履歴書に派遣社員在職中の職歴の書き方 フリーターから正社員に就職するための行動解説

メガネを上げる男

ずっと派遣社員だった人は、やはりなんだかんだ言って正社員に就職したほうが良いです。

なんでも正社員が良いというわけではありませんが、30代を来れると正社員と派遣社員の年収の差は100~200万円以上になってきます。

生涯年収だと正社員と派遣社員では倍以上の差が開くといわれています。

若いうちはイイですが、30代になる前に正社員になっておかないとその後の人生がキツイ状況になってきます。

ただ、ずっと非正規社員だった人が正社員の求人での履歴書に、派遣やバイトだった時の職歴って書いてイイの?という素朴な疑問が出てきますよね。

ここでは履歴書に非正規だった時の職歴の書き方と、正社員への就職の行動方法をご紹介します。

履歴書や職務経歴書は「自分をアピールするもの」なのでアピールポイントなら派遣社員の職歴を載せる

基本は履歴書には「アルバイト」の職歴は書くことはありません。派遣社員の場合は書いても特に問題ありません。

ただ、たいていの場合、履歴書と「職務経歴書」を一緒に提出するので、職務経歴書にはアルバイトの職歴を書いたほうが良いです。

アルバイトで数年勤めていても、最近では正社員並みの仕事をや去られるのが普通です。派遣社員も同様ですよね。

これは企業のほうもわかっています。自分の会社でも、正社員より仕事のできる派遣社員などいくらでもいます。

たまたま新卒の採用で失敗したりすると、派遣社員で数年勤めたりするのは今時では本当によくあることなんですね。

そのため職務経歴書にはあまり難しく考えずに、自分がやってきたこと自分がアピールできることをしっかりと書きましょう。

正社員でもアルバイトでも職務経歴書には関係はありません。

アルバイトや非正規での経歴は、その時に

「どうやって仕事をこなしてきたか」

「どうやって仕事を効率よくやるようにしてきたか」

「その仕事で自分はどういう風に成長できたか」

などを記載してみましょう。

「自分で仕事を率先してやった」という姿勢が面接では評価されます。

もし、自分で率先してやったことが無かったとしても、そのバイトや非正規社員の仕事で自分なりに頑張ったことを最大限にアピールするのがとても大事です。

その経験を生かしてその面接を受ける会社にも役に立っていきたい・・・・といった流れでアピールするのが王道のアピール方法です。

王道ですが、これが一番ハズレもないですし、面接官の心に響きます。

派遣社員から正社員になるにはなるべく若い人材を欲しがっている会社を受けよう

派遣社員が正社員になるためにはなるべく、未経験でもOKな会社を優先して面接を受けていく必要があります。

そういう会社は成長途中にあって、人材が足りていない会社にありがちなのですが、若い人材を必要としている会社がねらい目です。

そういう会社なら非正規社員だったとしても、ある程度面接での印象が良ければ採用になる可能性も高いです。

とにかく正社員に就職したいケースであればそういう求人をピックアップして受けていくのも一つの手です。

派遣社員はついつい焦ってブラック企業に就職しがちなのでしっかりと求人情報を見極めよう

ただ、そういう未経験者募集の会社は「ブラック企業」が隠れているケースがあるのも事実です。

ブラック企業の求人の特徴はネット上でもさんざん言われていますが

「明るい職場です」
「幹部候補生募集」
「やりがいのある職場です」
「優しい先輩ばかりで安心」
「未経験からでもすぐに昇進」

とか今時ここまでベタの求人を題しているところもまだありますけど、こういったいかにもといったところは避けましょう。

簿記などを勉強して派遣で会計事務所などに入って職歴を作る手もある

もし経理の仕事など、落ち着いて安定した仕事をしたい人は「簿記2級」を取得してから

非正規社員として2年くらい会計事務所に勤めるという手もあります。

簿記2級はある程度勉強すれば取れますし、会計事務所の募集でも非正規社員なら実務未経験でも募集があります。

会計事務所での非正規社員の間の職歴でも「会計の実務経験」になりますので、実務経験を作ってから

大きな会社の経理などへの「実務経験〇何以上」という求人に応募するという手もあります。

一見遠回りのように見えますけど、長い人生のスパンから考えてるとかなり手堅い方法です。

職歴を非正規で作るという方法もあるということを知っておくと有利な就職計画を立てることができます。

正社員への就職活動がどうやったらわからない場合は「転職エージェント」を利用しよう

ビックリする考える人

ただ、一人で正社員への就職活動を求人情報を集めたり、履歴書の書き方や面接の方法を考えるのは大変です。

その場合は「転職エージェント」を利用するのをおススメします。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加