ブラック企業にボーナス(賞与)が無いのは当たり前 早めに脱出すべき理由

株価暴落イメージ

普通に正社員で会社に勤めち得ると賞与(ボーナス)が出るのは当たり前という感覚が今までありました。

年に夏冬と出るのが普通ですが、金融機関などは年に3回のケースもあります。

やっぱり賞与が出るとテンションがあがります。もちろん普段の月給が少なくて年収に換算してみるべきですが、それでも賞与があるとモチベーション(やる気)はキープできますね。

もともと最近ではまったく賃金が上がらない時代になってきています。そのうえ一人当たりの労働量は多くなってきているので、

昔なら賃金が上がるということでキツイ労働も耐えることができしたが、賃金も上がらないのにキツイ労働に耐えるのは難しいですよね。

そのうえ賞与が出ないととなるとやる気の面でもかなりダメダメになってきます。ふううに「この会社ヤバくねーか?」と素朴に思う人がほとんどでしょうね。

というか、ブラック企業ってボーナスないところ多いですよね。ブラックな企業だから当たり前なんですよ。奴隷制度なんですからね。奴隷にボーナスなんていりませんから。

そもそもブラック企業には賞与という概念が無いところも多い

そうはいってもそもそもブラック企業では「賞与って何?」ていう会社もありますよね。

「給料だ出るだけマシだと思え」というスタンスで経営をしています。仮に利益が出ていてもその分は社内留保にして社員の給料が上昇することは絶対にありません。

そういうカスな経営者がいるから、日本の企業は国際競争力が無くなっていくわけなんですね。どんな会社でも従業員をないがしろにしている会社は近いうちに破たんします。

普段の月給が少ないうえに賞与が無いというのはいわゆる「ふんだりけったりの奴隷契約」ということで、自分の働いている会社がそんな状態だったら、生活も不安定になりますよね。

生活が苦しい上に仕事がキツイブラック企業ではもうお先真っ暗です。さすがのその状況から脱却すべきです。これ絶対です。

入社面接のときに賞与はあるかと言っていて実際は無い場合もある これが超ブラック企業

入社する前に面接で「賞与あるよ」とか言ってない会社もありますよね。こういう嘘つくところもあります。

この時点でもうは行っ見て賞与無かったらもう辞めたほうがイイですよ。ボーナスがあると言って無いっていう会社なんて、サービス残業とか休出とかいくらやらせても奴隷としか思ってないので、罪の意識とか全くないですからね。

そうやって会社は利益を上げて、従業員は死ぬまで(死ぬ直前まで)働かされます。

死ぬまで働かせるっていう表現は冗談じゃなくてリアルに過労死するって意味ですよ。

仕事で死ぬってどんだけなんですかね。

ボーナスが無いってのはもう会社として機能してないって言うことです。そういう会社は勇気をもって辞めるべきなんですよね。そこが正しい行動力と言うことになってきます。

賞与が無いとやはりやる気も出ないしメンタル部分でもマイナスだらけです

なんといっても「賞与が無い」というのはメンタル的にきついです。

世間では賞与がある会社のほうが多いですからね。その時期には「ボーナス戦線」と称して購買意欲をあおるCMとか街の商店街などでセールが行われます。

そういうのをまったく気にしない人ならいいですけど、そんな強い人ばかりではありません。

「なんで私だけボーナスが無いんだやってられねえよ」みたいな心情になるのは普通です。これが普通な感覚です。

そんなに大人になれませんよ簡単にね。そうなると仕事へのやる気は下降して、もうどうでもいいや的な負のスパイラルになっていきます。

正社員でもボーナスが無い、非正規社員だから当然ボーナスが無い・・こういうのはもうたくさんですよね。

これが人間として当たり前の心情です。良く世間では「金にこだわるのはよくない」「清貧がかっこいい」みたいな風潮がありますけど、これは社会が作ったていのいい洗脳工作です。お金がなければ生きていけません。そこでかっこつけるのは全く意味のないことです。

結局ボーナスが出ない会社はブラック企業ですよと自ら言ってるようなものですからね

ボーナスが出ないっていうのは、「私はブラック企業です」って言ってるようなものです。

そもそも日本の会社はボーナスがあることが前提で年収の相場が決まっています。月給で給料が20万円でボーナスが無かったら年収240万円ですよ・・・それじゃあ生きてくこともできないかもしれません。

生きていくことはできても、「まともな人生」を送っていくことはとてもできないんですよね。

そういうボーナスがない会社はいち早く抜け出していくのが得策です。そんな状態で結局ボーナスがなくて激務なわけですから。身体を壊して辞める羽目になる可能性も多い気いわけですからね。そういう事になる前に転職してボーナスのある会社に移るのはごくまっとうな行動です。

転職するときにはハローワークなどを使うとブラック企業ばっかりなので、転職エージェントを使うのがベターです。

転職はプロのエージェントにアドバイスを受けよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望に合った求人を適性を見てピックアップしてくれます。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!