有給休暇が取れない会社は普通にブラック企業 労働者の権利の有休がとれないなら転職を検討すべき

有休休暇

まず、このページを見ているあなたは「有給休暇が取れなくて困っている」と思ってるんですよね?

それはただ「会社の雰囲気が有給休暇を取りにくいだけ」といったり理由「だけ」で有給休暇が取れないだけです。

ほんとにこの「有給休暇が取れない」とかいう会社って多いですけど、これって労働基準法39条に違反してますからね。

労働基準法39条

1.使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

2.使用者は、一年六箇月以上継続勤務した労働者に対しては、雇入れの日から起算して六箇月を超えて継続勤務する日(以下「六箇月経過日」という。)から起算した継続勤務年数一年ごとに、前項の日数に、次の表の上欄に掲げる六箇月経過日から起算した継続勤務年数の区分に応じ同表の下欄に掲げる労働日を加算した有給休暇を与えなければならない。ただし、継続勤務した期間を六箇月経過日から一年ごとに区分した各期間(最後に一年未満の期間を生じたときは、当該期間)の初日の前日の属する期間において出勤した日数が全労働日の八割未満である者に対しては、当該初日以後の一年間においては有給休暇を与えることを要しない。
六箇月経過日から起算した継続勤務年数 労働日
一年 一労働日
二年 二労働日
三年 四労働日
四年 六労働日
五年 八労働日
六年以上 十労働日

労働基準法第39条 ウィキペディアより抜粋

これ簡単に言うと「会社は有休を出さなきゃいけないし、与えなければいけない」「労働者はそれを取得する権利がる」ってことが法律で決まっています。

法律で会社には従業員に有給休暇を与えるのが「義務」になっています。

でもまあ、考えてみてください。残業もサービス残業させるような会社が多いですよね。これも労働基準法違反です。でもうやむやでサービス残業が表ざたになる会社ってほんのごく一部ですよね。

有休が取れなかったり、残業代が使いのって罰則とかないでしょ?しかも別に政府とかもそれをちゃんと厳しく取り締まろうとはしてません。

これって、こういった「有給休暇を取らない」「残業代を払わない」ってことで社員をこきつかって働かさせるのが「前提」で今の経済って成り立っているんですよね。

だから、これをやってしまうとただでさえ落ち込んでいる経済が、さらに落ち込んでしまいますからね。仕事を効率よくやってこなかったツケがきています。

そりゃ、高度経済成長の時は給料もグングン上がっていきましたし、有給休暇が取れなくても残業代が払わなくても文句を言う人はすくないでしょ。私だって給料がグングン上がっていけばそこは目をつぶるかもしれません。

ただ、現在は給料も「全く」上がりませんしね。しかも休ませない、残業代は払わないっていうのは無理がありすぎまず。

だから、有給休暇って取れるもんなんですよ。だけど実際は有給休暇が取れないわけなんですよね。

いろんなサイトとかで、議論されてますけどめんどくさいですよね。

結論から言うと、「会社の分に気だけで有給休暇が取れるかどうかが決まっている」ってことですよ。そんなのあなたも気づいてるでしょ?

平たく言うと「ブラック企業なら有給休暇はとりにくい」「ホワイト企業なら有給休暇とりやすい」ってことだけです。これ以上でもこれ以下でもありません。

だから、入った会社によってはホントに有給休暇をとるだけでもボロカスに言われる場合もあります。

「父が急病で入院したので休みます」→「お前、この忙しいのにオヤジが入院したくらいで休むのか?」

「明日、休養ができて休みます」→「お前こんな時期に休んでいいと思ってるのか?親が死んだ時くらいだぞ休んでいいのは」

とか平気で言う上司とかいますしね。まあ、こんなのボイスレコーダーで録音して労働基準監督署に言えばいいんですけどね。

結論を言ってしまうと有給休暇はだれでもありますし、取れます。ただ、会社の「雰囲気」で摂りにくいだけってことなんですよ。バカバカしいでしょ?

有給休暇が取れるかどうかは入る会社の「空気」にだけかかっている 会社による現実の違い

そうなんです。有給休暇が取れるかどうかって、ただ会社の空気にかかっています。会社によって全く違いますよ。

私は地銀にいましたけど、地銀はまだましな方だと思いますけどとにかく有給休暇が取りにくい。しかも、ノルマのある営業だったので

有給休暇を取るときには

「お前休むのはいいけど、この数字でいいのか?今月ノルマ達成できるんだろうな?」

「お前、仕事もできないのに休みだけは取るんだな、いっちょまえに」

「休むのはいいけど仕事ができないのに無い考えてんだ?」

とか普通に言われしたからね。

いやいや、有給休暇って権利だし取って良いに決まってんじゃんとか思ってましたけど、こんなこと言われたらメチャメチャ有給休暇も取りにくいですからね。

だから有給休暇を取る人もすくなかったですよ。女性は取ってましたけど、営業で出ている男性とかはあんまり取って無かったですね。でも地銀はまだマシなほうだと思うんですよ。

普通にブラック企業になると、有給休暇なんか取らせませんしね。特に飲食とか、介護とかもありがちですけど、大企業でも広告系とか出版系とかまあ、そういった激務の会社は有給休暇ってとりにくい、取らせない・・・といった空気が満々ですからね。実際取っていないみたいです。

有給休暇って1年間繰り越せるんですけど、こんなブラック企業だと1年なんて有給休暇を余らせて過ぎ去ってしまいますからね。結局制度としてあっても取得することができずに有給休暇をどぶに捨ててしまうわけです。

これって、考えてみると完全に「労働基準法」ってあんまり機能してないですよね。だって有給休暇にかぎらずサービス残業とかも違反なのに大企業とかでも普通にやってますしね。法律違反しても、たいして機能していないのが労働基準法です。けっこうハリボテの法律なんですよ。

ただ、こんなことをやってると日本ダメになってきますよ。すでにダメになってますけどね・・・・

長時間労働にだけ頼っている経済って悲惨ですよね。効率のいい仕事をやってないっていうわかりやすい証拠です。欧州みたいに労働時間5時間とかでGDPとかもそこそこいい感じで推移している国とか見習ってほしいものです。まあ日本の長時間労働大好きなのは今後変わらないと思いますけどね。

転職した製造業では「有給休暇」を取るのを推奨して従業員に「有休取れよ」と急かしていた 会社によって全く違う

私は地銀か製造業に転職したんですけど、この製造業はいわゆる「ホワイトより」な会社でした。

まず、有給休暇を普通にとることが推奨されていていました。

有給休暇を取るときには別にいちいち「取得理由」を言う必要もないわけです。だから自分の仕事をこなしていれば自分で普通にいつでも休めるわけですよ。

余談ですけど、有給休暇ってその休む理由っていう必要はないんですよね。これも法律で決まっています。説明する義務とかないんですよね。

でも、取りにくい会社だといちいち「親が死んだ」とかいう理由を作って休むわけです。架空の親戚のおじさんとか何回も殺してしまうことになるわけです( ;´Д`)

話を戻しますけど、この製造業の会社では有給休暇をあんまり取ってないと現場のリーダーとか事務所の係長がとかが

「ちゃんと有給休暇取ってくださいよ」

とまで言ってきます。それだけ、「ちゃんと有給休暇は取る」っていうことが普通だったんですね。これも会社の方針が「しっかり休んでその分、集中して仕事をして早く帰る」

みたいな感じでした。残業をダラダラやっている人は「仕事ができない人」みたいな空気がありましたからね。

どうです?有給休暇って会社によって取りやすい取りにくいが決まってしまいます。

結局ですね、ブラック企業なら有休休暇は取りにくい、ホワイト企業なら有給休暇は取りやすい。

こういった現実があるだけです。これ考えるといかにブラック企業って働くのがばかばかしいというか、おない仕事でもこんだけ違うかってのが解かりますよね。

有給休暇が取れないような会社はどのみち長くは続かないと思うんですよね。だって、仕事量を増やせば利益が上がるっていう考えでしょ?それじゃあ

効率とかを考えてないだから会社が成長することも無いような気がしますけどね。

あと上司とかが「社畜精神満載」だと完全に有休がとりにくい 「俺はインフルエンザでも会社に来るぞ」とか言ってる上司がいたよマジで

これも余談的なんですけど、地銀の時に印象的な上司の言葉がありました。

「俺はインフルエンザで熱が40度でても会社に来るぞ」

とか言っている上司がいました。典型的な社畜でパワハラ上司でしたけどね。この時なんかものすごく体の力が抜けて、絶望感みたいなのと、こんなやつの下で仕事をやってるのかっていう嫌悪感みたいなのでもう気分的には最悪だったのを覚えています。

いや、それ仕事をオレはやってるぞのアピール?そうだったとしてもインフルとかで会社来たら他の人に感染したらどうするの?そこまで頭悪いの?

とかちょっと知能指数みたいなのを疑ってしまいましたね。

でも会社ってこういう輩のほうが「使いやすい」んですよね。完全に社畜ですし、会社が言ったことはなんでもまったく疑問に思わずやってくれるからです。

まあ、こういったのがコンプライアンスとか法律違反とかってわかってても会社の指示だったら、やってしまうタイプなんでしょうね。

とにかく、こういった上司の時には本当に有給休暇とか取れませんでしたしね。有給休暇を取るとにぼろくそ言われますし、もうめんどくさくなるんですよ。

こういった上司に当たってしまっても有給休暇とか取れなくなります。会社がブラック企業ってのも有給休暇取れないですけど、上司がこういった社畜だとまた有休取れないですしね。会社の雰囲気プラス上司がどういう人になるかの不運もありあります。

こういった状況から脱出するには、結局会社を変えるしかないんですよね。現実はそこす。

有休休暇が取れないって悩んでるあなた。その会社どうせブラック企業でしょ?少なくともブラックよりの会社っていうのはわかります。それか、社畜パワハラ上司に運悪く当たってしまったかですよね。

そんな状況は我慢していてもよくなっていくことはありませんし、そもそもそういう環境の会社って長期的には傾いていきますからね。効率のいい仕事をやって無いわけですからね。

こんな有給取得とかサービス残業とかにうるさい時代に、まだこんなことやってるような会社って未来はないですよマジで。

有給休暇が取れない会社を脱出するためには転職するのがベターです

結局、そういった有休が取れないような会社はできることなら転職してホワイトよりの会社に行くのが手っ取り早いです。

ただ、転職するのって不安と言うか、なかなか行動できないですよね。そういう場合には優良な求人を紹介してもらって一度見てみるのがイイと思います。

優良な求人を見てみれば、いい会社があるっていうのの確認になりますし、これからやってく仕事を選ぶ貯めの判断材料にもなります。

ただ、ハローワークとかちまたにある求人誌とかでは正直ブラック企業がいっぱい掲載されています。これってハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。

転職エージェントでは厳し基準で掲載企業を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たアドバイスをしてくれます。

たしかに転職って不安ですしね。初めてだとかなり不安です。私もそうでしたしこれはしょうがないです。

しかし、転職活動って、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら履歴書をつくって面接対策すれば普通に内定は取れましたよ。

準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!