薬剤師の仕事はうつ病危険をはらんでいます ストレスで倒れる前に職場環境を変えましょう

薬剤師の仕事はストレスが少ないようにも思われがちですが、薬剤師は人間関係でのストレスが原因でうつ病になるケースもあります。

どんな仕事でもこういった心の病になる可能性はあるのですが、特に薬剤師は企業、薬局、ドラッグストアとどんな勤め先でも基本、接客的な仕事は避けられないため対人のストレスはたまります。

また、人間関係が狭い空間で働くことも多く、薬局などはとくにその傾向があります。

薬剤師になる人は6年間勉強して努力をして資格を取ってきた人です。やはり性格的に「マジメ」で「がんばり屋」なため、そういうタイプの人はうつ病になりやすいんですね。

逆に、楽天家でいいかげんなタイプはうつ病にはなりにくいです。マジメに生きているのに心の病になりやすいなんでイヤな世の中ですよね。

マジメに上司の無茶な指示を真に受けてやったり、無理な仕事量を頑張ってこなしていると、いつの間二か精神の限界を超えているのに気づかずに「うつ病」になってしまいます。

結論言うと、まじめに生きることはイイことなのかも言しれませんが、それは、世の中を回していくために作った洗脳です。結局、まじめな人は利用されてるだけなんですね。

会社の社長とか、出世する人とかマジメな人なんて見たことないです。マジメに生きていると労働力を搾取されるだけですよっマジで。

ここでは、うつ病になるケースと転職したほうがいい理由をご紹介します。

薬局は閉鎖社会 人間関係が固定されているので逃げ場がない

とにかく薬局は閉鎖社会です。人数も差は度多くなく、決まった人と決まった仕事をするルーディンワークが主な仕事になります。

その小さな社会で、人間関係に恵まれればラッキーなのですが、運悪くサイコパスなパワハラ上司や、陰湿なお局様薬剤師などがいた日には、入局した日から精神的に病んでいくにはそう時間がかかりません。

ブラックな人間関係の職場ではほぼ「クソうざい」上司がいます。こういった上司がいることで会社自体の運営もうまくいかなくなってきます。そういう上司が幅を利かせてる時点で会社の未来もそんなに長くないことが分かります。そのために転職などの身の振り方を早めに考えておいた方がイイですよ本当に。

こういう小さな社会である薬局は、人間関係は本当に運の要素が強いです。ある日、とんでもない陰湿な人間が転勤してくるかもしれません。人数が少ない職場の特徴で一人の影響力がとても強いです。特にそういう悪い雰囲気にしてくれる人間の影響力ははかりしれないんですね。

そういうケースではマジメな人間ほどストレスが溜まっていきます。要領のいい切り替えが早い人は、さっさと違う薬局に転職していくでしょう。

それができない人は、上司のパワハラやお局様の嫌がらせに毎日耐えながら「まだ大丈夫、できるはず」と仕事をやり続けて今います。

まだ大丈夫とか自分に言い聞かせてる時点でもう、終わっているというか、すでに精神的にはかなりまいっています。もうすでにうつ病への10カウントは始まっているんですね。

そうすると半年後にはうつ病を発症するパターンです。最初に人間関係に違和感を感じてそれが確証に変わったらその異常な環境を避けて移動することをて考えるのも必要なことです。

病院は医者と看護師の連携がむつかしいからストレスがたまる

病院での薬剤師の地位は低いです。病院では医者>看護師>薬剤師という地位構造になっています。

そのため、ブラックな病院では医師の指示には絶対服従でけっこうな理不尽な要望などが日常茶飯事です。

また、看護師との絡みも多く、女性が主体の職場なので陰湿なイジメも多いんですね。現実は怖いです。病院に薬剤師として勤めるなら人間関係が良好な病院でないと、長期的に仕事をするのはつらいでしょう。

大きな病院などは無駄な派閥があったり、病院のカラーが強くそのカラーになじめないと仕事に支障が出るケースもあります。

組織が医者と看護師、薬剤師というプライドの高い人種が多いこともこういった隠元関係の複雑化に拍車をかけます。その病院に数か月務めて、人間関係に違和感を感じたらそこでやっていけるかどうかを早めに判断することが必要です。

もし、このまま務めていてもすぐに限界がきそうだ・・・・と思ったら早めの環境を変える行動が必要ですね。薬剤師って資格職なので、転職とかは比較的簡単です。そこまで我慢する必要とか全然ないです。あまりに理不尽な職場ならサッサと環境を自分から変えていきましょう。

ブラックなドラッグストアでは仕事の幅が広すぎてキャパをこえるもことも

ドラッグストアは薬剤師の主要な勤め先の一つですが、ここは調剤だけやっていればいいとう店でない場合レジを打ったり、お客さんの対応をしなければません。

もちろん、薬剤師の時給は通常のバイトなどよりはるかにいいです。ただ、最近のドラッグストアはサービス過剰で薬から食品、化粧品、日用品となんでも扱っているので、薬剤師とはいえ忙しいケースでは雑用をやらされることも多いです。

「あなた、薬剤師なんだからこんな簡単な仕事できるでしょ?」的な目で見られがちなので、これみよがしに仕事を押し付けられます。

そんなブラックなドラッグストアに入ってしまったら、ストレスがたまりまくるのは言うまでもないでしょう。

ドラッグストアは人間関係もありますが、その仕事量の多さに最初びっくりする人もいるでしょう。

過剰サービスが普通になったドラッグストアーではこういったストレスは避けて通れなくなってきてます。

あまりに仕事の種類が多かったりすると、キャパをこえてうつ病になるケースもあります。

実際あるんですよ。仕事の限界をこえるとある日突然、朝起きられなくなることが。これは実体験なので間違いありません。

うつ病になると回復するには数年かかります その間社会復帰ができないので人生を遠回りすることになります

うつ病にいったんかかると、その環境をいったん離れないと回復はむつかしいです。

一番いい方法は、職場をいったん休職して半年から一年休むことです。一見遠回りのような気がしますが、これが一番早い回復方法です。

休職しても「傷病手当金」が出るので、とりあえずの生活は何とかなるはずです。傷病手当金とかもらいながら休職して転職活動する手もあるのでそういう方法も検討してみましょうね。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

それより、うつ病になってしまったらとにかくゆっくり何も考えずに「休む」期間が絶対に必要なですね。

薬剤師の職場環境でいったんうつ病になってしまうと、半年から二年くらいは回復するのにかかってしまいます。回復するならいいのですが、うつ病になると突発的に自殺願望が出ることもあり、電通の女性新入社員のように死を選んでしまうケースもあります。

ブラックな仕事をしていると、サービス残業をとかをしてもそれが「普通」という感覚がマヒした状態になってきます。そして「自分が悪いんだ」みたいにネガティブになってきて最後には「死にたい」と思うようになります。そこまで我慢する必要はないんですよね。今いる状況をしっかりと判断して行動していきましょう。

ここで言いたいのは「人間関係や仕事量で精神的に追い詰められるような環境はさっさと転職したほうがいい」ということです。

その考えができないのは、マジメで勉強ができた人にありがちなパターンです。

職場を変えてしまうのななんとなく「負けた」感があるからですね。

ただ、その小さなプライドで最悪うつ病になって自殺したらどうします?悲しむ人もいるでしょうし、なにより人生最悪です。それを考えると転職のリスクなど軽いものです。しかも、薬剤師は資格がある限り転職は比較的簡単です。

そのメリットを生かすのもあなたの行動肢体になってきます。

薬剤師の転職は「転職支援サービス」を利用しよう

うつ病になる前に転職をするのことをおススメしています。

しかし、転職は一人で求人情報を集めたり、自分の希望に合った求人を探すのはとても骨が折れます。

そこでおススメなのが「薬剤師の転職支援サービス」を利用することです。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師時の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!