ブラック企業は賞与が出ないのは当たり前 ボーナスが出ない会社は転職したほうが無難です

悩む牛

ボーナスが出ない会社は年々増えています。ブラック企業がメジャーに?なりつつある世の中で、極限まで人件費を減らして、会社の維持に努めている会社が増えてきているからです。

大手でもシャープや東芝など大手でも倒産する世の中で、会社の経営が傾けば当然最初に無くなるのはボーナスです。

もともとボーナスは法的に支払い義務がないので、こういったご時世ではボーナスが出ない会社が増えるのも自然な成り行きになってくるでしょう。

また、正社員ですらボーナスが危うい状態で、派遣社員や契約社員が一時金的なものをもらうことは、ほとんど不可能でしょう。

ボーナスをもらうハードルが高すぎる時代になってきました。「正社員でかつ業績がそこそこいい会社」でないとボーナスが出ないんですね。

そうはいってもね今時賞与だ出ないなんて会社はブラック企業か経営が傾いている企業だけです。というかそういう会社にずっといるってのは不可能です。

なぜなら、ブラック企業だったら長期間勤める前に精神をやられて退職しますし、経営が傾いていれば5年ごくらいには会社がつぶれる可能性が高いからです。いやどちらにしても賞与無しの会社は未来がありません。そんなところにいる意味は全くありません。

ボーナスの経済的な恩恵と・仕事に対するやる気の維持を高める効果は絶大なものがあります。

ここでは、ボーナスが出ない会社の特徴とその対応策をご紹介します。

賞与無しの会社なんて経営不振かにきまってます。普通に考えればわかりますよね。

夜の街

本当にわざわざ書くのもなんですが、ボーナスが出ない会社は経営状態が悪いと自ら暴露しているようなものです。

ボーナスの出ない会社は経営状態が悪い可能性が高いです。しかも、人件費を削り始める会社はかなり経営が切羽詰まっていることが多く実際そういう会社を何度も見てきました。

私が金融業時代に担当していた、地域密着型の結婚式場を経営していた会社はだんだんと経営が傾き従業員の給料が遅れがちになってきました。当然ボーナスは無くなり、ふだんの給料も一日遅れたりする有様でした。

最後は社長の個人資産を補てんして給料を払っていましたが、それも焼け石に水で会社は倒産。従業員は路頭に迷いました。

ただ、従業員も給料が遅れた時点で薄々気づいており、それでも転職するなどの対応をしていない人もいました。

それだけ田舎で転職する先もなく、ギリギリまでその会社にしがみついていた人が多かったです。正直この対応の遅さには疑問を感じましたが、実際に経営が傾いていても人はあまり行動しないものです。

とにかく、自分のいる会社に賞与が出ないのが「当たり前」とか思っちゃってるともうかなりヤバイですよ。危機感ていうのが無さすぎます。自分の近い将来が破滅するのを泥船に乗って待っているようなものです

ブラック企業もボーナス無しが多い 考えなくてもわかる簡単な構図ですね

見上げるサラリーマン

ブラック企業もボーナスが無いことが多いです。

ブラック企業の構図はとにかく人件費を削って社員を奴隷の用意使い、使い捨てるということに全く躊躇のない会社です。

社員は基本使い捨てなので、いつ辞めてもいいですし、やめればまた補充すればいいわけです。まさに西洋の奴隷時代を彷彿とされる社員の扱いですよね。

そのため、社員のために会社の利益を還元しようという考えは一ミリもないので、賞与が出るわけがありません。出たとしても極小額です。

こういったブラック企業にハマると人生の一時期を棒に振ってしまうので、ボーナスが無い時点でまず疑問を持つべきです。

基本、「搾取」の二文字しか経営方針にない会社なので、経営者以外の人間はすべて奴隷という思考で経営が成り立っています。

ボーナスが無いというのは、経営が傾いているか、ブラック企業なのかの二択になるので、ある意味いい判断材料です。

会社というのは、しっかりとした選択をしていればある程度まともな会社(ボーナスのある会社)には入り込むことはそんなに難しくありません。

あえてブラック企業に入ってしまっているのは、正直マゾ体質なのか?と思わざるを得ません。ボーナスがない会社に入った場合はすぐにそこから脱出するという身の軽さが人生を大きく左右するといっても過言ではありません。

こういう搾取しか考えていない環境からは一刻も早くいなくなるほうが無難です。そうしないどのみちブラック企業なので、精神的にもたなかったり過労死するのがオチですよ。

賞与ってあると無いとじゃあ大違いです。人生そのものが違ってきますからねえ

ボーナスがあると経済的にも精神的にも大きく生活が変わってきます。

ボーナスがあれば、普段の生活の補てんのやりくりもできますし、ボーナス分を貯金しておおきな買い物の頭金にもできます。

普段の給料だけではカツカツなことが多いので、ボーナスがあるとその分生活の水準を立て直すことができます。

そして、特に大きいのは「半年に一度、賞与がある」という事実があると、仕事へのやる気が全く違うということです。そりゃそうですよね。毎月の給料だけだったら年収300万とかで一人で生活するのがやっと。しかもそれで仕事がきつい会社だったらまさに「最低最悪」です。

いやホントブラック企業脱出しましょうよ。このサイトを見た瞬間に転職してダッシュすツルのを図ってくださいホントお願いします。

賞与が半年に一度の理由は、一年に2度ほどこういう大きな報奨金的は要素があれば、普段のイヤな仕事も「続けていこう」という気にはなります。

もしボーナスが無い場合は、ただでさえイヤな仕事なのに、毎月の給料だけではキリキリで生活もしんどい・・・

こんな状態で仕事やる気になりますか?

もともと、正社員に対してボーナスが無い企業はあまり今後の成長が期待できません。

そういった会社に見切りをつける目をもつことが完全に終身雇用が亡くなてきた社会で大事な要素です。

だって、経営者だってボーナスを出して社員のやる気が上がれば業績も上がっていくというのはわかってるに決まってるじゃないですか。

それをやらないというのは経営者失格か経営がヤバイかのどちらかです。くどいですが、ボーナスのない会社は早めに見切りをつけたほうが無難です。

なんで転職しないの?と言われるけどやはり転職は怖いものです

指さす上司

ボーナスがない会社にしがみつくには理由があります。

「転職しても今より状況が悪化するのは嫌だ」
「こんな景気が悪いのに、今のほうがマシなような気がする」

といったネガティブな発想をしている限り、ボーナスがある会社に入り込むことはできません。

転職ってちゃんと計画を立ててじっくり行えばそんなに失敗しないものですよ。

無計画にただ、タウンワークとか見て履歴書書いて応募しているからブラック企業につかまったりするんです。

一人で計画的に転職活動がむつかしい人は「転職エージェント」を利用しましょう。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談して、転職計画を立てて希望の求人を紹介してくれます。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加