-ブラック企業脱出マニュアル-

最初の会社は入った時にブラック企業と気づいていた でも時代背景もあってずっとここにいるしかないと思っていた

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

過労が限界でうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業を辞めて転職するときにあった特徴的なことをご紹介

 

-ブラック企業につかまらない就活のポイント-

ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

就職活動のためのツールは効率はブラック企業の少ない効率のいい転職ツールを利用する

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ

 

-ブラック企業への思い-

ブラック企業にいても1ミリもイイことは無い でもブラック企業は増え続けるため自分の身は自分で守るしかない

ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

 

-優良な転職エージェント一覧-

転職エージェントの詳細

第二新卒の転職エージェントの詳細

保育士の転職エージェントの詳細

薬剤師の転職エージェントの詳細

 

パワハラ上司対応は労働基準監督署に通告するか異動願いか転職するかです ブラック職場では関わらないほうがベターですよ

パラハラ上司の対応は直接相手をしてはダメです。パワハラの状況を録音してサクッと労働基準監督署に通告しましょう。それができない時は異動願いを出す。それでもだめなら転職するといった割り切った行動が必要です。パラハラ上司などどうなってもかまいません。自分のことは自分で守っていかなければいけません。

error: Content is protected !!