圧迫面接する会社の特徴と辞退すべき理由 パワハラと同じでブラック企業の確率が高い会社の証です

圧迫面接

圧迫面接ってたしかにありますね。程度の差はあっても私も転職活動をしているときに何度かありました。

まあ、面接って面接受けるほうが絶対的に弱い立場なんですよね。面接官は神と言う立場です。イメージしてみてください。あなたの友達とか、先輩とか知り合いとかが飲食店とかで飲食店の店員さんに横暴な態度をとっていたとしますよね。反抗することができないと立場上わかっている弱い人間に横暴な態度をとるわけです。

「うわあ、こいつ最低やな・・・」

って思うでしょ?圧迫面接もこれと一緒です。

面接官って企業の顔ですからね。それなりの人間が面接をするのが普通です。そういった人間が、圧迫面接で

「きみさあ・・・、こんな志望動機で受かると思ってんの?」

「君はうちの会社むりだから、こないほうがいよ。」

「その受け答えじゃ、正社員は無理だよ」

とか言ってきまからね。これって思っていても言ってはダメなことなんですよね。圧迫面接をしても誰も得をしません。面接を受けた人は「なんだあの会社最悪だな」と思うに決まってますからね。企業イメージとかはがた落ちです。いまではネットもあるので普通に2chとかツイッターで書き込まれればすぐに拡散します。

あと、そういった面接官をつかっている企業って、そういった感じなんですよ。要はブラック企業の確率が高いです。

実際、私が転職活動をした会社で圧迫的な面接をしたところって、あとで口コミとかしらべるとブラック企業っていう噂が大きいところですね。

なので、結論を言うと圧迫面接をする会社は其の場はテキトーに流してさっさと切り上げたほうがイイです。

あと、圧迫面接をされてなぜか内定をもらってしまった場合も、ホワイト企業っていう確証がなければ辞退したほうがイイですからね。

仮にその会社が一部上場企業で規模が大きく、給料もそこそこだったとしても、たぶん入社しても人間関係は悪くて仕事は激務ですからね。

過労死とかしたくないでしょ?会社の規模とか給料「だけ」に目が行くと激務にさらされて結局過労死とかすることになりますからね。

なので圧迫面接をされたらある意味、その会社は完全に選択から排除できるのでわかりやすい目安になるんですよね。

まず圧迫面接をやる会社は入らないほうがイイのが基本 大人のやることではない

まず、冷静に考えてみるとわかります。圧迫面接とか立場の弱い者に対して、暴言を吐いたりするのってけっこうな「最低行為」ですからね。

正直大人のやることではありません。それをやっている人がいる会社とかに入りタイとは1ミリも思いませんからね。もし、その面接してる人があなたの上司になったらどうしますか?ってことですからね。

てだ、転職活動をしてるとこういった圧迫面接をやってくる会社ってたまにあるんですよ。世の中の現実がそんなもんだからです。

会社に入ってもパワハラ上司やいじめをする先輩、嫌味なお局上司。こういったのはどうしてもいますからね。完全にこういったのがいない会社ってのは無いですからね。

ただ、そういう圧迫面接をする会社は高確率でパワハラ上司とかが多い会社です。そんなの説明しなくてもわかりますよね?

結局、会社を辞める理由でダントツなのが「会社の人間関係が悪い」ってのがトップで、それも上司からのイビリとかなんですよね。それで自殺したりするんですから、圧迫面接する会社はそういう自殺するような環境が充分にある会社です。

だから、いいんですよ。そういう会社はスルーしてほかの会社に行けばいいだけです。そういう判断材料をくれたと思ってサクっと流していけばいいだけです。

「本当にそんなんで、うちで仕事できると思ってるの?」

「君の言いたいことは分かったから、向いてないようちの会社」

「うちきついから来ないほうがイイよ?やめときな」

とまあ、面接の準備をして丁寧にしゃべっているのにこういった対応をするわけです。この時点でこの会社のレベルがわかるので、逆にいい判断材料になるわけですよ。

圧迫面接があったらもうその場で帰ってもいいと思う その企業に入る意味もないので

あと、圧迫面接があって、あまりにひどい状況だったらわざわざその面接でずっと対応する必要もないです。帰ってしまってもイイですよ。

「この会社で仕事をしたいという気が無くなりました。失礼いたします」

と言って軽くおじぎしてその場を立ち去ればいいです。

実際、そういった圧迫面接をする面接官は普段の仕事のストレスをその場で弱い立場の人間を使って、ストレス発散してるだけなのでサッサと、その場からいなくなっても大丈夫です。あなたがその会社の社員ならまずいですが、まだ何の関係もない人間にそこまで言われて我慢してその場にいる必要はありません。

そういった人間といても1ミリも特にならなないので、社会に出るとこういった人種がたくさんいるということだけは心にとめておいてください。

そういった人種になるべく「かかわることを避けていく」ということで人生はうまく回っていきますからね。

個人的にはこういった、さすがに仕事でも人を圧迫するような人間になってほしくない そこまでして生きていても意味が無い

あと、個人的にはこういった人をむやみに圧迫したり追い詰めたりする人間にはなってほしくないです。

これは個人的な考えなので、合わない人は流してほしいんですけど、けっこう会社ってこういった部下を必要以上に追い詰める人ってけっこういます。

もちろん、そういった人って会社では嫌われていますし、プライベートとかでも友達とかいないのって簡単に想像できますよね。

ただ、会社って部下を追い詰めてでも脅迫してでも利益を上げたり、営業の成績を上げたほうが「使える上司」みたいになるケースが多いです。

そう、人間的な器と会社での評価って比例しません。だから、クズな上司って世の中におおいですね。

その反面、まともな器の大きい上司もけっこういます。どっちになってほしいかは、当然後者ですね。クズな上司になると会社での地位以外のものをすべて失うと思うんですよね。だって、そんな人間と一緒に居たり、接したりしたいと思う人って誰一人としていないですからね。

圧迫面接をする人はこういった、クズ上司の典型的な例です。そういうのが多いとイメージできる会社はどのみ長期的には傾いていきますよ。

こういった圧迫面接をするような会社を回避するには転職エージェントを利用しよう

こういった圧迫面接をするような会社が多いってことは、求人の選び方がおかしいか、ハローワークとかちまたの求人誌を使ったりしてる場合に多いです。

ハロワとかは掲載企業を審査していなので、ブラック企業がたくさん掲載されています。ブラック企業の奴隷の狩り場になっているんですね。かなりきつい状況です。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動についてアドバイスをしてくれます。

圧迫面接をする会社って、ブラック企業のケースが多いですしね。かりに大きな会社でネームバリューとかある会社でも、圧迫面接をする会社って入ってみると仕事が超激務で過労死する人が毎年でている・・・と言うパターンがけっこうあります。

面接の雰囲気って、「普通」が一番というか妥当な会社です。

圧迫面接する会社は論外ですけど、あんまり「イイことばっかり言ってる会社」も嘘くさいですしね。逆に以上い対応が良すぎたり、面接官の笑顔が作り笑いだったりするのも怖いですしね。これもブラック企業の場合があります。

なので、面接の雰囲気は、淡々と普通にやっている感じというのがベターな会社です。違和感を感じたら、まずはその会社をしっかりともう一度調べてみるのがイイですね。

就活って難しいと思われがちですし、圧迫面接もあっていやなもんです。

しかし、就活は優良な求人を選択してアドバイスをかと受けながら、履歴書を作って面接対策をしていけば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

圧迫面接って嫌な会社を判断するものだと割り切っていくのがイイですよ。やっぱり面接を受けると圧迫面接に遭遇することはあります。

ただ、これっていい大人がやることじゃあないんですよね。そこで圧迫したところでいい人材が取れるとも思えないですしね。結局、面接を受ける側もいい人材を取りたい企業としても、どっちも損をする「ルーズ・ルーズ」の行為なんですね。だれも笑顔になりません。

仕事って、ブラック企業とかも笑っているのは経営者だけで、従業員はヘタすると過労自殺する・・・・そこまでして会社とかを大きくしてもなんかむなしいだけですしね。まあ、会社経営者は「サイコパス」が多いっていうのはよくわかります。サイコパスっていうのは「罪の意識を感じない病気」

です。人を殺してもまったく罪悪感が無いっていう感じのものです。

こういったことを考えると世知辛い世の中です。なんか働くのがイヤになってきますけど、その中でもいい会社を選んでいきたいですよね。

働かなければ生きていけない世の中ですけど、やっぱりブラック企業に入るのだけは避けたいものです。だから、圧迫面接をする会社は事故にあったくらいで流していくと気分も楽になりますよ(^O^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!