えていけばいいので、サクッと行動しましょう。そうしないとあなたの人生の無駄な時間がどんどん増えていきますよ。

そんなイジメのあるような職場はサクッと見切りをつけるのが当然の行動です。

いじめをやめてもらおうとあなたが努力しても無駄ですよ、子供のイジメでも結局自殺するでしょ?結果はそうなるのでサッサとその薬局から逃げるのが先決です

薬局でのいじめは、子供のいじめと一緒でそのままずっと放置すると自殺者が出ます。過労自殺とか言ってますけど実際いじめで自殺してる人って多いですからね。怖いですね。

なんでそんな場所にい続けるんですか?薬剤師の特権とも言える「職場を移ることが比較的簡単」というのを使わないのが意味が分かりません。

普通のサラリーマンなら、たしかに職場を移るというのはちょっとメンドクサイかもしれません。でも死ぬよりは10,000倍マシですけどね。

個人的には、イジメがあったらその環境から一秒でも早く離れるのが鉄則だと思っています。

子供が学校でイジメになったら、親はまず学校なんか行かせるの辞めて、さっさと転向するなりなんなりの行動を取るべきです。

いじめをするような人間と接しているだけで、人生の大事な時間が無駄になりますし、精神的にもいいことは1mmもありませんしね。

どうして、そういう行動を取らないかと疑問でしょうがないです。

多分。「逃げる世はよくない」とか「世間体が悪い」みたいなことを思っているんでしょうかね?

そんなことを考えているから、さらに状況は悪化して取り返しのつかないことになるんですよね。

もう一度言いいますけど、イジメするようなカス人間とかかわっているだけで人生が傾きます。その時間は無駄なので、

サッサとそういういじめから距離を置ける環境を作っていくのは人間として当然んだと思いますよ。

薬剤師の転職はむつかしくありません 転職支援サービスを使えば簡単に良い条件の求人は見つかりますよ

薬剤師が転職をするっていうのはあなたが思っているよりむつかしくはありません。

しかもイジメがあるような職場には一秒でも長くいないほうがいいので、転職しない理由がありません。

「でも転職ってどうやるの?」

という場合は薬剤師専門の転職支援サービスを利用するのが必須です。転職のプロのアドバイザーがあなたと面談をして転職方法をアドバイスしてくれますし、条件のいい求人を紹介してくれます。自分ひとりで求人情報を探すのは想像以上に苦労します。

転職はプロの力を借りるのが一番です。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!