毎日残業4時間を続けるとうつ病になります 残業のない会社に転職する方法

もがくサラリーマン

残業4時間を毎日やっているというと、だいたい変えるのが21時とかになりますよね。

そこから家に帰って、飯食ってろ入ってなるだけです。そして朝起きてまた会社に行く。

土日が休みだったらあまりに疲れていて寝ているだけっていうパターンになりますよね。私はそんな感じになりました。

「休みは寝ていたい、外出したり趣味なんかやる気力もない」

問う思考になります。当時20代でもこうなのですから、体力が落ちる30代40代ならなおさらこうなるでしょう。

毎日4時間残業をやらせるような会社はたいてい、休日出勤も多いですから、そうなると生きていても悲惨な状況が永遠に続いていくんですよね。

そういう生活をしているとどうなると思います?

「このままこういう生活がずっと続くの?もういやだ、生きていてもしょうがない、楽しくないしもうどうでもいい」

という風にネガティブで人生どうでもいいような思考になります。仕事だけが行きたいの社畜だったらいいのですけど、

そうでない「普通の人」はこういう思考になりますね。

いや、どうしてこんな風になってもその会社を辞めないんですかね?

辞めたら次に行くところが無い」

「転職とかリスクがあって怖い」

「ずっと一つの会社で勤めるほうが安全だとお母さんに言われた」

「会社を辞めたら逃げたことになる。負け犬にないりたくない」

とかこういう風に考えるから辞めないんですかね?これって情報に踊らされている完全な「思考停止」です。

自分がきついと思っている環境で我慢するのが「かっこいい」「美徳」「環境を変えるのが怖い」と思っているなら思考停止です。

労働環境が良い会社に入るのにスキルがあるとか能力が高いとか関係ないですよね?いくらスキルがあっても、ブラック企業に捕まれば悲惨ですし、スキルが無くても仕事がゆるくてそこそこの給料をもら会社はいくらでもあります。

ここでは毎日4時間残業をやらされる時の行動方法をご紹介していきます。

残業4時間やっていてサービス残業だったら即辞めて転職したほうがいい

あなたは毎日残業4時間やってますけど、どうです残業代ちゃんとついていますか?

毎日残業4時間やっていれば残業代だけで10~15万円くらいにはなるはずですよね。ということは給料がそのくらいは毎月増えているはずです。

仕事はきついですけど、それだけ給料が増えるということです。これならぎりぎりモチベーションが保てるかもしれません。

お金のために仕事をしているわけではないですけど、その残業代はまるまる貯金することができれば、次のステップのための資金にもなりますしね。

ただもり、サービス残業で4時間の残業代が付いていないというなら、そんな会社は即、辞めましょう。そこにいても未来はまるでありませんしね。

サービス残業ってそもそも法律違反ですし、そんなことをしている会社はいずれ傾いていきます。法律違反をして人件費を削って、その部分で利益を上げているわけですからね。

そんな非効率なビジネスをしている企業はガチで将来傾いていきます。シャープとか東芝とか見てればわかりますよね?

なので、大企業とかいっても3時間残業させた挙句に、残業代を払わない会社ならすぐに転職すべきです。それはもう答えが出ているテストと一緒ですね。考えるまでもありません。

残業代が付いていても体調が悪くなったら即辞めて転職したほうがいい

4時間の残業でも残業代が付いていれば救いはあります。10~15万円くらいは給料が毎日上がるわけですからね。

年収で100万円以上は上がるわけです。今時だと、残業代がしっかりつく会社ならまだ、見込みはありますし、比較的良心的な会社と言えます。ちょっと情けない話ですよね。残業代って本来ついて当たり前なんですけど、そういう会社が少ないというのはものすごく悲しい現状です。ほんとに先進国なのかよ?日本て・・・という思いです。

ただ、あなたがもし、4時間の残業に耐えられなくて、すでの体調が悪なっているなら話は別です。

疲れているのに眠れない」

「眠っていてもすぐにめがさめてしまう」

「朝会社に行くときに頭痛・吐き気・めまいがする」

「たまに仕事をしていると体が重くなる時がある」

「仕事で今までしなかったミスを連発してしまう」

「急に悲しくなってないだが出てきてしまう」

「死にたくなる」※死にたくなると思ったらもう会社に行くのな危険です

こうなると、うつ病の症状なので、速やかに心療内科に行って診断書をもらって会社を休職したほうがいいです。

とこういう風に書いても、たいていの人が

「いや、まだ俺はやれるから大丈夫」

と思って仕事を続けてしまい、取り返しのつかないことになります。そういう人をたくさん見てきました。

こういった症状が出ているとすでに危険な状況だということは知っておいてください。あなは大人なのでどういう行動を取るかはあなた自身の判断にかかっています。

先ほど言った思考停止になっていると、このまま会社に生き続けて、人生にとって取り返しのつかない状況になる可能性は高いです。

自分の経験で私は語っているので、受け入れられない点もあると思いますが、会社を休職してその間に転職活動するというのもあります。

もちろん、会社に勤めながら転職活動をするのもアリですが、毎日3時間の残業をするような会社だとかなり仕事をしながらの転職活動はかなり厳しいです。

会社を辞めたり診断書をもらって休職してからの転職活動のほうがやりやすいです。休職は傷病手当金も出るので、

それほど生活には困りません。傷病手当金は最長一年6か月でるので、その間に転職すればいいわけですね。

参照記事

ブラック企業にいれば「うつ病」になるのはいたって普通です。というかいずれそうなるので、なるべく早く脱出すべきですが、うつ病になってしまったらすぐに「心療内科」に行ってくださいね。行かないとさらに悪化して取り返しのつかないことになります。心療内科はそんなに怖いところではありませんよ。

転職と言っても、どうやっていいのかわからない場合は転職エージェントに登録してエージェントのアドバイスを受けるとやりやすいです。

一人で転職活動をしてると、一人で求人集め、履歴書の作成、面接対策はかなりキツイです。プロであるエージェントはあなたに合わせた求人を探してきてくれるので、効率の面では圧倒的に一人での行動よりいい結果が出ます。

エージェントに希望で「残業の少ない会社」「定時で帰れる会社」という希望を伝えておけばそういう求人を優先して

探してくれます。エージェントが求人を審査しているのでブラック企業はありません。

転職エージェントを利用して残業の少ない会社に転職しよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラックな職場やブラックな人間関係にハマってしまうと、そういった職場にいるだけで精神的にまいってしまいます。

結局、体を壊したりうつ病になったりして退職してしまう・・・最悪、過労死するということも考えられます。

そこまで我慢するよりも労働環境を変えていく行動を取ったほうが前向きです。

ただ転職となるとどうやっていいかわからないのが普通です。そのとき転職エージェントのアドバイザーに相談すると、ケースバイケースであなたの状況を考えてアドバイスをしてくれます。

また、転職エージェントの扱っている求人はアドバイザーが審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークや求人誌はこういった求人掲載に審査が無いので、ブラック企業がたくさんあるのが現状です。悲しいですよね。

「従業員にやささいい会社」・・・いわゆる普通の会社っていうのは世の中にはたくさんあります。そういう会社の求人を見るだけでも視野が広がって転職がそれほど世間で言われいるよりむつかしくないことが分かるでしょう。

転職エージェントは登録から利用まで無料になっています。求人開催企業から報酬をもらって運営しているので登録者にはお金はかかりません。

あなたに合った求人をアドバイザーが面談をして選んでくれるので、人生の選択肢が大きく広がっていきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!