薬剤師は割に合わない仕事?今の職場がブラックなら転職が容易な薬剤師の強みを今使って行きましょうよ

薬剤師の仕事が「割に合わない」。6年間も勉強して学費を出して薬剤師になっても年収500~600万・・・学費って1400万円くらいかかりますしね。親は大変ですよ

これが割に合うのか割に合わないのかは人それぞれ多効く考え方が違います。ただ、このページを見ている人は少なくとも「割に合ってない」と思っているでしょう。

そうですね、私は製造系のサラリーマンんですけど、「割に合わない」とは思いません。このくらいの収入がもらえるならですけどね。

特にもし女性だったらかなりいいと思います。しかも一度退職しても薬局の経験があったら再就職しやすいというのが薬剤師だからですね。

もし私が今会社を辞めて一年後に復帰となったら、かなり厳しいです。というか就職できるかどうかわかりません。

もちろん選ばなければできますよ派遣とかバイトとかならできるでしょう。ただ、そこそこの年収がある正社員になるのはほぼ無理でしょうね。

そういう意味では薬剤師はたぶん普通のサラリーマンから見ると「割に合わない」といことはありません。

ただ、それは薬剤師として働いているあなたしかわからない事情もあるでしょう。薬剤師の仕事をドライに費用対効果だけでみると割に合わない部分が浮かび上がってきます。

ここではその費用対効果の部分とそうでない部分を見ていきましょう。

薬剤師資格を取る費用とその後の給料だけみると割りが合わない

たとえば、薬剤師を親目線から見てみましょう。

将来、安定した職業である薬剤師になってほしいと子供を薬学部に入れるとします。

こういった親心は必死なんですよね。気持ちはものすごくわかります。

薬剤師になればたしかに就職はしやすいですし、女性などは結婚で一度退職してからも復帰しやすいですしね。安定しています。

その薬剤師になるには6年間で薬学部の授業料が約1400万円必要です。学費だけでこれくらいですから生活費などを考えるともっと費用が掛かります。

これだけ費用をかけて薬剤師になる。そして年収が400万円~600万円です。600万円くらいになるには「管理薬剤師」くらいにならないと難しいです。

これを費用対効果「だけ」考えてみると、たしかあまりいいものではないのかもしれません。

適当に大学に行っていいとことにうまく就職できればこういった年収は文系とかの学生でも達成することはできるでしょう。本当に単純に費用対効果だと「割に合わない」と言えるのかもしれません。

でもまあ仕事って2~3年で終わるものじゃないので、何十年も働けばすぐに学費ってペイできますよね。学費が高いと言ってもそのあと2~3年でペイできますし、薬剤師として働いていけばなんとかなりますからね。

たしかに、数年単位で考えると費用対効果は悪いですけど、普通に薬剤師として働いていけばペイできるので、そこは仕事を続けるべきだと思いますよ。

今の職場がいやなら別の薬局やドラッグストアに移って、新天地を求めるべきなんですよ。

また、薬剤師の仕事は単調なケースがあるので、そこが「割に合わない」という考えを増やすのかもしれません

薬剤師の仕事は基本は同じ作業の繰り返しです。処方されたものを調剤して患者さんに服役指導する。

これの繰り返しですね。薬の種類を勉強したり知識量が多く必要な割にはやっていることはいたって単純です。

単純と言っても扱うものが「薬」なのでミスは許されないです。なので緊張感もあるのですが、単調な毎日についつい「この仕事割に合わないよね・・・・」と思ってしまうこともあります。

人間は単調な毎日にはどうしても嫌気がさしてしまいます。仕事はもっと刺激的で自分が成長していくためにありたいという思いは強いでしょうね。

もともと薬剤師になる人はある意味試験を勝ち抜いて就職してきた「エリート」ですかららこういった気持ちになるも当然なのかもしれません。

単調なだけならまだいいですが、ドラッグストアなどでは薬剤師なのにレジをうったり雑用を普通にする店もあります。

忙しい時はかなりブラック企業な状態になるので、人間忙しくてしかも仕事にやりがいが無い時はやはり「割に合わない」という思いが強くなります。

これは薬剤師の仕事もそうですけど、どんな仕事にでも出てくることなんですよね。

なんか薬剤師の仕事が割に合わないって言ったら、ほかの仕事なんて悲惨ですよマジで。

ブラック企業に勤めてる人なんて、激務で年収300万円以下とかザラですからね。下を見ちゃいけませんけど、やっぱり薬剤師の仕事は続けるべきですよ。そう思います。ブラック企業を経験したことがあるサラリーマンとしてはね。

ただ仕事はそれだけじゃないのも現実 自分を表現するための場でもあります

薬剤師の仕事は費用対効果や仕事内容だけを考えると割に合わないのかもしれません。

ただ、仕事は自分を表現することができると「自己承認欲求」みたいな人間にとって一番満足感が高い気持を得られるんですよね。

薬剤師でも調剤薬局なら薬剤の知識を極めてみる。そうすれば医師からの信頼も厚くなりますし、極論を言えば薬の選び方などを極めれば医師に意見できる立場にもなります。また書籍を出している薬剤師とかもいますしね。

薬剤師でも製薬メーカーなどの就職すれば、新薬開発のチームに入ったり世の中に影響を与えるような仕事に就くこともできます。それだけ最初の就職や、新卒で入ったところが「割に合わなかった」としても今では「第二新卒」という枠もあるので、環境を変えれば充分自分のやりたい仕事ができます。

MRなど薬剤師でも営業的な仕事をすれば年収1000万くらいになるので、そこまでいけば「割に合わない」という感覚は少なくなってくるでしょう。

ただ、仕事自体はMRなどはコミュニケーション能力なども必要になるので、そのぶん仕事の負荷は高いです。

そう考えると薬剤師は選択の幅も普通の会社員よりは多いです。もし、「割に合わない」と考えるなら環境を変えることを検討するもの一つの方法です。

そうなんですよ。薬剤師のいいところは、「職場を変えやすい」ということにつきます。自分今いる環境が悪ければ別の薬局に転職することができます。

これって普通のリーマンだとかなりキツイデスよ。とくに30代後半くらいからだと、年齢的のもキツイです。

でも薬剤師なら資格と実務経験があれば、わりと楽に転職できます。うらやましい限りです。そのあたりのメリットももっともっと有効利用していこうじゃありませんか。

どうしても割に合わない職場だと思ったらスッパリ転職しましょう

どうしても薬剤師は「割に合わない」という気持ちがあり、それがもう抑えられないという場合はスッパリ転職しましょう。

今の職場にこのままいてもその感情は消えることはありません。転職して自分がやりたい仕事をするのがいいでしょう。

薬剤師には薬局から企業・ドラッグストア・MRなど多くの仕事があるので自分の適性を考えて満足度が高い仕事を選ぶべきです。

ただ、一人で転職活動をするのはかなり難しです。一人で求人情報を見て、履歴書の書き方や面接対策をするのはかなり大変です。

その場合は「薬剤師の転職支援サービス」を利用することをおススメします。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

ブラックな薬剤師の職場はもう終わりにしませんか?
ブラックな薬局・病院に関わらない人生には転職支援サービスが必要です。ブラック職場の無い人生を選択しませんか?
転職支援サービスの詳細ページはコチラ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする