薬剤師の就活の面接で落ちる原因はなんだろう? 面接再チャレンジ前に見ておきましょう

薬剤師女性

「面接で落ちた」という人でもそんなに落ち込むことはありません。

薬剤師だけでなく、普通に面接すれば落ちることもよくあります。ただ、落ちたときに「どうして落ちらんだろう?」と原因を考えるのが大事です。こうやって自分が面接に堕ちた理由を「検証」していくのがメチャクチャ大事です。

ちょっと軽く落ちた原因を考えるんじゃなくて、「とことん考える」ことです。

「服装がだらしなかった?」
「話し方が堅かった」
「志望動機がいまいちだった」
「面接官との相性が悪かった」

とこのあたりを徹底的に原因を考えてみます。

そしてこれがまずかったという点を修正して次の面接に臨んでいく。

基本はこれだけです。これって意外とできてない人が多いんですよね。ここまでは薬剤師の面接というより、普通に就活で面接を受けている場合にも当てはまります。

面接の方法はネットや本屋にいけばいくらでも情報が転がっているので、ここでは薬剤師の面接で本当に大事な部分をご紹介します。

面接の基本は「服装」「印象」「相性」です。基本さえ押さえておけば自信をもって面接を受ければいいわけえです

悩む牛

面接は考えるとキリがありません。勉強の試験みたいに点数が付くわけではないので、適当にやる人でも受かるし、まじめにやっても落ちる人は落ちます。

なので、シンプルに最重要なところだけをとことんしっかりやっておけば大丈夫です。

服装はシルエットと清潔感

服装は基本スーツですよね。このスーツはただスーツ着てればいいってわけじゃないです。

面接なので服装はまず、シルエットと清潔感が大事です。

シルエットですけど、そのスーツ自分の腕の長さやスソの丈とかぴったり合ってますか?服はとにかく体型に合ったものでないといいシルエットが出ません。

だぼっと大きいスーツやパツパツのスーツはNGです。安いスーツでいいので、体型にぴったり合ったスーツを選びましょう。もし体型が変わってスーツが合わなくなってたら買い替えたほうが無難です。

また、シルエットと一緒で「髪型」です。これはたぶん嫌というほど面接マニュアルで書いてあるともいますが、男性なら短い髪でさっぱり、女性なら黒髪で束ねるということです。
これは書く必要もないくらいですね。

これが「清潔感」につながっていきます。清潔感はスーツやワイシャツがヨレていると一気に清潔感が亡くなってしまいます。

これは困りますよね清潔感がないと本当に面接は落ちます。面接官て相手の知識とか見てるんじゃなくて「見た目」「印象」「話し方」を見てるんですよ。

特に見た目は大事です。人間第一印象90%だと言われています。見た目が清潔感が無いと高確率で面接で落ちるのでそこは注意しましょう。別にイケメンじゃなくても美人じゃなくてもとにかく清潔感を意識してくださいね(^O^)/

印象は清潔感とはっきりした受け答え

清潔感からの続きになりますけど、印象を良くするポイントは「清潔感」と「はっきりした受け答え」です。

平たく言うと、「清潔で明るそうな奴」と思わせればOKです。とにかく暗い感じはNG。

もしあなたが、自分でちょっと性格が暗い・・・と自覚しているなら面接の時は多少テンションを上げて大きな声で受け答えすれば大丈夫です。

これはバランスが大事で、あんまり声も大きすぎると面接官が「こいつウザいな」みたいになります。バランスが大事です。普通でいいんですよね。普通で。

一番受けがいい声室というのは、男性なら「低くて腹から出てく声」女性なら「普通に腹から出ている声」です。

あまり高い声ってのは、ステイタスが下がるというか、低く視られるケースがあります。面接とはいえ、緊張しすぎて声が上ずってしまうのはNGです。

相性は面接官の目をしっかりと見る

よく目を合わせられない人がいます。面接マニュアルとかでは相手のネクタイを見ろとか言ってますけど、これは大きな間違い。

相手の目を見たほうが良いに決まってます。これは一番大事な部分で、やっぱり目を合わせないというのは面接官に「こいつとは相性が悪そうだ」と本能的に思わせてしまいます。

きちんと相手の目を見て話しましょう。これ思っている以上に大切です目を見れないってのはイコール「コミュニケーションがとれない」と自分から言っていると同じなので、しっかりいての目を見ましょう。

といってもこれもバランスで、ずっと相手の目を食い入るように見ていると面接官に「ウザい」と思われます。普通に相手のめを見るくらいで大丈夫。食い入るように見るのは
ちょっとやめたほうがいいです。もう一度言いますけど、バランスが大事です。

本当に重要なのは「馴れ馴れしくないリラックス感」「自分の言葉の志望動機」これだけです

では、面接で大事なことはまず「馴れ馴れしくないリラックス感」です。

面接って長くても20分~30分くらいですよね。その間にどれだけ面接官との距離感を縮められるかというのが大事です。

面接官も普通の人間なので、気さくに話した人間ほど心をゆるします。

かといって面接なので、それほど馴れ馴れしく話すことはできません。基本は敬語ベースですが、まず自分自身、あなた自身がリラックスしていないと相手も心を開きません。

「まあここを落ちても死ぬわけじゃないし、次受ければいいし面接を楽しむくらいでいいんじゃない?」くらいの心持で充分です。実際面接で落ちても次を受ければいいですし、特に薬剤師は求人は普通の会社よりも全然おおいのでそれほど気に病むことはありません。

リラックスして、敬語ベースで友人に話しかけるくらいのイメージで話すとバランスが良いです。

マジメな人ほど固く話しますけど、面接ではそれでは面接官との距離感は離れていく一方です。

面接で堅くしゃべっても面接官は面白くないだけです。ただ、馴れ馴れしいのはまずいので、そこもバランスです。

これが自然にできる人はコミュニケーション力が高いのですが、なかなかそういう人ばかりではないので、面接時には意識してリラックスして友人と敬語ベースで話すイメージを持って話してみましょう。

自分の言葉での志望動機

志望動機はネットとかで調べるといくらでも例文がありますよね。

これを参考にするのは・・・ちょっとまずいです。自分の言葉で考えたほうが良いです。

おススメなのは例文を見ないで、志望動機「だけ」は完全に自分の言葉で考えたほうが断然いいです。

ほかの定型文は例文を参照にしてもいいですけど、「志望動機」だけは完全オリジナルで泥臭くてもいいので自分の言葉自分の思いを表現したほうが断然いいです。

なぜなら、この部分は面接でのメインディッシュだからですね。志望動機がなんかありきたりな例文ぽいものだとまずいです。

面接官は何十人、何百人と面接してるので志望動機がマニュアルからパクってきたとかだいたいわかってしまいます。

完全オリジナルで、多少「熱い」松岡修造的な志望動機が好まれます。

見た目は清潔感があってさっぱりしているのが良いのですが、志望動機は「熱い」もののほうが全然好まれます。これはもしあなたが面接する立場だったらどう思うか考えてみればわかると思います。

面接で一度落ちたら客観的に面接指導してもらうのも手です

喜ぶスーツの女性

面接で落ちるようだったら、「薬剤師の転職支援サービス」を利用するのも手です。

転職支援サービスはアドバイザーがあなたと面談をして希望の求人をピップアップしてくれます。

面接のポイントややり方をアドバイスしてくれるので面接に自信のない人は利用するのをおススメします。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

ブラックな薬剤師の職場はもう終わりにしませんか?
ブラックな薬局・病院に関わらない人生には転職支援サービスが必要です。ブラック職場の無い人生を選択しませんか?
転職支援サービスの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加