-ブラック企業脱出マニュアル-

最初の会社は入った時にブラック企業と気づいていた でも時代背景もあってずっとここにいるしかないと思っていた

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

過労が限界でうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業を辞めて転職するときにあった特徴的なことをご紹介

 

-ブラック企業につかまらない就活のポイント-

ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

就職活動のためのツールは効率はブラック企業の少ない効率のいい転職ツールを利用する

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ

 

-ブラック企業への思い-

ブラック企業にいても1ミリもイイことは無い でもブラック企業は増え続けるため自分の身は自分で守るしかない

ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

 

-優良な転職エージェント一覧-

転職エージェントの詳細

第二新卒の転職エージェントの詳細

保育士の転職エージェントの詳細

薬剤師の転職エージェントの詳細

 

転職は何のためにするのか?「お金」「やりたいこと」「ブラック企業脱出」その根本にあるのは「自分のやりたいこと」ですよ

転職は何のためにするか?答えは簡単「自分のやりたいことをする」「自分の人生を作っていく」ためです。ブラック企業なんかに勤めていたらその時点で人生も何もありません。あえてブラック企業にいる意味はないので転職しましょう。思っているより転職は簡単ですよ。

どのくらいの労働時間でうつ病になるの?長時間労働・仕事量・ストレスがこれくらいでなる実際のケーススタディ

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

ハローワークでも自販機オペレーターの仕事だけや辞めたほうがイイという現実

ハローワークはブラック企業の求人でいっぱいですが、その中でもこれだけは辞めといたほうがイイと言われるのが「自販機オペレーター」の仕事です。間違えてこの仕事についてしまった人は、今すぐにでも辞めたてもっと給料がよくて労働環境のいい仕事を探すべきです。

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

ブラック企業で社畜を辞めたい人は「転職できない」と洗脳されてる件 普通に転職できるし人生巻き返せますよ

ブラック企業を辞めたい人は「転職するリスク」が高いと思ています。いやいやそれって、「ブラック企業にいて体を壊して退職したり過労死したりするリスク」よりも全然低いですよ。リスクのうちに入らなっ暗いです。普通に自分の悲惨な労働環境を変えていく当のは自分で自分の身を守るための最低限の行動なんですすよ。

コンビニやドラッグストアにある求人誌(フリーペーパー)はブラック企業ばかりですハロワといい勝負wその特徴と実際

コンビニとかドラッグストアとかファミレスにおいてある求人誌(フリーペーパー)は普通にブラック企業が95%です。悲惨ですよ。ぷりーペーパー使うと確実にブラック企業の奴隷として確保されるので注意が必要です。もっと別の方法で求人を探すツールがあるのでそちらを使いましょう。

ブラック企業脱出のために働きながら社会保険労務士を合格する方法 独学より予備校へ行くべき理由

仕事が忙しくてブラックな環境で社労士試験を合格したいなら予備校に行きましょう。独学でやっていても時間の無駄なのでそこは自分に投資するつもりでお金を使った方が時間短縮になります。プロの講師に教えてもらったほうが楽ですし簡単です。そんなに時間ないでしょ?あなた。

ブラック企業脱出のために難関資格取っても実務ができないと意味がない理由

ブラック企業を脱出するために「資格を取ろう」と思っても実際あんまり役に立ちません。それよりブラック企業を脱出することを考えたほうが早いです。いわゆる転職ですよね。転職を強く進めているサイトですけど、実際ブラック企業から脱出するには「転職」しかないじゃないですか。それをわかってほしいのです。

error: Content is protected !!