ブラック仕事のエース介護職を辞めたいあなたが異業種に転職する方法 低賃金で激務な業界に未来はない

住宅模型

私の知人に介護職に勤めている人が何人かいます。

その人たちが共通して言うのは

「給料が安すぎる」

「夜勤が合って不規則で体がつらい」

「腰が痛い。このままでは体がキツイ」

「この仕事年を取ってからは無理なんじゃないかな」

と口をそろえていいます。あなたも同じようなことを思っているんじゃないでしょうか?

介護職の待遇はハッキリ言って最悪です。年収は永遠に上がりませんし、労働環境もかなり悪くて離職率も高いのもしょうがない状況です。

介護職はいくらでも求人があり資格が必要なので、「介護職」に就くのは簡単です。ただ、これだけ重労働でしかもニーズが高い職業なのに、その給料の低さは悲惨です。年収300万行かない人が多くワーキングプアを量産するのが介護職というのが実際のところです。

それでもってこれだけ低賃金で激務でしかも「高齢者だけ」を扱う仕事なので、リスクも責任も大きいです。

自分の仕事で高齢者を怪我でもさせたらその責任は大きいですしね。ただでさえ普通に歩いていてもケガをしそうな高齢者をあつかうわけですからリスクの高さもハンパないです。

そういう状況があるので、結論を言うと「お金を稼いで生活をしていく」ための仕事そてしては介護職は最悪の仕事です。

もちろん、高齢者介護は大事な仕事で、それにやりがいを感じ生きがいとしているなら全く問題はないです。

ただ、生活の糧として仕事を考えているなら介護職を続けるのはまったくもってリスクも大きく賃金んも悪く儒る労働で全く意味がありません。ほかの職業を選んだほうがいいわけですね。

あなたの人生です。そこの選択はとても重要ですよ。

介護職を続けるリスクと転職リスクを天秤にかけるなら、圧倒的に転職するリスクのほうが低いですからね。

介護職は仕事もきついし未来もない仕事 現実を見ていきましょう

介護職の現実を知っていてなおかつ介護職が好きなら勤め続けてもいいかもしれません。

ただ、介護職はその仕事が重要な割には冷遇されている職業です。待遇なのは今後上がっていくことはありません。

そもそもその理由は介護職はあくまで終末医療。そこにお金を政府が投入することはありません。移民や外国人の派遣社員にその介護の仕事をやさせようとしています。さらに給料体型を低賃金にするためなんですね。

介護に税金を投入するより、少子化対策などに力を入れていくはずです。といっても少子化対策に力を入れても無駄なんですけどね。

もう結婚して子供をたくさん産むことにメリットを感じている人はかなり少ない状況です。

これから超高齢化社会を迎える時代に、介護職ま最も必要になる仕事になるでしょう。第二次ベビーブーム世代が高齢者になるときにはもう想像がつかないくらいの高齢者が日本に存在することになります。

そうなったとしても介護職の待遇はさらに下がっていくのは間違いありません。介護の質は下がりさらに賃金は下がってという悪循環でも介護職に全く未来はありません。

ハッキリ言うと、介護職は「もうどこも雇ってくれない、介護職しか仕事が無い」という場合にやるべき仕事です。

特に20代で介護職に就いているなら、ハッキリ言って危険な状況です。

職業を一番選べる年代の20代で介護職を選ぶということは「一生貧乏で結婚もできず満足した人生を送れない」ということを自分から選択しているのと一緒なんですからね。

介護職でも異業種に転職は普通にできます 行動は早蹴れば早いほうがイイです

はしゃぐサラリーマン

こういった待遇が最悪の介護職ですけど、転職するとなると職歴としては逆に

「キツイ介護職をやってきた人」

という風にとらえられます。転職するときには堂々と職歴に「介護職をやっていた」と書いて大丈夫です。

転職し理由も介護職の場合は「介護職に誇りを持ってやっていましたが、給料が低くて生活が厳しいためやむなく転職を希望しました」といった直球の転職理由が通用します。

それだえ介護職がハードワークな割には賃金がものすごく低いというのはもう世間でも誰でも知っている事実だからです。

そのため転職希望の会社の面接官も普通にそのあたりは納得します。

これを考えると、介護職から異業種に転職するのはそれほど難しいことではありません。

介護職をしていると、貯金ができている人も少ないでしょうからなるべく数か月で転職活動を決定していきたいところです。

ただ、もし転職活動を一人でやっていくとなると、求人集め面接対策と介護の仕事をしながらでははっきり言ってキツイです。

その場合は転職エージェントを利用して求人をさがしてもらったり面接対策のアドバイスをうけるのがおススメです。

転職活動をどうやっていいかわからない状況でも具体的なやり方を教えてくれるのが転職エージェントです。

転職活動を実際にするには転職エージェントをつかって効率を上げていこう

笑顔の女性

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!